このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乾燥肌の原因とは?対策方法や保湿クリームの選び方も紹介

乾燥肌の原因とは?対策方法や保湿クリームの選び方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月29日

みずみずしく潤いがある肌は男女問わず憧れであるが、お手入れをしっかり行っていてもなかなか達成できないことが多い。とくに乾燥肌になると、肌がカサカサになる上、かゆみを伴うことがあり、ストレスになる方は多いだろう。乾燥肌になってしまうのはいろいろな原因がある。ここでは、肌が乾燥する原因や対策方法、保湿クリームの選び方などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 肌が乾燥する原因と、肌が乾燥しやすい人

乾燥肌はなぜ起こるのだろうか。

ドライスキンともいわれる乾燥肌は、皮膚に含まれる水分が少なくなった状態のことである。皮膚は、もっとも外側にある角質層内の角質細胞と細胞間脂質が作るバリアで守られている。皮脂量や天然保湿因子が低下したり、角質細胞間脂質が減ったりすることが原因でこのバリア機能が低下してしまい、皮膚の水分が逃げることで乾燥肌になってしまうのだ。

2. 乾燥肌と一時的な乾燥状態の違い

一時的に肌が乾燥状態になっても、いつの間にか元に戻ってしまうことがある。環境が原因で乾燥肌になってしまうことがあり、一時的な乾燥状態と乾燥肌には違いがある。たとえば、冬場は一時的に乾燥状態になる人が増える。冬場は夏場と比較して雨が少なく、エアコンによって部屋を暖めて空気が乾燥するので、肌が水分不足になり乾燥状態になる場合があるのだ。

3. 乾燥肌になりやすい人の特徴

乾燥肌になりやすい人の特徴を紹介する。まず、皮膚の老化で肌の水分は減ってくるので、年齢を重ねると乾燥肌になりやすい。また、入浴の際高温のお湯に長い時間浸る人、ナイロンタオルなどを使って体をしっかりこする人は、皮脂を失ってしまうので乾燥肌になりやすい。間違った入浴方法・洗顔方法によって乾燥肌を引き起こす原因になりうるのだ。

さらに、生活習慣や環境によって乾燥肌が引き起こされることもある。紫外線を浴びやすい・エアコンで乾燥した空気にさらされやすいなどの環境にいる人や、ストレスを溜め込んでしまいやすいタイプの人も要注意だ。

4. 乾燥肌の対策方法と、保湿クリームの選び方

乾燥肌の対策には保湿クリームなど保湿剤や薬を使う方法や生活習慣を変える方法がある。使用する保湿クリームもしっかり選ぶ必要があるので紹介する。

保湿剤などを塗って乾燥肌を対策

保湿クリームなど保湿剤を乾燥肌に塗ることで皮膚がうるおううえ、水分を保持することができ、とくに入浴後に塗ると効果が期待できる。保湿剤にはクリーム以外にもローション、軟膏などがあるので、季節や症状に合わせて選ぼう。ステロイドの外用剤は保湿剤で効果が不十分な時に処方されることがある。飲み薬(抗アレルギー薬)はかゆみが強い時に有効となる場合がある。

保湿クリームの選び方

乾燥肌に効果がある保湿クリームだが、いろいろな種類が発売されているので、選び方のポイントを紹介する。

選び方のポイント:成分

保湿クリームに次の高保湿成分が入っているか確認する
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン

選び方のポイント:使用部位

保湿クリームには顔用と全身用などがあり、使用部位に合ったものを選ぶ。

おすすめの保湿クリームと成分

紹介した成分が含まれるおすすめの保湿クリームを紹介する。

キュレル「潤浸保湿フェイスクリーム」

有効成分:アラントイン
その他の成分:精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体など

肌研(ハダラボ)「極潤 ヒアルロンクリーム」

成分:水、グリセリン、DPG、ジグリセリン、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)など

菊正宗「日本酒のクリーム」

成分:水、グリセリン、ミネラルオイル、セタノール、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プラセンタエキス、アルブチン、グリチルリチン酸2K、コメヌカ油、コメ胚芽油、ホホバ種子油、スクワランなど

生活習慣を変えて乾燥肌を対策

生活習慣を変えることでも乾燥肌対策には効果が期待できる。ポイントは次の通りである。
  • 入浴の際は、長い時間、熱い湯には浸からない。
  • ナイロンタオルで体を強くこすることをやめ、石けんやシャンプーをしっかり洗い流す。
  • エアコンなど暖房を効かせ過ぎないようにして、湿度を保持するために加湿器を使う。
  • 衣類は皮膚を刺激するような素材は選ばない。肌着には木綿などがおすすめである。
  • かゆみがひどくならないようにアルコールや香辛料などを過剰摂取することは控える。

結論

肌が乾燥する原因や対策方法、保湿クリームの選び方などを紹介した。乾燥肌の原因が環境、生活習慣の場合は紹介した内容を参考にして改善してほしい。保湿クリームに含まれる成分はセラミド、ヒアルロン酸、スクワランなどがおすすめである。乾燥肌を改善して、みずみずしく潤いがある肌を手に入れてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ