このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ココナッツオイルで肌の保湿をしよう。効果的な使い方と注意点を解説

ココナッツオイルで肌の保湿をしよう。効果的な使い方と注意点を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月11日

数年前から美容効果の高さに注目が集まってきているココナッツオイル。保湿力が高く、肌のケアに効果的だが、その一方で、選び方や使い方を間違えると肌荒れを起こす可能性もあることをご存知だろうか。肌トラブルを起こさずにココナッツオイルを使うためには、正しい知識が必要だ。そこで今回は、ココナッツオイルの使い方や注意点について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ココナッツオイルは肌の保湿におすすめ?

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルはその名の通り、ココナッツ(ココヤシの実)から抽出される油脂のことだ。この植物由来の天然オイルには、優れた抗菌作用を持つラウリン酸、肌の老化予防に効果的なビタミンEなど、美肌に嬉しい栄養素が豊富に含まれている。加えて、ココナッツオイルには保湿力を高める中和脂肪酸が含まれており、肌のうるおいキープにもおすすめだ。ココナッツオイルを肌に塗って使うことで、美肌と保湿の両方の効果を実感することができるだろう。

ココナッツオイルの種類

ココナッツオイルは「精製ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」の2種類に分けられる。基本的にココナッツオイルといえば、前者の精製されたタイプを指すことが多い。

精製ココナッツは加熱処理によってココナッツ独特の甘い香りや不純物が取り除かれているため、癖がなく使いやすいのが特徴だ。製造過程で臭いや不純物とともに、ココナッツオイルに含まれる栄養素も減少してしまうため、保湿効果はヴァージンココナッツオイルよりも劣るが、その分肌への刺激も少なく、敏感肌の方でも安心して使うことができる。

一方、ヴァージンココナッツオイルは、加熱処理をしていない天然のココナッツオイルを指す。ほとんど手を加えていないので、ココナッツに含まれている栄養成分をそのまま取り入れることが可能だ。保湿効果をしっかり実感したい方には、精製ココナッツオイルよりもヴァージンココナッツオイルがおすすめといえるだろう。

ただし、前述でも触れた通り、ヴァージンココナッツオイルは精製がされていない分、不純物が残っていることが多い。肌が敏感だと刺激を感じてしまうこともあるので、使用する際は注意が必要だ。

また、ココナッツオイルにはスキンケア目的とは別に、食用のココナッツオイルもある。食用のココナッツオイルの特徴は、ココナッツ特有の甘い香りが強く、味がほとんどないことだ。基本的にスキンケア用のココナッツオイルが手元にない場合は食用のココナッツオイルを代用しても問題ない。しかし、食用のココナッツオイルは添加物を含んでいるものも多いため、敏感肌の方は使用を避けたほうがいいだろう。

2. ココナッツオイルを使った効果的な肌の保湿方法

洗顔後の保湿ケアに使う場合

洗顔後にココナッツオイルで保湿ケアをする場合は、化粧水の前に使うのがおすすめだ。洗顔後にタオルで顔の水気をとったら、ココナッツオイルを手に1~2滴出して肌に塗っていこう。ゴシゴシとこすりつけず、肌になじませるように塗っていくことがポイントだ。何も付けていない素肌にココナッツオイルを塗ることで、その後につける化粧水や乳液の浸透性を高める効果が期待できる。

マッサージオイルとして使う場合

ココナッツオイルは顔のマッサージをする時のオイルとしても活用することができる。使用する際はココナッツオイル5~6滴を手に取り、人差し指・中指・薬指の3本を使って、あごや頬、目の周り、額を順番にマッサージする。丁寧にマッサージを行っていくことで、ココナッツオイルの油分が毛穴の汚れを浮かし栄養成分を浸透させることができる。最後にぬるま湯で洗い流せば、肌が生き返ったようにすっきりするので、ぜひ試してみてほしい。

全身の保湿ケアに使う場合

ココナッツオイルは顔の保湿だけでなく、身体全体の保湿にも使うことができる。全身に使う場合は、お風呂に入る前のマッサージに使うのがおすすめだ。ココナッツオイルを使いながら全身をマッサージすることで、体内のめぐりがよくなり、お風呂のお湯も入浴剤を入れたかのように保湿力が高まる。

3. ココナッツオイルを肌に活用する時の注意点

ココナッツオイルを効果的に活用するためには、以下の点に注意してほしい。

使用前にパッチテストを行う

ココナッツオイルは天然の化粧品だが、必ずしも肌に合うとは限らない。そのため、万が一に備えて、ココナッツオイルの使用前はパッチテストを行っておくのがおすすめだ。とくにヴァージンオイルは肌に対しての刺激が強く、いきなり使用してしまうと肌荒れを起こすリスクが高いので注意して取り扱ってほしい。パッチテストを行う際は、ココナッツオイルを手や腕の一箇所に塗り、48時間経過を観察する。途中で赤みやかぶれが起こった場合は、そのココナッツオイルが肌に合っていない証拠なので、使用は控えたほうがいい。反対に、48時間経過しても異常が見られなかった場合はココナッツオイルを使用しても問題ないといえる。

保湿ケア以外で使う場合は必ず洗い流す
汚れが落としきれていないままの状態でココナッツオイルを肌に塗ると、汚れが詰まった毛穴にフタをした状態になってしまう。その結果、毛穴の奥で汚れとココナッツオイルが混ざり合って酸化し、ニキビなどの肌トラブルを招く恐れがある。マッサージなど、洗顔後の保湿ケア以外で使用する際は必ず洗い流して使おう。

一度にココナッツオイルを使いすぎない

ココナッツオイルの効果を実感したいからといって、使用量を増やしてしまうのはNGだ。ココナッツオイルはたくさん塗ったからといって、効果が倍に得られるわけではない。むしろ毛穴詰まりを起こして肌トラブルを招くこともあるため、適量を守って使用するように注意してほしい。

4. ココナッツオイルは肌の保湿以外の美容にも役立つ

クレンジング剤として

ココナッツオイルは洗顔前のクレンジングとして使用することも可能だ。クレンジングといえば女性のメイク落としをイメージする方も多いと思うが、男性の場合はココナッツオイルをクレンジングとして使用することで、毛穴に詰まった汚れを落とすことができる。

頭皮のケアに

ココナッツオイルはヘアケア用のオイルとしても活用することができる。頭皮の乾燥を防いだり、髪のパサつきを改善したりしてくれるので、髪のトラブルに悩んでいる方はぜひ使ってみるといいだろう。なお、使用方法としてはピンポン玉ほどのココナッツオイルを手のひらにとり、頭皮にもみこむようにマッサージをするのがおすすめだ。血行促進で頭皮環境もよくなるので、薄毛や白髪予防にも効果的といえるだろう。

結論

ココナッツオイルは肌の保湿だけではなく、全身のマッサージやヘアケアなど幅広く活用することができる便利なアイテムだ。不純物が取り除かれた精製タイプを選べば、肌がデリケートな方でも使うことができる。女性が使っているイメージが強いが、最近では男性の利用者も増えているので、身だしなみの一環として、ぜひ使ってみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ