このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
表情筋を鍛える男性はモテる!?素敵な笑顔を手に入れる顔トレ5選

表情筋を鍛える男性はモテる!?素敵な笑顔を手に入れる顔トレ5選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月14日

筋肉のある男性はモテる。そんなイメージから、身体の筋トレばかりを行ってはいないだろうか。しかし、いくら男らしい身体に鍛え上げても、表情筋が衰えていては周囲によい印象を与えることができないのである。モテる男性になるためには、表情筋を鍛えて、顔の印象もよくすることが必要だ。そこで今回は、表情筋を鍛えるおすすめのトレーニング方法を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 表情筋はどんな筋肉?

表情筋とはその名の通り、さまざまな表情を作る時に動かす顔の筋肉のことだ。一口に表情筋といっても、その数は何と30種類以上あり、額や目元、口元など、どの部分に位置するかで呼び名が異なる。中でも主要な表情筋といわれているのが、以下の筋肉だ。

前頭筋(ぜんとうきん)

前頭筋はおでこにある表情筋で、眉を上げ下げする際に動くことが特徴だ。前頭筋が衰えると、おでこに横ジワが入るため、老けた印象を与えたり、怒っているように見えたりしやすい。

眼輪筋(がんりんきん)

眼輪筋は目の周りを囲んでいる表情筋だ。目を閉じたり開いたりする時に使われるほか、涙嚢を動かして涙を溜めておく役割も果たしている。そのため、眼輪筋が衰えると、目元のシワやたるみだけではなく、ドライアイなどのトラブルを誘発してしまう可能性も高くなる。

頬筋(きょうきん)

頬筋は食べ物が口からこぼれるのを防いだり、口角を上げたりする時に動かす表情筋だ。丸顔の人は頬筋が衰えやすく、年齢を重ねるとブルドッグのようなたるみ顔になりやすい。

口輪筋(こうりんきん)

口輪筋は口元の表情を作ったり、発音したりする時に動かす筋肉を指す。この筋肉は衰えると口呼吸になることが増えるため、筋力が低下しないように注意することが必要だ。口輪筋が衰えて口が開きっぱなしになると、歯周病や虫歯、口臭などのリスクも高くなる。

頤筋(おとがいきん)

唇の下に力を入れると、あごの部分に梅干しのようなシワができる。このシワができる部分の筋肉は頤筋と呼ばれ、顔のラインをすっきり引き締める働きがある。一方で、衰えてしまうと二重あごの原因ともなるため、注意しなくてはならない。

2. 表情筋を鍛えると男性はどんなメリットが得られる?

印象のよい自然な笑顔になれる

今まで笑顔をつくるのが苦手だった男性でも、表情筋を鍛えることで口角が自然と上がるようになり、元気で明るい笑顔に変身することができる。こわばったりひきつったりしていない自然な笑顔は、取引先の相手はもちろん、異性にも好印象を与えられるはずだ。ビジネスマンにとってはかなり嬉しいメリットといえるだろう。

顔が若々しくなる

シワやたるみが改善されて顔が若々しく見えるようになることも、表情筋を鍛えるメリットといえる。前述でも触れた通り、各パーツの表情筋が衰えると、シワやたるみが出てしまうため、実年齢よりも老けて見られやすくなる。とくに皮膚が薄い眼輪筋や口輪筋付近はその傾向が現れやすいため、常日頃から表情筋を鍛えることが必要だ。

むくみ改善や小顔効果が期待できる

身体を動かすと血液の循環がよくなるのと同じで、表情筋も鍛えることで顔周りの血行が改善される。そのため、むくみやすい男性が表情筋を鍛えると、フェイスラインがすっきりとして小顔に見せることができる。

3. 男性におすすめ!表情筋を鍛えるトレーニング5選

表情筋を鍛えるトレーニング1.まばたき運動

キリッとした目元を手に入れたい男性は、眼輪筋のトレーニングに効果的な「まばたき運動」を試してみてほしい。その名の通り、まばたきをするだけの運動だが、目を開く時は大きく、閉じる時はゆっくりとまぶたを落としていくことがポイントだ。両目で同時に行ってもOKだが、慣れてきたら左右交互に行ってみるのもおすすめ。眉毛を上げるイメージでオーバーに目を開閉していこう。

表情筋を鍛えるトレーニング2.舌回し体操

二重あごが気になる、小顔になりたい。そんな男性には「舌回し体操」がおすすめだ。このトレーニングは口を閉じ、舌で歯茎をゆっくりとなぞっていく運動で、口周りの表情筋にかなり効果がある。最初は時計周り・反時計周りでそれぞれ10周ずつ行っていこう。これだけでもかなり口周りの筋肉が疲れてくるはずだ。慣れてきたらぜひ回数を増やして挑戦してみてほしい。

表情筋を鍛えるトレーニング3.あいうえお体操

顔全体のたるみが気になってきた男性には「あいうえお体操」をおすすめしたい。やり方は簡単、大きく口を開けながら「あ・い・う・え・お」と発音するだけだ。口輪筋や頬筋はもちろん、顔全体の表情筋を刺激することができる。ポイントは、ゆっくりと丁寧に発音することだ。各表情で5~10秒ほどキープすると、より表情筋に刺激が加わる。いつでもどこでもできる顔のトレーニングなので、時間がある時はぜひ実践してほしい。

表情筋を鍛えるトレーニング4.口すぼめ運動

二重あごを解消したい男性は、「口すぼめ運動」を取り入れて頤筋を刺激していこう。トレーニング方法は顔を少し上に向けて口をすぼめるだけ。上下の唇を目一杯前に付き出そう。あごから首にかけての筋肉が刺激されているのが分かるはずだ。口をすぼめたら、その状態を5秒ほどキープして、ゆっくりと元の状態に戻していこう。

表情筋を鍛えるトレーニング5.舌出し運動

二重あごの解消にもう1つおすすめしたいのが、舌を上下に動かす「舌出し運動」だ。舌を思いっきり突き出して、鼻の先やあごに付けるイメージで伸ばしていこう。ただし、このトレーニングを行う時は人に見られないように注意することが必要だ。トイレやお風呂の中など、人目に付かない場所でこっそりと行おう。

4. 表情筋を鍛える時はマッサージもプラスしてみよう

表情筋の中には、目や口を動かすだけではなかなか鍛えることができない部分もある。そこでおすすめしたいのが、表情筋のトレーニングにマッサージを加えてみることだ。とくにおでこやフェイスライン沿いにある表情筋を鍛えたい時はマッサージがぴったりといえる。

表情筋のマッサージ方法はさまざまだが、簡単なやり方としては、指の腹でおでこやフェイスライン沿いをくるくると小さく動かしていくのがおすすめだ。摩擦が気になる場合は、クリームやオイルを使って行うといいだろう。また、マッサージを行う際は、内側から外側に向かって指を動かしていくことがポイントだ。凝りをしっかりほぐしたら、最後はリンパに向かって流していこう。

結論

明るく好印象な笑顔が自然とできるようになったり、シワやたるみを改善して若々しい表情を保つことができたりと、表情筋を鍛えることは男性にとって嬉しいメリットだらけだ。身体の筋トレもよいが、表情筋のトレーニングも一緒に行うと、より魅力的な男性に変身できるだろう。表情筋のトレーニングは道具を使わずどこでも行うことが可能なので、早速今日から始めてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >