このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肘の黒ずみの原因って何?頑固な黒ずみの解消法とは。

肘の黒ずみの原因って何?頑固な黒ずみの解消法とは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月30日

半袖になる季節が近づくと、気になってくるのが肘の黒ずみだ。自分では気付かなくても、後ろから見ると肘は意外と目につくパーツなので、男性でもあまり黒ずんでゴワゴワという方は要注意である。夏が来る前に早いうちからケアしておくのがおすすめだ。ここでは、肘の黒ずみの原因と解消法についてお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 肘の黒ずみの原因とは?

肘の黒ずみはなぜできるのだろうか。肘の黒ずみの原因は、机に肘をつく、寝転がって頬杖をつくなど、生活の中の「摩擦による刺激」だ。肘がこすれたり圧迫されたりすると、刺激によって皮膚の中ではメラニンが過剰に発生する。メラニンはやがてシミのように色素沈着を起こすため、肘の皮膚は徐々に黒ずんでしまうのだ。

さらに、刺激から皮膚を守るために角質が厚くなり、ほかの皮膚よりも固くゴワついた感触になってしまうのだ。肘はもともと皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位なため、皮膚が外部の刺激を受けやすいのも原因のひとつだ。長年の摩擦によって黒ずみ、分厚くなった肘は、簡単には元に戻せない。

2. 肘の黒ずみの正しいケア

では、頑固な肘の黒ずみにはどのような解消法があるのだろう。ポイントは「角質ケア+保湿」である。

黒くなった角質をオフする

肘の黒ずみを消すには、まず黒く蓄積した角質を除去しなくてはならない。おすすめなのが「ボディスクラブ」や「ピーリングジェル」といった、古い角質をこすり取るアイテムだ。入浴中などにマッサージすると、古い角質をやさしく除去して徐々に透明感のある肌を取り戻せる。ただし、肌の負担を防ぐためゴシゴシとこするのは厳禁。週1回程度で十分である。

保湿も必要

角質ケア後の肌は敏感な状態なので、その後はしっかりと保湿をしよう。ボディクリームなどをたっぷり塗布して肌を整えることで、ターンオーバーが促進され新しいキレイな肌が生まれてくる。「角質除去⇒新しい肌を生み出す」というサイクルが大切だ。美白効果のあるクリームで保湿をするのもおすすめである。

尿素配合クリームなら1本で角質ケア+保湿ができる

尿素には、古い角質を柔軟にして除去しながら肌に潤いを与える働きがある。角質ケア+保湿が同時にできるため、黒ずみのケアを簡単にすませたい方は、尿素配合クリームを毎日塗るだけのケアでも効果は期待できる。市販の「黒ずみ対策クリーム」には尿素が配合されているものが多いので、チェックしてみよう。

ニベアが肘の黒ずみに効くって本当?

「ニベア=黒ずみに効く」という噂があるが、ニベアには角質ケアや美白に効果のある成分は含まれていないので、直接黒ずみに作用するわけではない。しかし安価でたっぷり使えて保湿効果も高いため、その結果ターンオーバーが正常化して、黒ずみの排出が早まることは十分考えられる。とにかく手軽に黒ずみ対策をしたい方なら、1ヶ月ほどニベアを試してみるのもいいかもしれない。

3. 肘の黒ずみは日常の習慣でも防げる

肘の黒ずみを防ぐには、原因である摩擦刺激を少なくすることが必要だ。肘をつく・頬杖などのクセに気をつける、身体を洗うとき強くこすらない、肘がこすれるようなタイトな服は避けるなど、日常のちょっとした習慣を見直すことが予防となる。

肘をつきやすい方は、肘を摩擦から守る「肘用サポーター」を使うのもいいだろう。ジェル入りで肘に潤いを与えるサポーターなどもあるので、黒ずみ予防を徹底したい場合におすすめである。

4. 肘の黒ずみを皮膚科やエステで除去する人も

短期間で高い効果を得たいなら、皮膚科やエステに頼るのもひとつの方法だ。美白レーザーや医療用美白成分の導入、ケミカルピーリングといった、セルフケアでは不可能な施術を受けられる。治療後のダウンタイム(痛みや腫れが出る期間)はとくになく、1回10,000~30,000円ほどが相場のようだ。「夏までにどうしても肘の黒ずみを除去したい」などのモチベーションがある方は利用してみるのもいいだろう。

結論

肘の黒ずみ原因は、摩擦によって肘の皮膚が刺激されることだった。日頃から肘をつくクセのある方は、肘の黒ずみが目立つ場合が多い。今回紹介したセルフケアは、効果が現れるまで最低でも2週間~1ヶ月はかかるといわれている。半袖を着る季節までにキレイな肘を手に入れられるよう期間を逆算して早めのケアを始めてみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ