このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大人ニキビの原因とは?思春期とは違う大人ニキビの原因と対策を解説

大人ニキビの原因とは?思春期とは違う大人ニキビの原因と対策を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 9日

大人になってできるニキビを大人ニキビという。思春期にできる思春期ニキビは、皮脂の分泌が過剰になることでできるのだが、大人ニキビの原因はちょっと違うのだ。今回は、大人ニキビの原因と対策について解説しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大人ニキビができる原因とは?

同じニキビでも、大人ニキビと思春期ニキビでは原因が違う。大人ニキビ対策のために、まずは大人ニキビができる原因を知ろう。

ニキビとは

ニキビとは、毛穴が詰まって炎症を起こす皮膚疾患のことだ。医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という、皮膚の病気である。思春期にできるニキビが思春期ニキビ、それ以降にできるニキビを大人ニキビという。

毛穴の中には常在菌と呼ばれるさまざまな細菌が存在しており、ニキビの原因となるアクネ菌もそのひとつ。アクネ菌は詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として増殖し、ニキビが発症するのだ。思春期にニキビが増えるのも、アクネ菌の栄養となる皮脂の分泌が過剰になるからである。

大人ニキビの原因

皮脂の分泌量が落ち着いたころにできる大人ニキビは、肌の乾燥やターンオーバーの乱れが原因だ。肌の角層にはバリア機能と保湿機能という2つの機能があるが、紫外線や加齢、間違ったスキンケアによる肌の乾燥で機能が低下すると、大人ニキビなどの肌トラブルが起こりやすい。

また、肌のターンオーバーも重要だ。肌にはターンオーバーというサイクルがあり、定期的に細胞が入れ替わって古い角質が自然にはがれているが、生活習慣の乱れでターンオーバーのリズムが長期化すると、古い角質がはがれずに毛穴を詰まらせてしまうのだ。睡眠不足や乱れた食生活、飲酒、喫煙、過度なストレスなどが、ターンオーバーの乱れにつながる。

2. 大人ニキビはどこにできる?ニキビの発生部位別の原因とは?

ニキビは顔のさまざまな部位に発生するが、部位によって原因は違う。思春期ニキビはTゾーンに、大人ニキビはあご周りのUゾーンにできやすいのだ。部位別のニキビの原因を確認してみよう。

Tゾーン(おでこ・鼻)

おでこや鼻には皮脂腺が多いので、皮脂が過剰になりやすい部位だ。髪の生え際は、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しがアクネ菌の栄養源となることがある。また、前髪がおでこにかかる方は、前髪の汚れや整髪料、髪がおでこに当たる刺激などが、ニキビの原因になるのだ。帽子やマスクも同様で、雑菌や刺激が原因となり、おでこや鼻にニキビができる。

Uゾーン(頬・あご)

頬やあごは皮脂の分泌が少なく、肌の水分が蒸発して乾燥しやすい部位である。Uゾーンは主に乾燥が原因で大人ニキビができるのだ。頬やあご、フェイスラインはホルモンバランスの崩れで大人ニキビができやすい部位でもある。また、ひげ剃りやマスクの刺激が原因になることもある。マスクでおおわれた部分は、適度な温度や湿度がアクネ菌を活発にさせるのだ。

口周り

口の周囲は角層が薄くデリケートで、刺激を受けやすく乾燥しがちな部位だ。また、胃腸の調子が悪くなると、口周りに影響が出ることがある。暴飲暴食やバランスの悪い食生活によって胃腸の機能が低下すると、口周りにニキビができてしまうのだ。

3. 大人ニキビの原因ごとに予防対策をしよう

大人ニキビの原因は、肌の乾燥やターンオーバーの乱れなどだ。大人ニキビを予防するには、原因について対策を講じなければならない。具体的な大人ニキビの対策方法を解説しよう。

洗顔で肌を清潔にする

毛穴が詰まってアクネ菌が増殖しないよう、洗顔して肌を清潔にしよう。あまり洗い過ぎると肌の乾燥を招くので、洗顔は朝晩の2回で充分だ。保湿力が高く低刺激の洗顔料を使い、たっぷりの泡でやさしく洗って、すすぎ残しがないようによく洗い流すこと。

すすぎには体温に近いぬるま湯を使うと肌への刺激が少ないのでおすすめである。洗顔前の手洗いや清潔なタオルを使うなど、肌に雑菌がつかない工夫も必要だ。また、顔に触れる髪や枕カバーなども清潔にしよう。

化粧水で肌の乾燥を防ぐ

洗顔後はできるだけ早く化粧水をつけて保湿したい。洗顔料同様、化粧水も保湿力が高く低刺激のものがおすすめだ。

目安としては500円玉大の化粧水を手に出して手のひらに広げ、肌を包み込むようにやさしく顔全体になじませていく。化粧水の上に乳液をつけ、水分の蒸発を防ぐことも大事だ。

生活習慣の改善でターンオーバーの乱れを防ぐ

肌のターンオーバーの乱れは、生活習慣を改善することで防げる。毎日決まった時間に就寝・起床できていれば、睡眠の質が上がり、睡眠時間もしっかり確保できる。食事も1日3食、バランスのよいものを摂るようにしよう。

また、飲酒、喫煙、ストレスもターンオーバーの乱れの原因になるので、気を付けたほうがよいだろう。

結論

大人になってからできる大人ニキビは、肌の乾燥や生活習慣の乱れが原因である。朝晩やさしく洗顔し、化粧水でしっかり保湿して、清潔で潤いのある肌をキープしよう。睡眠や食生活を見直すことは、大人ニキビだけでなく、生活全体にもよい影響があるだろう。
  • 更新日:

    2020年4月 9日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ