このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビジネスカジュアルのジャケットの選び方&おすすめブランドを解説!

ビジネスカジュアルのジャケットの選び方&おすすめブランドを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月29日

ビジネスカジュアルには必須のジャケット。着るか着ないかで印象が全く変わる、ビジネスカジュアルの「着こなしの顔」ともいえるアイテムだ。そこでこの記事ではビジネスカジュアルに使用するジャケットをクローズアップして、選び方とおすすめブランドを紹介していこう。リーズナブルで着回しのきく1枚を見つける手助けにしていただければと思う。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスカジュアルにジャケットは必要?

ビジネスカジュアルといっても、ジャケット必須の職場から、ノージャケットOKという職場まで千差万別だ。しかし一般的なビジネスカジュアルとはスーツスタイルに準ずる服装であり、「他社に訪問できるかどうか」を基準に考えるべき、というのが常識となっている。

そのためビジネスカジュアルにおいて、基本ジャケットは必要だ。海外では、シャツ=肌着という認識があり「ノージャケットはノーネクタイより失礼」という風潮もある。ビジネスカジュアルで安易にジャケットを着ないスタイルをすると、知らずに周囲に不快感を与えてしまう危険もあるので注意したい。もちろんドレスコードがノージャケットOKの場合は例外である。

2. スーツのジャケットとは違う?おすすめの選び方

ビジネスカジュアルでは上下種類の違うジャケットとパンツを組み合わせるのが基本だ。そのため、買った後の組み合わせを考えて選ぶことが重要。以下のようなポイントを意識して選んでみよう。

ジャケットはジャストサイズが鉄則

大きすぎるジャケットや、キツすぎるジャケットはアンバランスで頼りなさそうな印象を与えてしまう。肩幅、袖丈、着丈が合っているか、ボタンを留めたとき不自然なシワが入っていないかをまずはしっかりと確認しよう。

色は地味なものを

ビジネスカジュアルではジャケットの色は紺・グレー・黒など落ち着いた色味を選ぶのが正解だ。一着目としておすすめなのは、どんなパンツにも合わせやすく爽やかな印象になる「紺のジャケット」である。

素材で季節感を楽しむ

季節ごとに素材を変えるのも◎。春夏は涼しげな綿やリネン素材、秋冬は暖かみのあるツイード、フランネル、ウールなどを選べばこなれ感ある着こなしになる。

ジャケットとパンツは違う色にする

ジャケットとパンツを同色にすると、地味で野暮ったい印象になりがちだ。初心者ならパンツとジャケットは異なる色を選ぼう。紺×グレーの組み合わせが外さない王道の配色である。

スーツのジャケットをビジネスカジュアルに着回すのはNG!

スーツのジャケットは上下一緒に着ることを前提にして作られているため、ビジネスカジュアルに合わせると上だけカチッとしすぎて不自然になる場合が多い。節約したいからと着回すのはやめておこう。

3. カジュアルジャケットならここ!おすすめブランドを紹介

ビジネスカジュアルに使うジャケットなら、安心感のあるブランドであまり高すぎないものが最適だ。デイリーユースにピッタリなジャケットが揃う定番ブランドを2つピックアップしてみた。

ユニクロ

ユニクロには「ハタラクユニクロ」というビジネスシーンに適したシリーズがあり、ベーシックで着回しのしやすいジャケットが6,000円ほどから手に入る。リーズナブルでも決して安っぽくは見えないのもユニクロの強みだろう。ドライ機能付きなど、快適さを考えて作られているものも多い。サイズ展開も豊富なので困ったときに頼もしいブランドである。

SHIPS

幅広い世代から支持を集めるシップスも、大人の男性に合う上品なジャケットを揃えている。スタンダードなタイプだけでなく少し遊び心があるジャケットが見つかるのも楽しい。セレクトショップで敷居が高いイメージもあるが、1~2万円台の商品も以外と多いので一度チェックしてみてはいかがだろう?

結論

ビジネスカジュアルの制服ともいえるジャケットは、紺、黒、グレーなど地味な色を選ぶのが基本。春夏は薄手の素材、冬は厚手の素材に変えて季節によって違いを出すとよい。またサイズが合っていないジャケットは何とも格好悪いので、ジャストサイズにこだわることも大切だ。気に入ったジャケットであれば、お直しをするのもひとつの方法である。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ