このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ほうれい線は予防できる?自宅で簡単にできるほうれい線予防法とは?

ほうれい線は予防できる?自宅で簡単にできるほうれい線予防法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月13日

存在するだけで一気に老けて見えるほうれい線。ほうれい線があるだけで老け顔が完成し、実年齢よりも老けて見られることもあるのだ。ほうれい線ができないように予防することは可能なのだろうか。今回は、ほうれい線の予防法について解説しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ほうれい線予防の大切なポイント

ほうれい線予防には、ほうれい線を知ることが大切だ。ほうれい線の原因から予防方法を知ろう。

ほうれい線とは

ほうれい線はシワだと思われることが多いが、実はシワではなく、頬の境界線なのだ。ほうれい線は、英語で「smile lines」や「laugh lines」といわれるとおり、笑顔になると誰にでもくっきりと現れる線である。しかし、笑っていないときでもほうれい線があると、老けて見える原因になるのだ。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線は、頬の皮膚がたるむことで深くなってくる。たるみの原因は加齢によるところが大きいが、年齢以外にもいろいろあるのだ。

・肌の衰えと乾燥
肌の真皮には、ハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンという物質が含まれている。コラーゲンやエラスチンは紫外線によって劣化して変性・減少してしまい、肌のハリや弾力が失われてたるむのだ。また、肌の乾燥もハリや弾力を失う原因になるので、乾燥にも要注意である。

・表情筋の衰え
さまざまな表情を作るときに使われる表情筋。表情のクセによって、あまり使わない筋肉もある。使わない筋肉は衰え、表情筋全体のバランスも悪くなって、たるみが発生するのだ。

・脂肪の増減
太ったりやせたりを繰り返していると、肌がたるんでしまう。太って頬に脂肪がつくと、頬が盛り上がってほうれい線が深くなる。太っていた人がやせると、脂肪で伸びていた皮膚がたれ下がることもあるのだ。

ほうれい線予防のポイント

ほうれい線を予防するには、真皮の衰えや肌の乾燥を防いで、肌のハリや弾力を保つことが重要だ。必要な美容成分が配合された化粧品でケアすることが、ほうれい線予防につながる。また、普段の表情では衰えがちな表情筋を、ほぐしたり鍛えたりすることも大切である。表情筋をマッサージでほぐしたり、エクササイズで鍛えよう。

2. ほうれい線予防にはスキンケアが重要

ほうれい線は、毎日のスキンケアで予防できる。スキンケアでのほうれい線予防について紹介しよう。

ほうれい線予防におすすめの化粧品

ほうれい線予防の化粧品は、肌の乾燥を防ぎ、ハリや弾力を保つための成分が配合されたものだ。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合された化粧水で保湿し、乾燥を防ごう。ハリや弾力には、真皮のコラーゲンやエラスチンに働きかけるビタミンC誘導体やレチノール、ペプチドなどが配合された美容液やクリームがおすすめだ。

スキンケアの手順

間違った方法では、化粧品の効果が薄れてしまう。朝の洗顔後と夜の入浴後には、正しい方法でスキンケアをしよう。

1.化粧水
洗顔後は肌が乾燥しやすいので、できるだけ早く化粧水をつけたい。保湿成分配合の化粧水を手に取り、やさしく包むようになじませよう。

2.美容液
美容液は美容成分が濃縮して配合されているので、高い効果が期待できる。美容液で肌に栄養を与えよう。

3.乳液・クリーム
乳液やクリームは油分を補給するだけでなく、化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込める役割がある。

3. ほうれい線予防に!顔の体操をしよう

表情筋をほぐして鍛えれば、ほうれい線を予防できる。ほうれい線予防におすすめのマッサージとエクササイズを紹介しよう。

ほうれい線予防のマッサージ

顔のむくみの原因でもあるリンパの滞りを改善しつつ、表情筋をもみほぐそう。リンパは顔の中心部から耳やあご付近に流れ、首を通って鎖骨の端から中央に向かって流れるので、マッサージ前にリンパの通り道をほぐしておくと、より効果的だ。

指の腹や、グーにした手の第一関節と第二関節の間を使い、肌のうえで円を描くように動かして筋肉をほぐしていく。リンパの流れに沿って、顔の中心のほうから外側に向けてマッサージしよう。

ほうれい線予防のエクササイズ

エクササイズでほうれい線付近の表情筋を鍛えよう。普段しない顔の動きが、使っていない筋肉を鍛えるのに役立つのだ。

口を閉じて上の歯と上唇の間に舌の先を入れ、円を描くように回していく、舌回しエクササイズがほうれい線予防におすすめだ。左右交互に10回ずつ、1日3セット程度行おう。表情筋とともに深層筋も鍛えられるほか、ほうれい線を内側から押し出すことで予防できる。

ほかにも、顔を大きく動かしながらの発声練習なども、ほうれい線予防の効果が期待できる。

結論

ほうれい線を予防するには、肌のたるみを予防することが大切だ。日々のスキンケアで肌の状態を整えて、マッサージやエクササイズで表情筋をケアしよう。毎日の積み重ねでほうれい線を予防して、いつまでも若々しい見た目をキープしよう。
  • 公開日:

    2020年4月12日

  • 更新日:

    2020年4月13日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ