このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男性もほうれい線をケアしよう。放っておかずエクササイズで消す!

男性もほうれい線をケアしよう。放っておかずエクササイズで消す!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月10日

年齢とともに深く目立つようになる「ほうれい線」。渋くてかっこいいという意見もあるが、当てはまるケースはごく限られているだろう。大半の方はほうれい線が目立ってくると老けて見えてしまうのが現状だ。そこで、この記事ではほうれい線を無くすための対策を紹介していく。最近気になり出した…という方は、深くなる前に対処を始めてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ほうれい線は男性も気になる

ほうれい線とは、鼻の横から伸びる2本のシワのことだ。鼻の脇から入り始め、進行すると徐々に口元まで下がってしまい、深い溝となる。男女問わず、顔を老けた印象に見せる厄介な存在である。

ほうれい線はなぜできる?

ほうれい線は厳密にはシワではなく「顔のたるみ」だ。加齢とともに肌内部のコラーゲン・エラスチンといった成分が減少すると、肌はハリや弾力を失い、たるみはじめる。さらに、肌の下の表情筋が衰えて頬や口元が下がることで、ほうれい線がより目立つようになる。スキンケアをする習慣がない方や、あまり顔の筋肉を動かさない方は、ほうれい線ができるリスクも高い。

ほうれい線が目立ちやすいタイプとは

ほうれい線が深くなる原因はほかにもある。日頃から姿勢が悪い方は、頬が重力に引っ張られてたるみやすい傾向がある。スマホ操作などでうつむく時間が長い方も同様だ。座り方や噛み癖からくる顔の歪みも、ほうれい線が深くなる一因とされる。また、太ったり痩せたりを繰り返す方や皮下脂肪が多い方は、たるみが出やすくほうれい線が目立ちやすいといわれている。

2. ほうれい線対策をしている男性はかっこいい

多くのアンケート調査で、女性は「スキンケアや美容に気を使う男性」に好意的であるという結果が出ている。シワやほうれい線を渋さや深みと考えることもできるが、やはりハリがある若々しい肌=かっこいいと思われる傾向があるのは確かなようだ。

ほうれい線対策には、スキンケアに加えて表情筋を鍛えるアプローチが有効だ。とくに、表情筋のトレーニングは顔全体の印象を若々してくれるため、歳をとっても素敵な印象を与えたい方は積極的にほうれい線対策に取り組むことをおすすめする。以下、簡単にできる対処法を紹介しよう。

3. ほうれい線を消したい男性がしたいエクササイズ

ほうれい線を消すには、まず表情筋を鍛えて顔の土台を引き上げることが必要だ。とくに口の周りの筋肉である「口輪筋」を動かすことが肝心といえる。では、簡単にできるエクササイズを2つ紹介しよう。

頬を左右交互に膨らませるエクササイズ

  • 唇をすぼめて頬を膨らませる
  • 空気を左右に移動させ、頬を交互に膨らましていく
  • 1分ほど繰り返す
唇をしっかりすぼめて空気を動かすことで口輪筋全体を鍛えられる。空気が漏れ出ないよう、唇に力を入れるのがポイントだ。

舌回しエクササイズ

  • 口を閉じたまま、舌で頬の内側をぐるっとなぞる
  • ゆっくり右回りになぞったら、逆側に回す
  • 左右で1回とし、3~5回繰り返す
ほうれい線対策の定番エクササイズである。舌でほうれい線を伸ばすよう意識しながら、ゆっくりと回すことで、頬や顎までスッキリさせる小顔効果も期待できる。慣れてきたら回数を増やしてみよう。

4. ほうれい線ケアをしたい男性はグッズを使うのもおすすめ

ほうれい線対策として、化粧品や美容器具を活用するのもよい方法だ。まずはエイジングケア用の美容液やクリームなどで、肌のハリ・弾力を復活させるアプローチを。減少したコラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体やレチノールといった成分が、配合された化粧品が有効だ。皮膚をふっくらさせほうれい線を目立たなくしてくれる。

ほうれい線がひどいなら、美容ローラーや美顔器に頼るのもひとつの手だ。たるみに効果的に働きかけ、短期間でより大きな変化が望める。とくにEMS付きの美顔器を使用すれば、表情筋に直接作用するので、1回の使用で変化が見られることもある。

結論

ほうれい線には豊麗線・豊齢線という当て字もあり、年齢を重ね円熟味を増した証という考え方もある。しかし顔を見たときに気になってしまうようなら、やはり何かしら対処をするほうがいいだろう。表情筋を鍛えるエクササイズをすると1週間程度で効果が出てくる場合もあるため、試しに1日1分から始めてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ