このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マネークリップは小銭が入るものを選ぼう。初心者向け商品を紹介

マネークリップは小銭が入るものを選ぼう。初心者向け商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月23日

キャッシュレス化が進み、人気が出つつあるマネークリップ。スタイリッシュな見た目で憧れを持つ方も多いと思うが、お札を挟むだけとなると、やはり使うことにハードルを感じてしまいがちだ。そこで今回は、実用性と機能性の両方を兼ね備えた小銭ポケット付きのマネークリップに注目していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小銭が入るマネークリップの特徴を知ろう

これまでのマネークリップはお札を挟むだけのクリップ型が主流であったが、近年は二つ折り財布のような見た目の商品なども登場し、徐々にバリエーションが増えてきている。中でも今回紹介する小銭ポケットが付いたマネークリップは、財布に最も近い使い心地であることが特徴だ。まずは小銭が入るマネークリップの特徴について解説していこう。

小銭が入るマネークリップの長所

従来のクリップ型と違い、小銭も併せて携帯できるマネークリップは、コインケースを別で用意しなくてもよいことが一番の長所だ。財布によく似た使い心地なので、初心者でも気軽に取り入れやすい。加えて、お金が外から見える心配もなく、使えるシーンが限定されないことも利点といえるだろう。ビジネスシーンからカジュアルシーンまでマルチに使いこなしたい人はぜひ使ってみてほしい。

小銭が入るマネークリップの短所

一方、小銭を一緒に携帯できるマネークリップは、本来のよさともいえるスリム感が欠けてしまうことが短所といえる。財布に近い感じで使用するには最適だが、クリップ型のようなスマート感を重視したい方にはあまり向いていないだろう。さらに、マネークリップは一般的な財布に比べ、色や素材にあまりこだわれないことも難点だ。とくに小銭を一緒に携帯できるマネークリップは種類が少ないので、自分好みの商品を見つけるのはなかなか難しいといえるだろう。

2. 小銭が入るマネークリップはどこに注目して選べばいい?

素材

小銭を一緒に携帯できるマネークリップは、ポリエステルやナイロンなどで作られているものもあるが、多くの商品は合皮(革)でできている。合皮のマネークリップは渋くてダンディな大人っぽさがあり、男性に打って付けだ。使い込むうちに革本来の艶や味のある色味を楽しむことができる点も、合皮素材ならではのよさといえるだろう。合皮はやわらかいものからしっかりと丈夫なものまであるので、好みの種類を選ぶのがおすすめだ。

形状

前述の通り、小銭が入るマネークリップは財布とあまり見た目が変わらないため、製造されている商品が少ない。そのため、形状はどの小銭入れ付きマネークリップもほとんど同じだ。現在販売されているマネークリップで小銭が入るものは、二つ折り財布のような形状で、開くとお札を挟むクリップがついているものが主流である。あとは小銭入れが内側についているか外側についているかという違いがあるぐらいなので、利便性を考えて自分に合った形状を選ぶといいだろう。

小銭入れの収納力

コイン収納スペースは、小銭入れ付きマネークリップを選ぶときの最大のポイントである。小銭の利用頻度が高かったり、機能性重視であったりする場合は、大きい小銭入れがついたものやマチ付きがおすすめだ。とくにファスナータイプの小銭入れ付きマネークリップを選ぶ場合は、マチがないと小銭があまり入らなかったり、取り出しにくかったりすることがあるので、購入前にチェックしたほうがいいだろう。

3. おすすめの小銭入れ付きマネークリップブランド

グレンロイヤル

イギリスでは革製品ブランド御三家と呼ばれるほど、高品質で人気のあるブランドだ。高級なフルブライドルレザーを使用しており、上品でシンプルなデザインが愛好家たちから人気のポイントである。グレンロイヤルのマネークリップは小銭入れとカードポケットがついていて収納力が高い。その使い勝手のよさも、多くの人に支持されている理由のひとつである。

ミラグロ

ミラグロの特徴は職人がイタリアの伝統的な製法を用いて一枚一枚手作業で染めている牛革だ。内側にカードポケットのほか、外側にオープンポケットもついていて機能性は抜群である。刺繍されているイタリアの国旗がワンポイントになって、かなりオシャレだ。最近では洗練されたデザインのビジネスラインも登場しているので、ぜひチェックしてみてほしい。

イルビゾンテ

イルビゾンテはイタリア発祥のファッションブランドだ。やわらかく、滑らかなレザーが特徴である。使っていくうちにどんどん手に馴染んでいき、色の変化が楽しめる。また、上質な本革を使用しながらコストパフォーマンスが高いのも、このブランドの特徴だ。カジュアルシーン向けのデザインになっているので、オフの日に使うマネークリップを探している方にぴったりといえるだろう。

結論

同じマネークリップでも財布に近い使い心地であれば、初心者でも使いやすい。ハードルが高くてなかなか手が出なかった方は、まず小銭が入るマネークリップを使ってみるとよいだろう。ただ収納力がある分、コンパクトさがなくなってしまうので、サイズ感はしっかりと確認してから購入してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ