このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スプーン1杯のオリーブオイルで便秘が解消される理由とは!?

スプーン1杯のオリーブオイルで便秘が解消される理由とは!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月16日

便秘対策には実にさまざまな方法があるが、その中のひとつに「オリーブオイルを飲む」というものがある。健康番組などでもよく取り上げられるので、ご存知の方もいるかもしれない。ここでは、そんな「オリーブオイルと便秘解消の関係性」について解説していく。おすすめの飲み方やタイミング、簡単で美味しいレシピなどなど、便秘にお悩みの方に参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「便秘の原因」は何?

便秘とは一般的に「3日以上便が出ていない・または常に残便感がある」状態を指す。便秘の原因はさまざまで、食物繊維や水分が不足している場合、運動不足や腹筋力の低下で腸の働きが鈍くなっている場合や、ストレスによる自律神経の乱れ、便意を我慢する習慣から便秘になるケースもある。

男性より女性の割合が高く、高齢になるほど便秘に陥りやすいようだ。日本人の25人に1人は慢性便秘といわれているため、他人事ではないという方も多いだろう。

2. 「オリーブオイル」が便秘におすすめの理由

便秘に効果を発揮するのはオリーブオイルの主成分「オレイン酸」である。オレイン酸は小腸で吸収されにくいという性質があり、吸収されずに大腸まで運ばれる際に腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促す作用をしてくれる。さらに潤滑油の役割をし、便を出やすくする効果もある。便秘解消にはオリーブオイルのなかでも、未精製のエクストラバージンオリーブオイルが最も効果的とされている。

3. 「オリーブオイル」は便秘の時スプーンでそのまま飲むこともできる

オリーブオイルはどんな摂り方をしてもいいが、加熱せず生で摂るのが大切だ。便秘の時オリーブオイルを摂るおすすめの方法を紹介していこう。

1日にスプーン大さじ1~2杯をそのまま飲む

最も簡単なのが、スプーンでそのまま飲む方法だ。目安は1日に大さじ1~2杯程度。腸の動きが活発になる朝食前がベストなタイミングだが、夕食前・寝る前もおすすめとされる。

食事と一緒に摂ってもOK

そのまま飲むのに抵抗がある方は、食事や飲み物と一緒でもOKだ。以下に、簡単に作れるおすすめレシピも紹介しよう。
  • オリーブオイル+ココア
    普通のココアに大さじ1~2杯のオリーブオイルを混ぜるだけ。ココア自体も便秘によい食品のため、おすすめの組み合わせである。甘み付けには善玉菌のエサとなるオリゴ糖を使うと尚よい。
  • オリーブオイルドレッシング
    加熱せず生のまま摂取するためには、ドレッシングとして使うのもよいだろう。オリーブオイル:お酢を3:1の割合で混ぜ、塩コショウなどで味を調えれば自家製ドレッシングの完成だ。ワインビネガーやレモン汁を使ってもよい。
  • とにかくいろいろな食材にかける
    また、シンプルにトーストやヨーグルトなどにかけても美味しく食べられる。納豆、味噌汁、豆腐など和食にも意外と合うので試してみてほしい。

4. 「オリーブオイル+食物繊維」で便秘解消

さらに便秘におすすめの食品といえば、便をかさ増ししたり柔らかくしたりして便通を促す「食物繊維」だ。食物繊維が豊富な野菜サラダとオリーブオイルの組み合わせは便秘解消にもってこい。ぜひ積極的にメニューに取り入れよう。

ただ注意点としては、ゴボウ・大豆・サツマイモ・カボチャなどに多く含まれる「不溶性食物繊維」を摂りすぎないことだ。不溶性食物繊維を食べすぎると便が詰まりを起こし、便秘を悪化させることがある。水分保持力が高く便を柔らかくする「水溶性食物繊維」(果物類、大根・キャベツなどの野菜、キノコ・海藻類に含まれる)とバランスよく食べるのが便秘解消のコツだ。

キウイとオリーブオイルの組み合わせが便秘に効く

水溶性・不溶性食物繊維をバランスよく含んだ食材といえば「キウイフルーツ」である。おすすめの食べ方は、半分に切ったキウイの真ん中をスプーンでひと口くり抜いた後、オリーブオイルを流し込んで一緒に食べるという方法。この方法で便秘が解消されたという声は多い。

5. オリーブオイルで便秘解消するための「注意点」は?

過剰摂取に注意

オリーブオイルは健康によいとはいえ、大さじ1杯で111 kcalある。多く摂りすぎるとカロリーオーバーになるので、一日大さじ1~2杯(15~30㏄)を目安としよう。

酸化に注意

長期保存による酸化にも注意したい。直射日光や高温を避け、しっかり密閉したうえで冷暗所に保存して早めに使い切るようにしよう。

結論

オリーブオイルといえば「健康によいオイル」というイメージがあるが、ヨーロッパでは古くから便秘の解消に役立てられてきたそうだ。さまざまな健康効果が期待でき、日々の食事にも簡単に取り入れやすいオリーブオイル。便秘に悩むオリひと読者の皆様も、ぜひお好みの方法で実践してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ