このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
反射神経テストとは?テストのやり方と反射神経を上げる方法も解説

反射神経テストとは?テストのやり方と反射神経を上げる方法も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月23日

子どものころに、落ちてくるを定規をつかむ遊びしたことはないだろうか。これは「反射神経テスト」の一つであり、目の前の出来事に対するあなたの反射能力を調べるためのテストである。反射神経は誰にでも備わっているものだが、年齢を重ねるとともに次第に衰えてしまう。今回は反射神経の基本説明と、反射神経を高める方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 反射神経とは

反射神経について説明する前に、まず反射とは何かを説明しておこう。反射とは簡単にいえば、ある出来事に対して無意識のうちに行動を起こすことをいう。たとえば、熱いストーブに手が当たったら、無意識のうちに手を引っ込めるはずだ。このように脳で情報を処理するのではなく、脊髄で処理する反応のことを医学上は「反射(脊髄反射)」と呼んでいる。

では、反射神経とは何だろうか。これは医学上の言葉ではなく、「反射」から連想された一般的な言葉である。反射神経が優れているといえば、一般的には落ちそうになったものをキャッチしたり、飛んできたものを避けたりする能力が高いことをいう。このように迅速に情報を理解し、行動を起こすという一連の動作のことを「反射神経」と呼んでいる。

しかし、反射神経は若いときには優れているのだが、年齢を重ねると徐々に衰え始める。この理由には、「目が追いつかない」「情報を素早く認識できない」「身体が動かない」など、さまざまなことが関係している。人間の神経には感覚神経と運動神経があるのだが、これらが弱ってしまうため必要な反応ができなくなってしまうのだ。

2. 反射神経は「反射神経テスト」で調べられる

自分の反射神経を調べたいなら、反射神経テストを試してみるとよい。反射神経テストとは特定の出来事に対して、どれだけ素早く反応できるかを調べるテストだ。基本的には反応スピードが速い(=短い時間で反応できている)ほど反射神経が優れているといえる。

なお、人間の平均的な反射神経は0.20秒~0.25秒程度といわれている。しかし、これはあくまで参考でしかないので、実際にテストを行う際は自分のテスト結果を見て、早くなっているか、遅くなっているかを比較するのがよいだろう。

3. すぐにできる反射神経テスト

実際に反射神経テストを試すにはどうしたらいいのだろうか。ここでは簡単に取り組める反射神経テストとして「その場で試す方法」と「アプリで試す方法」の2種類を紹介しよう。

その場で試す方法

家族や友人など、誰かしら協力者がいたら「定規落とし」がおすすめだ。学校の理科の授業でやったことがある方も多い、メジャーな反射神経テストである。準備するものは30cmの定規だけでよく、やり方は以下のとおりだ。
  • 協力者は定規の上端をもってぶら下げておく
  • 被験者は下端0cmのところに構える
  • 準備ができたら、協力者は任意のタイミングで定規を落とす
  • 被験者は協力者が離したのを見て素早く定規をつかむ
  • 同様のテストを5回繰り返して、平均値を出す
本来であれば自由運動落下の公式(t=√2h/g)に従って落下距離から反応時間を算出する必要があるのだが、今回の簡単なテストでは単純につかめた距離の平均値を出すだけでよい。

もし目安が知りたいなら、5cmであれば0.10秒、10cmであれば0.14秒、15cmであれば0.17秒、20cmであれば0.20秒、25cmであれば0.23秒になるので参考にしてほしい。

アプリで試す方法

より簡単に反射神経テストを試したいなら、インターネット上のフリーゲームやスマートフォンのアプリなどで試してみるとよい。ゲームによってルールは異なるが、ある特定の変化に対してクリック(タップ)するものが多い。サイトやアプリのルールをよく確認してから、取り組んでみるといいだろう。

4. 反射神経を鍛える方法

反射神経はさまざまなシーンで鍛えることができる。普段の生活でも取り組める簡単なものを3つ紹介するので、興味があるトレーニング方法から試してみてほしい。

その1.乗り物の中から外の景色を見る

普段何気なく乗っている電車やバスの中から、外の景色を見るというものだ。窓から見える人の姿や車のナンバープレート、看板の文字などを見るだけで、動体視力は高まり反射神経を鍛えることができる。なお、自分で車を運転したり、歩いたりしているときには注意散漫になってしまうので、危険防止のため、やらないように気を付けてほしい。

その2.反射神経テストのアプリで遊ぶ

手もとにパソコンやスマートフォンなどがあれば、日ごろから反射神経テストに取り組むのもいいだろう。最初は遅くても、慣れることで徐々に反射スピードは速くなる。ゲームの種類も豊富なので、自分が好きなものを見つけると、楽しみながら反射神経を鍛えることができるだろう。

その3.対人スポーツを始める

相手がいるスポーツに取り組むのもおすすめだ。たとえば、テニスや卓球など、相手からボールが飛んでくるスポーツに取り組めば、反射神経を鍛えることができる。ジョギングや筋力トレーニングなどは相手からのリアクションがないので、できれば相手に合わせた行動が必要になる対人スポーツに取り組むほうがよい。

結論

反射神経テストとは、自分の反射神経を調べるためのテストであり、定規落としやアプリなどで簡単に試すことができる。もしその結果に満足しなくて反射神経を鍛えたいと思ったら、反射神経を鍛えるためのトレーニングに取り組むのもよいだろう。反射神経は年齢を重ねるとともに衰えていくが、トレーニングによって衰えを回避できるかもしれない。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ