このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダイエットにはヨーグルトが効果あり?おからをプラスしてスッキリと!

ダイエットにはヨーグルトが効果あり?おからをプラスしてスッキリと!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月 2日

健康によい食品として知られるヨーグルト。朝食や間食に取り入れている方も多いだろう。おいしくてヘルシーなヨーグルトは、実はダイエットにもおすすめなのだ。今回は、ヨーグルトダイエットの効果や方法について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヨーグルトがダイエットに効果的な理由は?

さまざまな栄養素が含まれていて、体によいといわれるヨーグルト。ダイエットにどんな効果があるのだろうか。

乳酸菌

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を入れて作る。ヨーグルトを食べると、ヨーグルトの中の乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制して腸内環境を整える。腸内環境が整うことで腸の動きもよくなり、便秘の解消や余分な脂肪蓄積の予防、基礎代謝量の向上などの効果が期待でき、ダイエットにつながるわけだ。

カルシウム

ヨーグルトはカルシウムが豊富だ。最近の研究では、カルシウムを多く摂取することと体重や体脂肪の低減には、相関関係があるかもしれないという報告がされているようだ。確かな結論は出ていないが、研究がすすむことを期待したい。

ビタミンB2

ヨーグルトにはビタミンB2も多く含まれている。ビタミンB2には三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)の代謝を助ける働きがあり、とくに脂質代謝の促進に深くかかわっているので、ダイエットに効果的なのだ。

2. 朝?夜?ヨーグルトダイエットに効果的なタイミングは?

ヨーグルトの効果をより高めるためには、食べるタイミングも大切である。ダイエットへの効果が期待できるタイミングは、いつなのだろうか。

朝か夜か

ダイエットに効果的なのは、夜ヨーグルトだ。22時から深夜2時くらいは腸の活動が最も盛んになる時間帯で、腸のゴールデンタイムと呼ばれる。その時間に合うように、就寝の2~3時間前にヨーグルトを食べれば、腸の活動を後押ししてダイエットにつながるのだ。

朝ヨーグルトは便秘がちな方におすすめ。ヨーグルトが排便を促し、便秘解消の効果が期待できる。

食前か食後か

ダイエットが目的なら食前がおすすめ。食事前にヨーグルトを食べれば、その分お腹が満たされて食事量を減らせるのだ。

便秘解消には食後のほうが効果的である。乳酸菌は胃酸に弱いため、より多くの生きた乳酸菌を腸に届けるには、胃酸が薄まっている食後にヨーグルトを食べるほうがよいのだ。

3. 混ぜるだけで簡単!おからヨーグルトのダイエット効果は?

ヨーグルトダイエットには、おからパウダーをプラスするのがおすすめだ。おからヨーグルトの効果や作り方を解説しよう。

おからパウダーとは

おからパウダーは、豆腐や豆乳を作る際にできる生おからを乾燥させたもの。糖質が少なく食物繊維やタンパク質などの栄養素も豊富で、ダイエットフードとしても人気である。粉末なので保存や持ち運びも簡単。水分を加えると4~5倍にふくらんで腹もちもよい。においや味もあまりないので、料理やドリンクにも気にせず使えるだろう。

ヨーグルトとおからパウダーの相乗効果

ヨーグルトの乳酸菌は、腸の中で善玉菌を増やして腸内環境を整える。善玉菌は食物繊維をエサとして活発に働くので、食物繊維が多いおからパウダーは効果的なのだ。

善玉菌が食物繊維を分解する際に作り出す短鎖脂肪酸には、脂肪の蓄積を防いだり燃焼を促進する働きが期待されている。ヨーグルトとおからパウダーは、乳酸菌の効果を高めたり短鎖脂肪酸を増やせる、ダイエットに効果的な組み合わせなのだ。

おからヨーグルトの作り方

【1回分の分量】
無糖ヨーグルト  大さじ8(120g)
おからパウダー  大さじ2

これをよく混ぜるだけだ。混ぜた状態でも冷蔵庫で約1週間は保存可能なので、ヨーグルトとおからパウダーを4:1の割合でまとめて作ってもよいだろう。そのまま食べるのはもちろん、味や食感に変化がほしい場合はフルーツやナッツなどを少量混ぜるのもおすすめだ。料理やドリンクに混ぜたり、オイルと酢を混ぜればドレッシングも作れる。

4. ヨーグルトと味噌の組み合わせもダイエットにおすすめ!

ダイエットに効果的な短鎖脂肪酸を増やすには、野菜のヨーグルト味噌漬けもおすすめだ。ぬか漬けのような味わいの、ヨーグルト味噌漬けの効果や作り方を解説しよう。

野菜のヨーグルト味噌漬けがおすすめな理由

味噌はヨーグルトと同じ発酵食品であり、乳酸菌が豊富。ヨーグルトと味噌の乳酸菌が、腸内で善玉菌を増やすのだ。そして、野菜の食物繊維が善玉菌のエサとなり、ダイエットに効果的な短鎖脂肪酸を作り出すのである。

野菜のヨーグルト味噌漬けの作り方

保存容器に、ヨーグルトと味噌を1:1の割合でよく混ぜたヨーグルト味噌床を入れ、適当な大きさに切った野菜を入れてなじませ、冷蔵庫で半日から1日程度置けば完成。水でさっと洗い流して食べよう。野菜の種類によっては、漬ける前に塩もみしたり、レンジで少し温めたり、軽くゆでるなどの下処理をするとよい。

結論

ヨーグルトダイエットは、腸内環境を整えて健康的にやせられる、おすすめのダイエット方法だ。おからパウダーを混ぜたり味噌といっしょに野菜を漬けたりと、柔軟な食べ方ができるので取り組みやすいだろう。ヨーグルトでヘルシーダイエットに挑戦しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ