このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ほうれい線は消せるの?正しいケアでほうれい線を目立たなくしよう!

ほうれい線は消せるの?正しいケアでほうれい線を目立たなくしよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 8日

いつの間にかくっきりと現れているほうれい線。老け顔の象徴ともいえるほうれい線は、できることなら顔から消してしまいたい。ほうれい線は消せるのか?ほうれい線の原因は?ほうれい線のケア方法は?今回は、ほうれい線のさまざまな疑問を解決していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ほうれい線は消すことができる?

鏡を見るたびに気になるほうれい線。消すことはできるのだろうか。ほうれい線の正体や原因から考えてみよう。

ほうれい線とは?

ほうれい線は、小鼻の横から口角のほうに伸びる線のこと。シワのように思われがちだが、実はほうれい線はシワではなく、頬の境界線なのである。ほうれい線が深くなるのは、肌のたるみが原因だ。肌がたるむほど、境界の溝も深くなるのである。

ほうれい線は消せる?

境界線であるほうれい線は、英語では「smile lines」や「laugh lines」といい、笑顔になれば誰にでも現れるものだ。そのため、すべてきれいに消し去ることはできないものである。しかし、ほうれい線が深くなる原因である肌のたるみをケアすれば、深くなるのを防いだり目立たなくすることはできるだろう。

2. ほうれい線を薄くするケア方法【男のスキンケア】

ほうれい線対策にスキンケアは有効だ。ほうれい線を薄くするための、正しいスキンケア方法を解説しよう。

スキンケアでできるほうれい線ケア

肌の真皮には、コラーゲンやエラスチンという線維性タンパク質が含まれている。コラーゲンやエラスチンが肌のハリや弾力を保っており、減少すると肌がたるむのだ。コラーゲンやエラスチンは年齢を重ねることでも減少するが、紫外線を浴びることでも劣化し、変性や減少するのである。

また、肌の乾燥もほうれい線の大敵だ。肌の乾燥で小ジワができやすくなり、乾燥が続くと小ジワが定着してしまう。ほうれい線もくっきりと定着してしまうのだ。スキンケアで、コラーゲンやエラスチンの減少と肌の乾燥を防ぐことが大切だ。

ほうれい線ケアにおすすめのスキンケアアイテム

スキンケアアイテム選びは、配合成分に着目しよう。肌のハリや弾力を保つには、ビタミンC誘導体やレチノール、ペプチドなどのコラーゲンやエラスチンに働きかける成分が重要だ。美容成分が濃縮して配合されている美容液やクリームは、ほうれい線ケアにも高い効果が期待できる。

また、肌の乾燥には、保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合された化粧水がよい。

スキンケアの手順

スキンケアは手順が間違っていると効果が薄れてしまう。朝晩の1日2回、正しい方法でスキンケアを行おう。

1.洗顔
洗顔料をよく泡立て、たっぷりの泡でやさしく洗う。すすぎ残しがないように洗い流し、清潔なタオルで水気をふき取る。

2.化粧水
洗顔後はできるだけ早く化粧水をつけて保湿しよう。肌を刺激しないようにやさしく包み込むようになじませる。

3.美容液
化粧水で肌にうるおいを与えたあとに、美容液で栄養を与える。手に取って少し温め、肌にやさしく塗る。気になる部分にはたっぷり塗り込もう。

4.乳液・クリーム
乳液やクリームは肌に油分を補給するほか、肌にふたをして乾燥を防ぎ、美容成分を閉じ込めて浸透しやすくする役割がある。

5.日焼け止め
朝は1~4のスキンケアに加え、日焼け止めを塗って紫外線対策をしよう。肌のたるみを防ぐには、紫外線対策が重要である。

3. ほうれい線を薄くするケア方法【フェイスマッサージ】

表情筋の衰えやリンパの流れが悪くなることでも、肌がたるんでほうれい線が深くなる。マッサージで表情筋をほぐしつつ、リンパの流れをよくすることが、ほうれい線を薄くするのだ。

フェイスマッサージのベストタイミング

血流がよくなって筋肉もほぐれている風呂上がりは、マッサージにおすすめのタイミング。マッサージの摩擦による刺激は肌によくないので、スキンケアでクリームを塗ったあとがベストである。毎日、風呂上がりのスキンケア後に、フェイスマッサージでほうれい線をケアしよう。

ほうれい線ケアにおすすめのフェイスマッサージ

フェイスマッサージに道具はいらない。指の腹やグーにした手の第一関節と第二関節の間の部分を肌に当て、クルクルと円を描くように動かせばよいのだ。

顔のマッサージ前に、顔のリンパが流れていくリンパ節をほぐしておくと効果的である。耳の周囲やあご下のリンパ節から首を通り、鎖骨の外側から中心へと流れていくので、その通り道をほぐしておこう。

フェイスマッサージは中央から外に向けて行う。口角や鼻の横などから耳の前に向けてマッサージし、耳前から首、首から鎖骨中央に向けてリンパを流していくのだ

結論

老け顔の原因になってしまうほうれい線は、できれば消してしまいたい存在だ。消すことはできないが、薄くする方法はある。毎日のスキンケアとフェイスマッサージだ。日々の簡単なケアで、ほうれい線がない若々しい顔を手に入れよう。
  • 更新日:

    2020年4月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ