このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ファスティングは効果があるの?期間や安全に行う方法について

ファスティングは効果があるの?期間や安全に行う方法について

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 2日

ファスティングという言葉はご存じだろうか?普段、何気なく食べているものが身体にとって負担になることがある。ファスティングによって食生活を一度リセットすることで、体調がよくなるといわれている。ホテルなどでもファスティングのプランが提供されており、いま注目の食事療法となっている。ここでは、ファスティングの効果や注意点を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ファスティングって何?

ファスティングについてご存じではない人もいると思うので、ここではファスティングについて紹介する。

ファスティングとは、英語で「断食」を表す言葉だ。とはいえ、1日中全く何も食べない断食とは少し異なり、身体に必要な栄養を適宜摂りながら行う、「時間を区切った断食」と理解する方が正確だろう。我々は普段の食習慣によって、食品添加物や保存料などを使った加工品や過剰な脂肪を摂取したりしているため、身体にはかなりの負荷がかかり疲労している。そのため、内臓の消化力や吸収力が低下し、摂取した栄養素が上手く使えなくなり、身体の調子が悪くなる可能性があるのだ。

ファスティング(断食療法)によって体に負担をかける食事をしないことで内臓を休ませ、疲労した身体の働きを正常にしてくれることが期待できることから、いま注目を浴びている食事法なのだ。

2. ファスティングで期待できる効果

とはいえ、ファスティングの効果について疑問を持っている人もいるだろう。もちろん個人差や感じ方の違いはあるものの、一般的にファスティングで期待できるとされる効果を5つ紹介しよう。

治癒力が向上

ファスティングを実施している時は、食べ物の代謝に必要な身体のエネルギーや酵素は、免疫や組織を再生する工程に使われる。酵素は二つに分かれており、消化酵素と代謝酵素がある。酵素は無限にある訳ではないので、使われなくなった消化酵素を代謝酵素に割り当てることができて、代謝を促す効果が高まる。そのため、弱体化した組織は再生し、病的な細胞は正常に戻る機会を得ることができる。

一方、歯科の観点から考えられるファスティングの効果もある。例えば、唾液の中にある消化酵素 (アミラーゼ)によってデンプンを分解したり、多くの酵素によって口の中を殺菌し免疫機能をアップさせたりする効果があるので、虫歯などを防いでくれる。ファスティングを行うと、必要がなくなった消化酵素は、ほかの酵素になるので唾液の質が向上する効果が期待できる。

歯や内臓のリセット

不規則だったり、大量だったりする食事に加え、農薬や食品添加物のせいで、私達の歯や内臓に必要以上に負荷がかかっている。ファスティングよって歯や内臓を休ませリセットすることで、本来の働きを復活させる効果が期待できる。

宿便を排出してきれいな大腸にする

不規則だったり、大量だったりする食事やストレスなどが原因で便秘になりやすくなると、排泄物が固まり宿便になる。宿便は大腸ガンや過敏性大腸症候群などの原因になることがあるので、ファスティングよって宿便を除去し、大腸を健康にする効果もあるとされる。

ダイエット効果

ファスティング中は最低限のエネルギーしか摂取しないため、単純な体重減少も期待できる。また、ファスティングによって代謝を活発になることで、脂肪の燃焼も活発になり、こちらもまたダイエット効果が期待できる。また、ファスティング中の少量の食事に慣れていくことで、普段から少量の食事で満腹感を得られるようになるだろう。

デトックス効果

普段の食事によって代謝の妨げとなる農薬、食品添加物、有害金属など有害物質が体内に蓄積されていることもある。これらの有害物質がファスティングによって代謝が促されると体外に排泄されるようになる。さらに、さまざまな臓器がリセットされて本来の働きを取り戻す効果が期待できる。

3. ファスティングはどれくらいの期間行う?

ファスティングはどのくらいの期間を行うのか気になるところである。ファスティングは1~3日間で行うことが多く、ここでは3日間のファスティングのメニューを紹介する。

1日目:準備食としてカロリーが抑えられた食べ物を摂取する
2日目:スムージーやスープを摂取する
3日目:回復食としてカロリーが抑えられた食べ物を摂取する

4. ファスティングで気を付けるべきこと

ファスティングは、文字通り「断食」である。1日中なにも食べないというような完全な断食ではないとはいえ、身体に一定の負担をかける行為でもあることは間違いない。そのため、ファスティングを行うときは何よりもまず身の安全に留意して行わなくてはならない。
以下では、ファスティングを実施する際に気を付けるべきことを紹介する。
  • ファスティング中、基本的には固形物は口にしない
  • ファスティング中、水分を補給する
  • 中学生以下はファスティングを行わない
  • ファスティング中、薬は服用しない
  • ファスティング中、適度な運動を行う

結論

ファスティングについて紹介した。ファスティングは断食とは異なり、スープやスムージーによって空腹感をある程度紛らわすことができるので、初心者にとってハードルが低い。食べることは栄養素を摂取すると同時に、内臓などを酷使していることでもあるので、ファスティングによって休ませることは有効な食事療法といえる。自宅でもファスティングは行えるが、ホテルなどで行っているプランを利用して環境を変えることで、上手くいくかもしれない。ただ、紹介した注意点を参考に安全にファスティングを行って欲しい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ