このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
社会人として恥をかかない身だしなみとは?髪型やヒゲ、服装の暗黙のルール

社会人として恥をかかない身だしなみとは?髪型やヒゲ、服装の暗黙のルール

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月13日

会社の後輩、とくに新卒社員として入ってきて間もない人で、身だしなみや服装がビジネスシーンにそぐわない場面に出くわしたことはないだろうか。そんな時、さりげなく社会人としてのマナーを指導できるのが、経験豊富なビジネスパーソンとしての務めである。社会人として恥をかかない身だしなみとは何かを考えてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 社会人は清潔感のある髪型がかっこいい

社会人が目指すべき髪型は何よりもまず清潔感のある髪型だ。清潔感のある髪型とは、前髪が目にかからない、そして襟足が短い、この2点を押させておこう。
前髪が目にかかっていると野暮ったい印象を受けてしまう。前髪はワックスで立ち上げるか、サイドに流すようにしよう。また、襟足が長いとだらしなく見えてしまうため、刈り上げるなどしてジャケットにかからないようにするのが理想である。後ろ姿も清潔感あふれる印象を残そう。
清潔感のある髪型を維持するためにも、定期的なメンテナンスが必要になる。理想をいえば月に1回はカットにいき、シルエットや清潔感あふれる髪型を維持したいところだ。

2. 社会人のヒゲはビジネスシーンではNG

明治時代の貴族のヒゲを見てもわかるように、ヒゲはかつて男性性と権力性を象徴するものであり、近代化によって西洋文化とともにやってきた。現代社会においてヒゲの人気は衰えたが、最近になってオシャレのためにヒゲを生やす人が増えてきた。デザイナーや広告といったクリエイティブ系の業種、マスコミ、販売員、エンジニアなど外部の人と会う機会が少ない業界では、無精ひげを除いて、ヒゲを許容する自由な企業も増えている。

営業や窓口業務など接客・対人要素の強い職種ではヒゲはNG

このようにヒゲはある程度社会から認められるようになったとはいえ、見る人によっては、ヒゲは不潔でずぼらな印象を与えてしまう可能性がある。そのため営業や窓口業務など、人と接する機会が多い職種においてはヒゲはNGとされる場合が多い。これはあらゆる世代、性別が見ても身だしなみで不快な思いをさせないという暗黙の了解があるからだ。

つまり、ヒゲが生えていないからといって悪い印象をいだく人はいないが、ヒゲが生えているという理由で好ましくない印象を与えてしまう可能性はあるのだから、わざわざそのリスクを冒す必要はない、ということだ。もちろん業種や社風にもよるので一概には言えないが、対人業務の多い職種においてはヒゲは生やさない方が無難だろう。

3. 社会人は襟つきのシャツが基本

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違い

最近よく耳にするようになった「ビジネスカジュアル」と「オフィスカジュアル」。実は両者は厳密には違う意味だということをご存知だろうか。一般的に、両者は以下のように定義づけられる。

ビジネスカジュアル
企業訪問や会議に適したカジュアルファッション。襟付きのシャツにネクタイ、テーラードジャケット、そしてチノパンに革靴という服装が一般的。

オフィスカジュアル
私服通勤やデスクワークをするのに適したカジュアルファッション。企業によっても規定が異なるが、ポロシャツやスニーカー、リュックといったラフな服装が可能。主にIT系の会社に多い。

ただ、両者の違いは厳密には区別されていない。ただ、「オフィスカジュアルで」と言われた場合でも、実はそこに含まれていた意味はビジネスカジュアルだったということも多々ある。カジュアルといえばビジネスカジュアルが求められていると思っていたほうが、無難だろう。

スーツスタイルからビジネスカジュアルにするコツは、上下組でないテーラードジャケットとチノパンを着用することだ。シャツは襟つきでネクタイを着用することだ。

結論

社会人の身だしなみについて考えてきたが、時代や業種によって身だしなみの定義は変化している部分はあるものの、TPOにあわせた服装が求められることには変わりはない。相手の立場に立ってみて、自分の服装がどう思われているかにまで気を配ることを常に心がけよう。それが、社会人としての務めである。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ