このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
体の洗い方を間違うと体臭が強くなる?正しく洗って肌トラブル回避!

体の洗い方を間違うと体臭が強くなる?正しく洗って肌トラブル回避!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月13日

毎日体を洗っていても、肌が乾燥したり、背中や胸にニキビができたり、体臭が気になるなどのトラブルを抱えている方は多い。それは、間違った体の洗い方が原因かもしれない。。正しい体の洗い方とは、どんなものかを知っておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「体の間違った洗い方」の例

体の洗い方が間違っていると、汚れが残ったり肌を傷めたりして、体ニキビや肌荒れ、体臭などの原因になることも考えられる。普段間違った洗い方をしていないか、自分の洗い方を確認しよう。

最初に体を洗う

最初にいきなり体を洗う方がいるが、髪よりも先に体という洗い方は、一度洗った体を洗髪時に再び汚すことになる。洗髪時にはどうしても、シャンプーやコンディショナーなどが体に付着してしまうからだ。シャワーで洗い流していても、すすぎ残しで付着した成分が毛穴に入りこむと、体ニキビや肌荒れなどの原因になることがあるのだ。

かけ湯をせずに体を洗う

タオルなどにボディソープをつけ、体を濡らさないままでいきなり洗ってはいないだろうか。かけ湯をしていない肌は乾燥した状態で、皮脂や汚れもしっかりと付着している。その状態で体を洗うと、ボディソープの泡立ちも悪く、肌への負担が大きくなるのだ。

ゴシゴシと体を洗う

力を入れてゴシゴシと体をこする洗い方は、肌への負担が大きい。同様に、繊維がかたいナイロンタオルや毛がかためのブラシなどは、力を入れなくても肌が傷つきやすいので要注意だ。

熱いお湯で体を洗う

風呂の温度は熱いほうが好きという方も多いが、熱過ぎるお湯は肌にとってよくない。熱いお湯は、体の皮脂を洗い流し、必要な皮脂まで落としてしまう。すると、肌は乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が低下してしまうのである。

2. 「体の正しい洗い方」の準備は?

体を洗う前には、しておきたいことがある。体の汚れをきれいに落とすためには、事前準備が大切だ。正しい体の洗い方のための事前準備について解説しよう。

浴槽に浸かる

浴室に入ってすぐに体を洗うのではなく、まずは浴槽に浸かって温まろう。お湯に浸かることで体の表面の汚れをある程度落とせ、体が温まって毛穴が開き、汗とともに老廃物を排出する。その後に体を洗うと、毛穴の奥の汚れも落としやすいのだ。熱過ぎるお湯は肌の状態を悪くするので、38~40℃くらいの温度が理想である。

髪を洗う

洗髪は体を洗うよりも前に済ませよう。シャンプーやリンスなどを髪につけたり洗い流したりすると、体に流れ落ちてきた成分が体に付着してしまう。洗髪後に体を洗うという洗い方にすることで、付着したシャンプーなどの成分も洗い落とせて、肌をキレイにできるのだ。

3. お風呂でしたい「体の正しい洗い方」

正しく体を洗うには、肌にやさしい洗い方と汚れをしっかり落とす洗い方を、両立させることが大事である。肌を傷つけないためにも意識しておこう。に

肌にやさしい洗い方

体の汚れは、ゴシゴシこすらなくても落とせる。ボディソープの泡を肌に乗せるだけで、汚れは充分落とせるのだ。ゴシゴシとこする洗い方では、肌を傷つけてバリア機能を低下させ、肌の状態が悪化するので逆効果となる。

重要なポイントは、ボディソープをよく泡立てることと、肌に刺激が少ない道具で洗うことだ。ボディソープの泡立てには、キメの細かい泡が簡単に作れる泡立てネットを使うのがおすすめである。洗う道具はやわらかい素材のタオルやスポンジなどでもよいが、おすすめは自分の手だ。手を使い、ふわふわの泡を全身に乗せてやさしく洗えば、泡が汚れを吸着して充分キレイになる。。

汚れをしっかり落とす洗い方

基本的な体の洗い方は、上から下へ向かって洗うことだ。首から始まり、上半身、下半身、足の裏まで、全身を丁寧に洗っていこう。

重点的に洗わなければならない場所が、皮脂や汗の分泌が多い背中や胸、脇、下腹部などだ。皮脂や汗の汚れが落とせていないと、体ニキビや体臭などにつながる可能性もあるので、ここはしっかり洗いたい。とくに背中は手が届きにくくて洗い残しが発生しやすいので、やわらかい素材のタオルや柄がついたブラシを使うなど、工夫して汚れを落とそう。

4. 体の洗い方で体臭を消すポイントは?

多くの方が気にしている体臭。体臭を少しでも消したくて、体を念入りに洗っている方も多いが、体の洗い過ぎが逆に体臭を強くしている可能性もある。

皮膚の表面には常在菌が存在しているが、洗い過ぎると常在菌のバランスが崩れ、肌を健やかに保つ善玉菌が減少し、肌トラブルを引き起こす悪玉菌が増殖する。また、洗い過ぎで肌が乾燥すると、肌を潤そうと皮脂を過剰に分泌する。悪玉菌が皮脂や汗を分解することでイヤなニオイを発し、その結果、体臭になるのだ。体臭を防ぐには、洗い過ぎは禁物なのである。

結論

子どものころからの習慣で、洗い方や順番などを深く考えないまま体を洗っている方も多いだろう。しかし、体ニキビや体臭を防ぐには、正しい洗い方で体を洗うことが重要である。この記事を参考に、正しい体の洗い方を実践し、肌の状態を整えよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ