このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大きい折り畳み傘で全身を雨から守ろう。ビジネスマン向けの傘を紹介

大きい折り畳み傘で全身を雨から守ろう。ビジネスマン向けの傘を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月26日

持ち運びやすさを重視して折り畳み傘を買ってみたものの、開いた時のサイズが小さすぎて、いつもスーツや荷物が雨に濡れてしまってはいないだろうか。折り畳み傘はコンパクトさも大事だが、ビジネスシーンで使う場合は大きいサイズを選ぶことが何よりも重要だ。そこで今回は、ビジネスマンにおすすめしたい大きい折り畳み傘を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大きい折り畳み傘が便利

ビジネスシーンで大きい折り畳み傘をおすすめする理由は、何といっても全身を雨から守ることができるからだ。ビジネスマンは大事な書類や電子機器を濡らさないように、ついついカバンだけに傘をさしがちである。しかしカバンを雨から守れても、スーツが濡れてしまっては本末転倒だ。濡れたままのスーツはシワやにおいの原因になってしまうため、取引先でも相手に失礼な印象を与えてしまう。

また、小さいサイズの傘におさまるように体を縮こめて歩く姿は、頼りなく見えてあまり印象がよくない。シャキッとした姿勢で周りからの信頼感を得るためにも、やはりビジネスマンには大きい折り畳み傘のほうが適しているのだ。

ビジネスマンはどれぐらい大きい折り畳み傘を選ぶべき?

メンズ向け折り畳み傘は、開いた時のサイズが80~90cm程度のものが一般的だ。このサイズは男性の平均身長に合わせて作られている大きさであるため、基本的には雨に濡れる心配はほとんどない。

しかし、ビジネスシーンで使うなら、もっと大きいサイズの折り畳み傘のほうがおすすめといえる。なぜならば、ビジネスマンが傘をさすときは、歩いている時が多いからだ。歩幅を考えずに折り畳み傘を選んでしまうと、靴の先やパンツ、荷物などに雨がかかりやすい。全身を雨から守るなら、最低でも95cmを上回る折り畳み傘を選ぶべきといえるだろう。

折り畳み傘は持ち運びやすさを重視して作られているものが多いため、コンパクトなサイズが目立つが、最近では大きい傘も続々と登場している。中には直径が100cmを越える大きい折り畳み傘も販売されているので、雨に濡れるのを何としてでも避けたい人や、がたいのよい人はぜひ使ってみてほしい。

2. コスパ重視!おすすめの大きい折り畳み傘

ここでは3,000円以下で購入できるコスパ抜群の大きい折り畳み傘を紹介しよう。

パラチェイス 折り畳み傘

パラチェイスの折り畳み傘は大人2人が入れるほど余裕のあるサイズが自慢だ。親骨の長さはほかの折り畳み傘よりも大きい70cmで、開くと直径140cmにもなる。ワンタッチで操作できるので、荷物が多い時や、車の乗り降りをする時も非常に便利だ。身体も荷物もすっぽりと覆ってくれるので、台風や豪雨の日も外回りがあるビジネスマンにぜひ使ってほしい。

タイキュウ BU-WB

タイキュウの折り畳み傘は2,100円とは思えない機能性の高さが魅力的だ。開いた時の傘面サイズが116cmとかなり大きいにもかかわらず、重量はたったの235g。さらに傘カバーは吸水性に優れた素材が使われており、持ち運びやすさにもとことんこだわって作られている。自動開閉機能はないが、使い勝手は非常によい商品といえるだろう。

ウスカイ 折り畳み傘

強度が高く、直径118cmと大きいサイズが自慢であるウスカイの折り畳み傘。重さは435gと決して軽いわけではないが、頑丈なつくりで強風の日でも傘が折れる心配が少ないため、いつでも安心して使うことができる。また、リーズナブルでありながら、自動開閉機能がついているのも嬉しい。

3. 高品質でおしゃれな大きい折り畳み傘

ダブルピーシー. アンヌレラ ビズ

アンヌレラビズは「濡らさない傘」をテーマとしたビジネスマン向けの折り畳み傘で、スーツに似合うおしゃれなカラーバリエーションを展開しているのが特徴的だ。標準サイズの折り畳み傘よりもやや大きい直径95cmで、スーツやバッグを雨から守ることができる。さらに自動開閉機能に安全システムをつけたり、最高水準の防水加工を施したりと実用性も抜群なので、ビジネスシーンで活躍すること間違いなしだ。

トーツ タイタン 3 sec AOC

アメリカのレイングッズブランドとして名高いトーツの折り畳み傘は、ビジネスシーンでも違和感のないおしゃれな柄が豊富に揃っている。ストライプやチェック模様はもちろん、千鳥格子などの変わった柄も展開しており、デザインにこだわりたい人におすすめだ。価格は6,500円と少しお高めだが、傘のサイズが直径124cm、自動開閉機能付き、撥水・UV加工が施されているだけあって、機能面は文句なしといえるだろう。

クニルプス T.220

世界初の折り畳み傘を発明したクニルプスの製品は、傘面だけではなく、持ち手のデザインにもこだわって作られているのが特徴だ。人気モデルのT.220シリーズは機能性を高める大きな自動開閉ボタンが備わっており、傘面デザインも滝・雨・濃霧などをイメージした斬新なものが多く見られる。サイズも直径97cmと満足できる大きさなので、ビジネスシーンに遊び心を取り入れたい人はぜひ使ってみてはいかがだろうか。

結論

大きい折り畳み傘は全身を覆ってくれるものの、重くて使い勝手が悪いイメージを持っている人も多いことだろう。しかし近年の折り畳み傘は、軽量でサイズが大きく、機能性も優れているものが増えてきている。現在使っている傘で窮屈な思いをしている人は、ぜひこの機会に折り畳み傘を買い直してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ