このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
重曹で虫歯対策ができるって本当!?歯周病予防やホワイトニング効果も

重曹で虫歯対策ができるって本当!?歯周病予防やホワイトニング効果も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月27日

虫歯の予防や初期虫歯の治療に「重曹」が有効だとご存知だろうか?掃除や料理に活躍する重曹だが、重曹うがいや重曹歯磨きといった方法により、虫歯だけでなく口臭や歯周病の予防にもなるという。今回は、重曹で虫歯が治るといわれる理由や、オーラルケアに使うメリットについて解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 虫歯の予防・治すためにはフッ素より「重曹」が効果的?

虫歯の原因となる口内細菌は、「酸性」の環境で繁殖しやすくなる。私たちの口の中は食事をすると酸性に傾くため、虫歯になりやすい状態になる。しかし重曹は「アルカリ性」の性質を持っているため、食後の口の中を中和し菌の繁殖を抑え、虫歯を予防する効果があるのだ。

唾液もアルカリ性であるため、重曹は唾液と同じような働きをすると考えられている。歯の再石灰化を促し虫歯を予防するほか、初期虫歯を治す効果も報告されているのだ。虫歯を予防する代表的な成分である「フッ素」より安全性や効果が高いという意見もある。

しかし、重曹が虫歯を治すという治験データはまだ存在しないため、その効果を疑問視する専門家もいる。重曹は歯垢の表面をなぞるだけで、細菌本体には届かないともいわれており、効果を感じられるかには個人差も大きいようだ。

2. 虫歯予防以外に「重曹」で期待できる効果とは?

虫歯のほかに、デンタルケアにおいて重曹に期待できる効果を紹介しよう。

歯周病・口臭の予防

口の中をアルカリ性に傾け口内細菌の繁殖を抑える重曹は、歯周病や口臭を予防する。

歯石を取れやすくする

重曹の粒子が、歯石と歯の間に入り込み、歯石を剥がれやすくすることも報告されている。

歯のホワイトニング

重曹には研磨効果や、タンパク質を分解する働きがあるため、歯の着色汚れを削り落とし歯を白くする効果も期待できる。

3. 虫歯に試したい「重曹うがい」の方法

重曹を虫歯予防に使うおすすめの方法は、「重曹うがい(重曹マウスウォッシュ)」である。重曹うがいとは、重曹を少量溶かした水で口を30秒ほどブクブクとゆすぐ方法で、食後なるべく早く行うことで細菌の繁殖を抑えることができる。喉の奥でうがいをするのではなく、マウスウォッシュのように口を洗うのが正しいやり方だ。

重曹をハミガキ粉の代わりにして歯を磨く「重曹歯磨き」という方法もある。しかし研磨作用の強い重曹で歯を磨くと、歯のエナメル質が削れてしまう、知覚過敏を引き起こすなどのリスクがあるという。もし重曹で歯磨きをする場合は、毎日は磨かない、力を加減するなどの注意が必要である。

4. 虫歯に使いたい「重曹うがい水」の作り方

重曹うがい水には、歯科医などが推奨する正しい作り方があるのでこちらも紹介する。

重曹うがい水の作り方

  • ペットボトルに水を500ml入れる
  • 食用の重曹を小さじ半分ほど(2~3g)溶かす
  • よくふって混ぜれば完成
重曹うがいは食後や歯磨き前後などに、1日3回ほどを目安に行おう。水に溶かす重曹の量が多すぎると、口の粘膜を刺激する危険があるので500mlに2~3gという割合を守るようにしてほしい。なお、重曹うがい水を作り置きしたい場合は、ミネラルウォーターではなく、消毒されている水道水を使うのが安全である。

結論

重曹による虫歯予防効果は医学的には証明されていないが、実際に歯や歯ぐきの健康のために重曹の使用をすすめている歯科医師もいる。食用の重曹は基本的に人体に害はないため、気軽に試してみるのもいいだろう。その際は、重曹水で口をゆすぐ「重曹うがい」という方法がおすすめである。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ