このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もみあげの上手な切り方とは?切り方を究めてセルフカットで清潔感を

もみあげの上手な切り方とは?切り方を究めてセルフカットで清潔感を

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年10月 7日

せっかくヘアサロンでかっこよくカットしてもらっても、すぐに気になり始めるのが、あっという間に伸びるもみあげ。もみあげの上手な切り方がわかれば、気になるもみあげをセルフカットできるのだ。今回は、もみあげの切り方について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. もみあげの切り方・男性がセルフでする方法は?

もみあげの切り方は難しそうに思えるかもしれないが、ヒゲを整えるようなもので、やってみれば意外と簡単である。もみあげの基本の切り方をマスターして、セルフカットできるようになろう。

1.もみあげのデザインを決める。

逆三角形や長方形などの形や、どれくらいの長さにするかなど、作りたいもみあげのデザインを決定する。アイブロウペンシルなどで形を描いておくと整えやすい。

2.もみあげをカットする。

ハサミやバリカンを使ってもみあげを短く整える。髪が長い場合は、邪魔になる髪をヘアクリップで留めておく。

【ハサミを使った切り方】

クシを縦に使い、もみあげ部分に前から後ろに向かって入れ、クシから飛び出す毛をハサミで切る。クシの向きを逆にし、後ろから前に向かって入れ、同様に飛び出した毛を切る。

【バリカンを使った切り方】

まず、9mmや6mmなどの長めのアタッチメントで、もみあげ全体の長さを整える。もみあげの先端部分(下のほう)のみ、3mmのアタッチメントで短く仕上げる。

3.不要な部分を剃ってもみあげの形を整える。

カミソリやシェーバーで不要な毛を剃って、もみあげの形をきれいに整える。左右のもみあげを見くらべて、同じ長さ、形になるように調整する。

2. もみあげの切り方・失敗しないための方法

顔の大事なパーツであるもみあげは、切り方を間違えて失敗したくない。もみあげの切り方で失敗しないために、切り方の大事なコツやポイントをつかんでおこう。

毛の長さは長めから調整する

最も気をつけなければならない失敗は、切り過ぎてしまうことだろう。バリカンを使う際にいきなり短めのアタッチメントを使うと、思っていたよりも短く切り過ぎてしまうことがある。短いものを長く戻すことはできないので、慣れないうちは長めのアタッチメントから始め、徐々に短くしていく切り方がおすすめだ。

もみあげの長さの目安

もみあげは、耳の穴と耳たぶの間くらいまでの長さが基本である。耳たぶより下の位置の毛は、ヒゲだと思ってよいだろう。この基本の長さよりも長いもみあげは、男らしさやワイルドさが感じられ、逆に短いもみあげは清潔感やさわやかな印象を演出できる。もみあげの長さで印象が変わるので、長さ設定は慎重に行なおう。

3. もみあげの切り方・必要なアイテム

もみあげの上手な切り方には、もみあげの手入れがしやすい道具をそろえることが重要だ。もみあげを切るために必要なアイテムを紹介しよう。

三面鏡や、全体を映す大きな鏡と手元で使える手鏡があると便利だ。

ヘアクリップ

髪が長くて邪魔になる場合は、ヘアクリップで留めておく。

アイブロウペンシル

目印となる形を描いておくと作業しやすい。

クシ

もみあげの毛流れを整えたり、ハサミを使って切るときに使う。

ハサミまたはバリカン

もみあげを切るために、ハサミかバリカンのどちらかを用意しよう。

カミソリまたはシェーバー

もみあげの形を整えるには、I字カミソリや眉用シェーバーが使いやすい。

4. もみあげの切り方・男性におすすめの型

もみあげの切り方にはいくつか種類がある。なりたい印象やヘアスタイルに合わせて、もみあげの切り方を選んでみよう。

逆三角形のもみあげ

さまざまなヘアスタイルにマッチし、一般的なもみあげの形といえる逆三角形。ナチュラルな印象で、顔をシャープに見せることができる。

長方形のもみあげ

もみあげの下部分が平らな切り方の長方形タイプは、男らしくワイルドな雰囲気だ。まっすぐにカットされたもみあげにはレトロ感も感じる。

ヒゲとつながるもみあげ

もみあげとヒゲがつながったタイプは、長方形のもみあげよりもさらにワイルドさが増し、男らしさを感じるが、手入れが足りないと不潔にも見える。

もみあげなし

もみあげをすべて剃っている、もみあげがないスタイルは、個性的でおしゃれな印象だ。清潔感も演出できるが、こまめな手入れが必要だ。

5. もみあげを整えるメリットは?

伸ばしっぱなしの無精ヒゲが、不潔な印象を与えてしまうことがあるように、手入れをしていないもみあげも不潔に感じられてしまう。上手な切り方でこまめに手入れをしているもみあげは、清潔感やおしゃれな印象といった、よいイメージを与えることができるだろう。

手入れの頻度は、もみあげのスタイルや毛の濃さなどによって違いがあるので、こまめにもみあげをチェックして、気になったらすぐに手入れをできるようにしておこう。

結論

もみあげの上手な切り方を究めれば、いつでもセルフカットでき、清潔感のあるおしゃれな印象を演出できる。もみあげにはさまざまなスタイルがあるので、スタイルに合わせた切り方をマスターし、好印象な男性を目指そう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ