このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビジネスカジュアルにスニーカーはあり?選ぶべきブランドはコレ!

ビジネスカジュアルにスニーカーはあり?選ぶべきブランドはコレ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月21日

近年、ビジネスカジュアルで通勤できる会社はますます増加している。しかし「ビジネスカジュアルにスニーカーは許されるのか」という疑問を、誰でも一度は持ったことがあるはずだ。その疑問に答えるべく、本記事ではビジネスカジュアル×スニーカーという組み合わせについて考えてみよう。さらにビジネスカジュアルに合わせやすいスニーカーも紹介しているので、コーディネートの参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスカジュアルにスニーカーを合わせてもよいの?

「ビジネスカジュアルOK」を謳っている職場の場合、合わせる靴の基本は革靴である。なぜならあくまでビジネスカジュアルはスーツに準ずる服装であり、他社の人に会うときにも失礼にならないレベルを指しているからだ。

しかし、2018年3月にスポーツ庁が「FUN+WALK PROJECT」と銘打ってスニーカー通勤を推進するようになってから、その考え方は見直されつつある。スニーカー通勤を取り入れた場合、「歩く距離が自然と伸びる」「新しい服装にチャレンジできる」などプラスの声も多くあるようだ。

結局ビジネスカジュアルにスニーカーはOKなのか?というと、「職場やTPOによる」というのが正解だ。スニーカー通勤にも賛否両論があり、内勤か営業職かなどでも見解は変わってくる。少々面倒ではあるが、スニーカーを履きたい場合は、「社内に履いている人がいるか観察する」または「上司に直接確認する」などの安全対策を講じてからのほうが無難、というのが現状である。

2. ビジネスカジュアルに合わせるスニーカーの選び方

しかし、ビジネスカジュアルにスニーカーというスタイルが徐々に浸透していることも事実。そこで、スニーカーを履く場合の選び方のポイントを知っておくと役立つはずだ。

色は黒か白がベスト

ビジネスカジュアルにスニーカーを合わせる場合は、まずビジネスシューズに近いものを選んでおくのが鉄則。カラフル過ぎたり、過度にロゴが目立つようなタイプは避け、基本は黒または白、茶色の単色スニーカーを選ぶのが基本だ。

形はオーソドックスなローカットで

ハイカットなどの存在感あるスニーカーは、ジャケットが基本のビジネスカジュアルに合わせると悪目立ちしてしまう。初心者ならシンプルなローカットのタイプを選ぶのが最も無難である。

素材は革が◎

レザー素材のスニーカーにはほどよい高級感があり、ビジネスカジュアルとあわせても品よくまとめやすい。スエード素材のシックなスニーカーもビジネスカジュアルにはおすすめである。

3. ビジネスカジュアルのスニーカーおすすめ商品

最後に、ビジネスカジュアルに合わせやすい黒スニーカーのおすすめブランドも紹介しておこう。

アディダス

白スニーカーの大定番として「アディダス スタンスミス」をご存知の方も多いだろう。ビジネスカジュアルには、スタンスミスの黒をおすすめしたい。シンプルで無駄のないデザインと、ソールまで全面黒であることで、どんなスタイルにもマッチしやすく、価格も1万円ほどなので最初のビジネススニーカーにも最適だ。

オニツカタイガー

世界的な人気を誇るオニツカタイガーにも、ジャケットスタイルに合わせやすいレザー製の黒スニーカーが多い。ボリューム感が控えめでスリムな「COLESNE LO」「LAWNSHIP」などがおすすめで、スニーカーながらどこかエレガントな雰囲気が魅力である。

ニューバランス

履きやすさや機能性を求めたいなら、ニューバランスがよいだろう。特にNBジャパンがビジネススタイルに合わせることを推奨している「MW880」「990v」シリーズは、快適性とオンでもオフでも使えるシンプルさを併せ持っている。ある程度足元にボリューム感が欲しい場合にもおすすめだ。

結論

ビジネスカジュアルとスニーカーの組み合わせは難しい。上手くいけば洗練されたおしゃれ上級者に見えるが、一歩間違えると「ダサい」と思われてしまう危険があるからだ。変に奇をてらわず、レザー製でシンプルなデザインを選ぶのが失敗しないポイントといえるだろう。足元を少しカジュアルダウンしてみれば、いつもと違ったスタイルを新鮮に楽しむことができるはずだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ