このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
体臭チェック方法を部位別に紹介!臭いレベルを自分で確かめよう

体臭チェック方法を部位別に紹介!臭いレベルを自分で確かめよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 2日

電車やエレベーターなどに乗っている時に、他人の臭いが気になったことはないだろうか。自分の体臭は周囲の人のほうが敏感になりやすく、本人は気が付いていないことが多い。しかし自分の体臭に気付けないまま、周囲の人を不快にさせたり、陰で笑われたりするのは何としてでも避けておきたいものだ。そこで今回は、自分の体臭を確かめるためのチェック方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 体臭チェックリスト

体臭をチェックしたい時は、1日着用した洋服の臭いを嗅ぐことで確かめることができる。チェック方法は簡単で、入浴前に脱いだ服をビニール袋へ入れて密閉し、入浴後に袋を開けて臭いを嗅ぐだけでOK。その時嗅いだ臭いが、自身の体臭ということになる。また、頭皮の臭い・脇の臭い・足の臭い・口臭など、部位別に体臭をチェックしたい時は、以下の方法を試してみるのがおすすめだ。

頭皮の臭い

頭皮の臭いを確認する方法は2種類ある。1つは毎日使っている枕の臭いを嗅ぐことだ。タイミングとしては、朝起きてすぐに臭いをチェックするのがおすすめ。枕がくさくなっていたら頭皮の臭いを疑ったほうがいいだろう。もう1つは、頭皮をこすった指の臭いを嗅いでみることだ。仕事を終える夕方ごろやジムの帰りなど、汗をたっぷりかいた後にこの方法でチェックしてみると、より自分の頭皮の臭いを確認することができるだろう。

脇の臭い

脇はティッシュやラップを活用して体臭をチェックすることができる。ティッシュを使う場合は脇の下に1時間ほど挟み、その後臭いを確認する。ラップの場合は脇に3分ほど貼り付けて、剥がして臭いをチェックしてほしい。鼻を近づけてチェックするやり方よりも、この方法のほうが脇の臭いをしっかり確認することができるだろう。

足の臭い

足の臭いは履いている靴やソックスの臭いを嗅いでチェックしよう。ただし、水虫などの場合は皮膚がふやけたり痒みを伴ったり、臭い以外の症状も見られるため、異変を感じた場合は病院でチェックしてもらったほうがいいだろう。

口臭

口臭をチェックする際は、指や腕を舐めて臭いを確認するのが手っ取り早くておすすめだ。ビニール袋がある場合は、袋に息を吹きかけて確認してもいいだろう。また、歯垢除去したデンタルフロスの臭いなどでも口臭レベルをチェックすることが可能だ。

体臭をチェックする際は嗅覚をリセットすることが大事

普段から嗅ぎ慣れている自分の体臭は自身で気が付きにくい。そのため、体臭をチェックする時は事前に嗅覚をリセットしておくことが必要だ。コーヒー豆の香りは嗅覚をリセットする効果が高いため、自宅にある場合は活用してみるといいだろう。

2. 体臭チェックすべき人とは?

体臭は主に、繁殖した雑菌が汗・皮脂・食べカスなどを分解することで発生する。加えて、体内で発生した活性酸素が皮脂の酸化を進めることや、肝機能の低下によってアンモニアが汗や呼気から排出されてしまうことも体臭の原因だ。これらの原因は日頃の習慣が大きく関係しており、乱れた生活を送っている人ほど体臭が発生しやすい。

体臭を発生させやすい生活習慣・行動チェックリスト

  • 汗をかいても拭かないことが多い
  • 自宅にいる時以外はほぼ靴を履いている
  • 履く靴は大体いつも同じ
  • 長時間帽子を被っていることが多い
  • オーラルケアは歯ブラシで歯を磨くだけ
  • お風呂はシャワーだけで済ませることが多い
  • ストレスが溜まっている
  • 運動をあまりしない
  • 睡眠不足の日が続いている
  • アルコールを摂取することが多い
  • 肉料理や脂っこい食事が大好き
  • ダイエットをしている(食事制限や偏食)
  • 水分をあまり摂らない
  • お通じが悪く便秘気味
  • たばこを吸っている
上記の項目は、体臭を発生させる可能性が高い行動だ。該当する数が多い人は、一度自身の体臭チェックをしたほうがいいだろう。

3. 体臭チェックは親しい人に確認してもらうのもおすすめ

体臭のチェックをしてもあまり臭いがよくわからない場合は、他人に臭いを嗅いでもらうのもひとつの手だ。ただし、体臭はデリケートな問題なので、チェックを頼む場合は家族や親しい友人にお願いしたほうがいいだろう。信頼できる人に頼んで、客観的な意見を言ってもらおう。

4. 体臭チェックは機器やキットを利用するのも手

臭いのレベルを可視化してチェックしたい人は、体臭チェッカーや口臭チェッカーを使ってみるのがおすすめだ。これらの機器は気になる箇所に当てたり、息を吹きかけたりするだけで臭いを計測することができる。計測した臭いの数値を何段階かに分けてお知らせしてくれるので、自分の体臭の強さがどれぐらいなのかを一目で確認することができるのだ。

また、検査キットを使って、より専門的にチェックするのもひとつの手だ。国内で販売されている体臭検査キットは、皮膚から採取した皮脂やガスで臭いを分析するタイプと、臭気物質を吸着したTシャツから臭いを分析するタイプの2通りがある。どちらも臭いの種類や強さなどをデータ化してくれるので、臭いの原因を知りたい人や、消臭ケアを行っているのに臭いが解消されない人におすすめといえるだろう。

結論

毎日歯を磨いたり、お風呂に入ったりと基本的なケアが出来ている人でも、生活習慣によっては体臭がきつくなることがある。自分は大丈夫だと確信する前に、まずは簡単にできるセルフチェックを行ってみよう。もし臭いを感じた場合は、生活習慣を見直すことで改善の兆しが見えてくるはずだ。体臭のチェックをして、臭いのエチケットに気を配っていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >