このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コンタクトはコンビニで買える!購入方法や旅行に便利なグッズを紹介

コンタクトはコンビニで買える!購入方法や旅行に便利なグッズを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 5日

日本各地に点在しているコンビニ。ほとんどのコンビニが24時間営業をうたっており、もはや我々の生活の一部と化している。買い忘れや緊急時に便利なコンビニだが、コンタクト利用者にとっても非常に使い勝手はよいのだ。今回はあまり知られていない、コンタクトにおけるコンビニ活用法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コンタクトレンズはコンビニで購入できる

あまり知られていないが、コンタクトレンズはコンビニで購入できる。厳密にいうと、コンビニで販売している訳ではなく、通販で注文、あるいは購入したコンタクトレンズをコンビニで受け取れるサービスだ。受け取りには、主に3つの方法がある。
  • クレジットカードなどで事前決済後、受け取りのみコンビニ
  • コンビニで受け取りと同時に、その場で決済(一部店舗のみ)
  • コンビニで事前決済後、コンビニで受け取り
クレジットカードの使用を躊躇するのであれば、コンビニでの決済が安心だ。ただし、受け取りと決済を同時に行えるショップは限られているので注意してほしい。

コンタクトレンズを眼科で購入する際は、診察や処方箋の発行などに時間を要するものだ。日中仕事をしている場合は、どうしても時間を割くのが難しくなる。そんな時、コンビニ受け取りにするだけで、仕事帰りや外出途中に、自分のタイミングでコンタクトレンズを入手できるのだ。コンタクトレンズは生活必需品であり、1日でも欠かせないからこそ、手軽で便利なコンビニ受け取りを活用したい。

2. コンタクトレンズはコンビニ受け取りが安い

実はコンタクトレンズは通販で注文した方が、販売店で直接購入するよりも安いのだ。安いうえにショップによってはポイントが付与されることもある。しかしここで1つ疑問に思うのは、医師の診察や処方箋がなくともコンタクトレンズは購入できるのかということだろう。医師の処方箋が必須だと考えている人は意外と多いのではないだろうか。

結論からいうと、コンタクトレンズは処方箋がなくとも購入が可能だ。風邪などで薬を処方してもらうのと異なり、コンタクトレンズはあくまで医薬品ではなく高度管理医療機器と定められているため、処方箋は義務付けられていない。一般的にコンタクトレンズの処方箋といわれているのは、度数などを記した装着指示書と呼ばれるものだ。

通販サイトで注文する際も、処方箋の提出を求められることはほとんどなく商品を受け取ることが可能だ。しかも安い・簡単・便利と忙しい現代人にはもってこいの購入法なのだ。

ただし、コンタクトレンズを購入した経験がない場合は、必ず医師の診察を受け、適切な処方を受けることが基本だ。処方箋が不要であるのは、自分に合うレンズが事前に判明している場合のみと考えよう。

またレンズの度数は変わる可能性もあるので処方箋が不要といっても定期的に検査は行おう。コンビニ受け取りサービスは、24時間いつでも希望の時間帯に利用できる。仕事で忙しい時などは、コンビニ受け取りを利用してみてはいかがだろうか。

3. 旅行時はコンビニのコンタクトグッズが便利

コンタクトを使用する際は、レンズ以外にもケースや洗浄液などのグッズも必需品である。旅行時などについ忘れがちなコンタクトグッズだが、そんな時に助けてくれるのがコンビニだ。品揃え豊富なコンビニでは、コンタクトの洗浄液のほかにケースも販売されており、旅行時の駆け込み寺として重宝されている。

また簡易的な1回使い切りタイプのケース付き洗浄・保存液の取り扱いもある。旅行先でコンタクトグッズを忘れた時や、宿泊日数が増えた時など、緊急時にはぜひコンビニを活用しよう。

結論

コンタクトは眼科だけではなく、通販で注文・購入しコンビニで受け取り可能だ。気になる処方箋の有無は、義務付けられていないので必ずしも必要ない。また、通販で注文するとお得に購入でき、受け取りもコンビニを利用できるので非常に便利である。旅行先でコンタクトグッズに困った際も、コンビニに足を運べば解消されるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ