このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
折り畳み傘のケースはどれがおすすめ?別売りで購入できる商品を紹介

折り畳み傘のケースはどれがおすすめ?別売りで購入できる商品を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月28日

急な雨が降ってきた時にサッと取り出して使うことができる便利な折り畳み傘。しかし、使った後は傘に水滴が残ってしまうため、乾くまでカバンに入れず持ち歩く人も多いのではないだろうか。折り畳み傘をもっと便利に活用するのであれば、専用の収納ケースを手に入れるのがおすすめだ。そこで今回は、折り畳み傘のケースを使うことのメリットや、おすすめ商品について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 折り畳み傘はケースがないと不便

一般的に折り畳み傘は、専用の収納ケースとセットで販売されている。中にはケースを使わずに、折り畳み傘だけを持ち歩く人もいるだろうが、利便性を考えたらケースは使ったほうがよい。なぜなら、折り畳み傘のケースには以下のメリットがあるからだ。

カバンの中でかさばらない

一番のメリットとして挙げられることといえば、やはり折り畳み傘をコンパクトにまとめて収納できることだ。ケースなしで折り畳み傘をカバンに入れていると、傘のスナップボタンが外れてしまったり、畳み目に物が挟まったりしやすい。ひどい時は折り畳み傘を取り出した時に、カバンの中身が引っかかって出てきてしまうこともあるだろう。しかし、収納ケースがあれば、そういった問題に直面することもなく、いつでもスマートに折り畳み傘を持ち歩くことができる。

使い終わった傘をすぐにしまえる

防水機能が付いているケースの場合は、使い終わった折り畳み傘をすぐにしまえるというメリットがある。雨に濡れた傘でも気にせずカバンにしまうことができれば、両手が空くうえに公共の場で周囲に迷惑をかける心配もない。また、折り畳み傘に残った水滴でカバンが濡れることもないので、安心して大事な書類や電子機器を持ち歩くことが可能だ。

2. 折り畳み傘ケースは別売りで買える?

折り畳み傘の付属ケースをなくしてしまった場合は、雑貨店・ホームセンター・衣料品店などで別売りのケースを購入することが可能だ。ケースだけで販売されているものはデザイン性が高く、色や柄が豊富なので、おしゃれなケースに変えたい人にもおすすめといえる。

また、別売りケースは付属ケースよりも実用的で、使うメリットが非常に大きいため、外出する機会の多いビジネスマンにもぴったりだ。具体的なメリットとしては、防水性が高いことが一番に挙げられる。折り畳み傘とセットになっている付属ケースの場合は防水機能がついておらず、収納すると外側に水が染みてきてしまうことが多い。しかし別売りのケースなら、中にマイクロファイバー素材が使われているため、使った直後に折り畳み傘を収納しても水が染みてくる心配が全くないのだ。

さらに別売りのケースは、収納のしやすさにこだわって作られているというメリットもある。
大きめの折り畳み傘でもすっぽり入るサイズ設計にしたり、開閉がしやすいようにファスナー付きにしたりと細部にまで工夫が施されているので、付属ケースのように煩わしさを感じることなく折り畳み傘を収納することができる。これなら営業先や取引先で咄嗟に折り畳み傘をしまいたい時でも、活躍すること間違いなしだ。

3. おすすめの折り畳み傘ケース

山崎産業 SUSU 傘ケース

SUSUの傘ケースは、裏地にモール状の超吸収素材を使用しており、速乾性が高いことで人気だ。抗菌加工で臭いが発生しにくいのも利点である。また、しばらく使用して汚れやニオイが気になるときは、洗濯することも可能だ。サイズは28㎝まで対応しており、幅広いサイズの折り畳み傘を収納することができる。なお、SUSUの傘ケースはロフトやヨドバシカメラで購入が可能だ。

Hacobel(ハコベル)吸水傘ケース

Hacobelの折り畳み傘ケースは、裏面に取り付けバンドが付いていることが特徴だ。カバンに外付けすることができるので、大事な書類や電子機器を持ち運ぶ時も濡れる心配がない。さらに、取り付けバンドは縦向き・横向きどちらにも対応しているので、ビジネスバッグだけではなく、リュックやショルダーバッグなど、あらゆるカバンと組み合わせて使うことが可能だ。ケース全体をカバンにしっかり固定できるので、周囲の人にぶつける心配もないだろう。Hacobelの折り畳み傘ケースはトーキューハンズやロフトなどの生活雑貨店で購入することができる。

Cocon(ココン)折りたたみ傘ケース アンブレラポーチ

Coconは裏地がマイクロファイバー、表地が撥水加工されている非常に防水性の高い折り畳み傘ケースだ。実用性にも優れており、開いた状態の時はタオル代わりに、折り畳み傘を入れて歩かない日はペットボトルケースとしても活用することができる。フックが付いているので濡れてしまっても乾かしやすい。ヨドバシカメラなどで販売されているので、実用性を重視したい人は是非チェックしてみるとよいだろう。

結論

使用後の折り畳み傘をそのまま持ち歩くのは、洋服やカバンが濡れる原因になってしまううえ、公共の場で周囲に迷惑がかかりやすい。使い勝手をさらによくするなら、ケースはセットで持ち歩いたほうがよいだろう。付属ケースをなくしてしまった人や、デザイン・機能性などにこだわりたい人は、別売りのケースを使ってみるのもおすすめだ。付属ケースの使い心地に満足できていない人は、ぜひこの機会に別売りの折り畳み傘ケースを試してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ