このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
平熱を上げる方法とは?体温の仕組みや基礎代謝との関係を解説!

平熱を上げる方法とは?体温の仕組みや基礎代謝との関係を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 1日

体温は自分の健康状態を表す基本的な指標であり、誰でも一度くらいは体温を測ったことがあるはずだ。そんな身近なものでありながら、一般的な平熱は何度くらいなのか、どうすれば平熱を上げることができるのかなど、体温に関して知らないことが多いのも事実だ。そこで今回は体温の基本からはじまり、平熱を上げるための方法などについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヒトの体温の仕組み

まずは人間の体温の仕組みについて解説しておこう。そもそも動物は、環境に応じて体温を変化させる「変温動物」と、体温を維持する「恒温動物」に分類できる。このうち人間は後者の恒温動物であり、病気などを除けば一年中いつの季節でもだいたい同じ体温をしている。そんな人間の体温の平均は一般的に、36.9度前後(36.6~37.2度程度)のようだ。

しかし、平熱は約37.0度ではあるが、体温は1日のうちにも上下している。一番低いのは睡眠中であり、目覚めとともに体温が上がり始めて夕方頃に1日の体温のピークを迎える。ただし、病気などがなければ1日の体温の変化は1度以内におさまるのが通常だ。したがって、1日の体温は変化しているが、一般的には37.0度程度の体温をキープしているのだ。

それではなぜ人間の平熱は約37.0度なのだろうか。この理由は明確にはわかっていないが、人間の代謝は体温が上がると活発になるため、効率的な代謝が可能な37.0度程度を維持しているのだろうと考えられている。なお、42.0度を超えると体内にある酵素の活動に障害をきたす。そのため、少しの発熱くらいなら耐えられるように、平熱は約37.0度になっているのだといわれている。

2. 「体温が低い」は何度から?

「体温が低い」という認識は個々人によって異なるが、一般的な「体温が低い」は、36.0度を下回っている、普段の平熱よりも低いといった状態を指すことが多い。しかし、医学的にいう「低体温症」とは、身体の中心部分が35.0度以下の状態を指す。低体温症が起こる理由は、事故や不慮の事態による偶発性低体温症と、治療などのために意図的に体温を下げる誘発性低体温症がある。

低体温症が起こると、初期症状としては体温を上げようと身体の激しいふるえが見られる。また、動作のぎこちなさ、反応時間の遅れ、思考力・判断力の低下なども現れるようだ。さらにこれ以上体温が下がると、ふるえが止まってしまい命に関わるケースも増える。低体温症の主な原因には、お酒と睡眠薬を一緒に飲んでそのまま寝てしまうなどがあるので、普段の生活でも十分注意すべきだろう。

3. 平熱を上げたほうがいい理由とは?

平熱を上げたほうがいい理由に関しては一般的にはさまざまなことがいわれているが、一つは先述のとおり代謝の機能が高まるからだ。事実、体温が1度上がれば基礎代謝量が約13%上昇するとされている。もちろん基礎代謝には年齢、性別、体格などの要因も関係するため一概にはいい切れないが、一般論としては「体温が高ければ基礎代謝は大きい」といえる。

基礎代謝量を増やすメリットは、安静時のエネルギー代謝量が増えるため、何もしない状態でもダイエット効果が期待しやすくなることだ。基礎代謝量は加齢とともに低下するため、人間は年齢を重ねるごとに痩せにくくなる。しかし、平熱を上げたり、筋肉をつけたりして基礎代謝を高めることで、太りにくい身体を手に入れ、体型をキープできるようになるのだ。

4. 平熱を上げるためのポイントとは

「平熱を上げたほうがいい」という場合、注意したいのは「低体温を改善したいのか」、それとも「冷えを改善したいのか」ということだ。医学的にいう低体温症は先述のとおりだが、冷え性には必ずしも体温の低下は見られない。体温は36.0度台なのに手足が冷たいといった場合には平熱を上げるのではなく、冷え性対策を行うようにしたほうがいいかもしれない。

平熱を上げる方法

人間は無意識的に体温を調節しているのだが、意識的に体温を調節することも可能である。たとえば、日光にあたる、ご飯を食べる、運動をする、お風呂に入るなどがそうだ。とくに、体温を効率よく上げるのなら、運動や入浴がいいといわれている。もし意識的に平熱を上げたいのなら、これらの身体を温める行動を普段から行うようにするといいだろう。

平熱を下げない方法

平熱を上げるためには、意識して平熱を下げない行動をとることも重要になる。平熱を下げてしまう要因には、クーラーにあたる、薄着で過ごす、冷たい飲み物を飲む、水を浴びるなどがある。先ほど紹介した「平熱を上げる方法」とは逆の行動が体温を下げてしまうことになるため、普段の生活でも気を付けるほうがいいだろう。

結論

一般的な人の平熱は37.0度くらいなので、もしそれよりも低いなら平熱を上げる方法を試してみるのもいいだろう。しかし、そもそも平熱は人によって異なるものだ。必ずしも低いから問題があるとはいえないので、もし平熱を下げてしまう行動をしているのなら、それらの行動を控えるなどの注意をするくらいでもいいかもしれない。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ