このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男性のいちご鼻はどうすれば改善する?黒ずみをとる方法を紹介

男性のいちご鼻はどうすれば改善する?黒ずみをとる方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月16日

毎日きちんと洗顔をしているはずなのに、いつまで経ってもいちご鼻が改善されない。そんな悩みを抱えてはいないだろうか。実はいちご鼻にコンプレックスを抱えている男性は、間違ったスキンケアを実践している方がほとんどだ。そこで今回は、男性のいちご鼻改善におすすめのお手入れ方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いちご鼻は男性でも悩んでいる

いちご鼻とは、名前からも想像できる通り、鼻のあたまにブツブツとした点状の黒ずみができている状態を指す。この黒ずみの正体は皮脂に詰まった角栓で、空気に触れて酸化したり、汚れと混ざったりすることで黒くなる。

いちご鼻は女性よりも男性の割合が多い

黒ずみの元となる角栓は、主に肌から分泌される皮脂が毛穴に詰まることで発生する。男性の場合は女性よりも皮脂腺が発達しており、乾燥・紫外線・肉や揚げ物中心の食生活・喫煙・飲酒・加齢など、ちょっとしたことが要因で皮脂が過剰に分泌されやすい。その上、男性は女性に比べてスキンケアがおろそかになっていることもあわせて、いちご鼻になりやすい方が多いのだ。

2. いちご鼻の男性はパックやピーリングで改善する?

いちご鼻の改善グッズには、角栓を除去する毛穴パックやピーリング剤がある。しかし、普段からスキンケアを行っていない男性にはあまりおすすめできない。なぜなら、毛穴パックやピーリング剤は使い方を間違えると肌に大きな負担がかかってしまうからだ。

たとえば、シート状の毛穴パックは、角質を一気に取り除くことができる一方で、乾燥させすぎると剥がす時に肌の角層にダメージが加わる。また、ピーリング剤に関しても、連続で使ったり、ゴシゴシと力を入れすぎたりすると、かえっていちご鼻が悪化してしまうのだ。

3. いちご鼻の男性におすすめなのは洗顔と保湿

男性がいちご鼻を改善する場合は、正しい洗顔と保湿を毎日徹底することが一番の近道だ。ここでは、いちご鼻を改善するおすすめのケア方法について紹介していこう。

いちご鼻を改善するスキンケアのやり方

  • 洗顔前に蒸しタオルを顔に当てる
    いちご鼻などの黒ずみは、洗顔前に毛穴をしっかり開いておくことでより早く改善することができる。そこでおすすめしたいのが、蒸しタオルを使って顔全体の毛穴を広げる方法だ。蒸しタオルはタオルをお湯で濡らして軽く絞り、電子レンジで温めればすぐに作れる。ただし、温める際はやけどしてしまわないように十分注意してほしい。500wで10~30秒程温めると、丁度よい温度の蒸しタオルが完成する。適温の蒸しタオルができたら、顔にのせて約3分間待とう。
  • 毛穴が開いたら洗顔料を使って顔を洗う
    蒸しタオルで毛穴が開いたら、よく泡立てた洗顔料で顔を洗っていこう。ポイントは、泡をのせてくるくるといちご鼻をマッサージするように洗うことだ。なお、こすりすぎると肌が乾燥し、ますます皮脂の分泌量が増えていちご鼻が悪化するので注意してほしい。顔を洗ったら、最後は30℃前後のぬるま湯で洗顔料を洗い流して終了だ。肌の乾燥と毛穴の開きを招いてしまうため、熱いお湯で泡を洗い流すのは絶対にやめよう。
  • 保湿をしっかり行う
    いちご鼻のケアで一番重要なポイントとなるのが保湿ケアだ。洗顔後に保湿ケアを怠ると、肌にうるおいが足りていないと身体が認識し、皮脂が分泌されやすくなる。そのため、顔を洗ったらすぐに化粧水でうるおいを補給し、クリームなどでふたをするように心がけよう。

結論

男性は女性に比べて皮脂腺が多いため、いちご鼻になりやすいと思われているが、実際は生活習慣やスキンケアも大きな要因となっている。とくにスキンケアは、保湿どころか洗顔もきちんと行えていない場合が多い。いちご鼻を改善するなら、まずは正しい洗顔方法でしっかりと余分な皮脂を洗い流し、皮脂の過剰分泌を防ぐための保湿ケアを徹底しよう。パックやピーリング剤は使い方を間違えるといちご鼻の悪化させる原因となるため、くれぐれも安易に使わないよう注意してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ