このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男の【内臓脂肪】の落とし方。運動と食事でお腹を凹ませよう

男の【内臓脂肪】の落とし方。運動と食事でお腹を凹ませよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

お腹周りがぽっこりと太る原因である「内臓脂肪」。一般的に男性につきやすく、とくに30代・40代は内臓脂肪が気になり出す年代だ。しかし内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落とすのが簡単というメリットもある。そこで、男性の内臓脂肪が増える理由と正しい落とし方を知って、スリムな体型維持に役立てよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性の「内臓脂肪」は30代・40代と増加する?

内臓脂肪とは内臓の周囲につく脂肪のことだ。男性に多い体型で、お腹が膨れた「リンゴ型肥満」の原因である。痩せていてもお腹だけがぽっこりしている「隠れ肥満」にも、実は男性が多い。

30代・40代はなぜ内臓脂肪が増える?

30代・40代は若い頃に比べて基礎代謝が落ちてくるため、同じ生活をしていても自然と脂肪が蓄積されやすくなる。そこに運動不足や片寄った食生活が重なると、それまでスリムだった男性でも急に内臓脂肪が増えることがあるのだ。

内臓脂肪は皮下脂肪より落としやすい

皮下脂肪は女性につきやすく、お腹、お尻、太ももなど下半身を中心に増え、女性に多い「洋ナシ型肥満」を引き起こす。皮下脂肪は一度ついてしまうと落とすのに時間がかかるのが特徴だ。

対して内臓脂肪は、運動などでエネルギーが必要なときに皮下脂肪より先に燃やされるため「つきやすいが落としやすい」という特徴がある。

内臓脂肪が引き起こす病気

内臓脂肪が増えると、中性脂肪やコレステロール値が上昇し、脂質異常、高血圧など生活習慣病のリスクが高まる。糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞などに発展する危険も大きいため、男性はとくに気を付けなくてはならない。

2. 「内臓脂肪の平均値」はいくつ?

内臓脂肪を測る方法はいくつかあるが、簡単なのは内臓脂肪レベルを測定できる「体組成計」を使うことだ。内臓脂肪レベルの平均値は「レベル1~9.5」であり、「レベル10」以上は高い、「レベル15」以上は過剰とされている。内臓脂肪や体脂肪の正確な数値を出すためには、毎日決まった時間に計り平均値を算出する方法がよい。

体組成計がなくても、BMI=「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」から肥満度を測ることが可能だ。日本ではBMI 22で標準体型、25以上を肥満と定めている。また、男性は一般的に腹囲が85cmを超えると内臓脂肪過多と診断される。

このような数値が高ければ、たとえ見た目が痩せていても隠れ肥満となり、健康リスクも高くなる。

3. 内臓脂肪がある男性に有効なのが「筋トレなどの運動」

内臓脂肪を落とすには、まず運動からのアプローチが有効だ。男性におすすめの運動を、「しっかり」「軽め」にわけて紹介しよう。

内臓脂肪を落とすにはしっかり筋トレ

脂肪の燃焼には有酸素運動というイメージがあるが、もともと筋肉量の多い男性には筋トレも効果的である。筋肉量を増やせば基礎代謝が上がり、燃焼効率のよい身体が手に入るメリットもある。

大きな筋肉が集まる下半身を鍛える「スクワット」「ランジ」といった筋トレを毎日15~20分ほど続けてみよう。遠からず内臓脂肪に影響が出てくるはずだ。

通勤中もOKな軽い運動で内臓脂肪を溜めにくい体質に

運動が苦手な人であれば、通勤時間などを活用し「痩せ体質」を目指す方法がよい。カバンを小脇に抱えてダンベル代わりに上げ下げしたり、吊革につかまって爪先立ちし体幹を鍛えたりと、日常のちょっとした動作を筋トレに変えてしまおう。

普段から筋肉を使ってキビキビ動作するだけでも、長いスパンで続ければ身体に変化があらわれるので根気よく取り組んでみよう。

4. 内臓脂肪を落としたい男性向けの「食事」も紹介

内臓脂肪を落とすなら、脂肪がつきにくい食事の摂り方をすることも大切である。

洋食よりも和食を選ぶ

洋食はカロリーや脂肪分が高いメニューが多いため、脂が少なく健康的な和食をチョイスする習慣をつけよう。量を減らせなくても、和食の割合を増やすだけでよい効果がある。

魚を積極的に食べる

魚には良質なタンパク質とともに、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすオメガ3が豊富に含まれている。とくにサバ・イワシ・アジなどの青魚がおすすめだ。普段から意識して、肉よりも魚を食べるとよいだろう。

最初にサラダやスープを食べる

最初にサラダやスープなどをお腹に入れることで、主食の量を減らすことができ、血糖値の上昇も防げる。腹持ちのよい食物繊維を含む野菜、豆類、海藻などの食材を先に食べるとよい。

結論

内臓脂肪は男性につきやすいが、皮下脂肪より落としやすいという特性がある。お腹がぽっこり出ている内臓脂肪型(リンゴ型)肥満の男性は、できる範囲で運動・食事に気を使えばお腹を凹ますことも難しくはないのだ。これから少しずつでも、生活習慣の改善に取り組んでみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ