このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピローミストの使い方や効果とは?安眠したい男性にもおすすめ!

ピローミストの使い方や効果とは?安眠したい男性にもおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月24日

アロマの効果で安眠やリラックスを促すピローミスト。女性が使うアイテムという印象をお持ちかもしれないが、じつはピローミストを使う男性も増えているという。そこで今回は、男性にもおすすめのピローミストの使い方や効果、人気の香りについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「ピローミスト」とは?安眠効果もチェック

ピローミストとは、「香り」の効果で良質な睡眠を助けるアロマミストだ。寝る前に枕などの寝具や寝室内の空間にスプレーして使う。安眠やリラックス効果のある香りが主なので、疲れた日やぐっすり眠りたい日に使うとよい。

本格的にアロマを楽しむにはキャンドルやディフューザーが必要だが、ピローミストは香らせたい場所にスプレーするだけと手軽で、火を使う危険もない。疲れて帰宅したときでも準備不要で使えるため、多忙な男性でも使いやすい。

また、コンパクトで携帯もしやすく、仕事中のリフレッシュや香水代わりに衣服にスプレーしたり、旅行先に持って行ったりとさまざまな使い方ができる。男性用のギフトとしても人気だ。

2. ピローミストは人気のラベンダーなど香りもさまざま

嗅覚が香りを感じ取ると、自律神経やホルモンバランスを司る視床下部が反応する。鎮静効果のある香りを嗅げば心身をリラックスさせる副交感神経が優位になり、安眠効果を得られるのだ。以下で、安眠やリラックス効果の高いピローミストの人気の香りを紹介する。

ラベンダー

副交感神経の働きを高め、リラックスした状態をもたらす代表的な精油だ。鎮静・鎮痛作用があり、ストレスや緊張で高ぶった脳を落ち着かせてくれる。不眠治療に使われることもある。

オレンジスイート

さわやかなオレンジの香りは、心身をリフレッシュして気分を明るくしたり、肩の力を抜きたいときに向いている。

マンダリン

マンダリンにも鎮静作用や気分を前向きにする作用がある。オレンジより甘い香りが特徴で、お子さんや甘い香りが好きな男性にもおすすめ。

ローマンカモミール

青リンゴのような香りで気持ちを穏やかにし、安眠・リラックスをもたらすほか、消化器系の不調を整える働きがある。

3. ピローミストの選び方は?男性におすすめのタイプも紹介

実際にピローミストを買うときには、選び方のポイントがある。男性におすすめの香りとあわせて紹介しよう。

ピローミストの選び方

まずは「好きな香りを選ぶ」ことが最も大切だ。嗅覚は脳を直接刺激するため、効果だけを求めて好みではない香りを選んでしまうと、逆に不快な感情が湧く危険もある。嗅いで「心地よい」と思える香りであることを優先して選ぼう。

また枕に吹きかける場合は、粗悪品を選ぶと肌荒れしてしまうこともある。初めて購入する場合は、口コミを調べたり、よく知られたメーカーの商品を選ぶほうが安全だろう。

男性におすすめのピローミスト

ピローミストは、先に紹介したような香りをメインにいくつかの香りがブレンドされて作られている。男性に好まれるのは、オレンジ・レモン・グレープフルーツなどさわやかな柑橘系の香りや、ユーカリやヒノキなどの樹木系の香りだ。これらが配合されているピローミストであれば、男性でも使いやすいといえる。逆に、ローズなどのフローラル系は女性には好まれるが男性は苦手とする傾向がある。

4. ピローミストの作り方は意外と簡単

最後に、お気に入りの精油を使ってピローミストを手作りする方法も紹介しておこう。

用意するもの

  • 好きな精油(1~4種類ほど)
  • 精製水 40ml
  • 無水エタノール 10ml
  • スプレー容器(できれば遮光性)
  • ビーカーとガラス棒

ピローミストの作り方手順

  • 無水エタノールをビーカーに入れる
  • お好みの量の精油を加え、ガラス棒で混ぜる
  • 精製水を加え、混ぜる
  • スプレー容器に移し替えたら完成
精油の量は、5~20滴ほどの範囲で好きに調整すればよい。プラスチックは高濃度のエタノールで溶ける危険があるため、ビーカーとガラス製のスプーンなどを用いるほうが安全である。使用期限は2週間ほどが目安だ。

天然の精油を使うのがポイント

アロマオイルには、100%植物から抽出した天然の精油(エッセンシャルオイル)以外に、香料をアルコールで希釈しただけのものもある。100均などのアロマオイルが代表的だ。それらは単に香りを楽しむアイテムであり、天然の植物の香りが持つ効果・効能は得られないので注意しよう。

天然の精油であれば、多くの場合パッケージに植物の学名や、抽出部位、抽出方法が明記されている。また、ある程度の値段もする。

結論

ピローミストの使い方は、寝る前に寝具にひと拭きするだけと簡単だ。「アロマテラピーに興味はあるが面倒くさい」という男性にこそ試してほしいアイテムである。忙しい毎日に、アロマの効果で癒される時間を味わってみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ