このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
朝食で上手にタンパク質を摂るには?忙しい朝でもできる方法を紹介

朝食で上手にタンパク質を摂るには?忙しい朝でもできる方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月 5日

タンパク質は、筋肉や皮膚などの材料になったり、身体のホルモンバランスを調整したりする重要な役割を担っている。そのため、毎日タンパク質をしっかりと摂る必要がある。しかし、朝食は食べる量が少なくなりがちで、あまりタンパク質を摂ることができない方も多いのではないだろうか。ここでは、朝食で上手にタンパク質を摂るコツを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 朝食に摂りたいタンパク質の量は20グラム以上

一日に必要なタンパク質の摂取量は、摂取エネルギーの13~20%程度が理想とされている。成人男性(18歳以上)の場合、1日の推定平均必要量は50グラムで、推奨量は60グラムである。つまり、1日3食を食べるなら、朝食では20グラムのタンパク質を摂るといい。

なぜ、3食で同じくらいのタンパク質を摂ったほうがいいのだろうか。その理由は、朝・昼・夕それぞれのご飯で同じくらいのタンパク質を摂ったほうが、効率よく筋肉の合成ができるからだ。1日の推奨量は60グラムではあるものの、どれか1食で摂っても効率のよい筋肉の合成はできない。そのため、朝もしっかりとタンパク質を摂る必要がある。

また、タンパク質にはトリプトファンというアミノ酸が含まれており、ストレスの軽減や集中力のアップなどが期待できる。朝のうちにトリプトファンが増えていれば、一日の仕事などの成果も上がる可能性があるのだ。こうした理由からも、朝に摂るタンパク質の必要性は高いといえるだろう。

2. 家で朝食を摂るなら豆腐や納豆などの大豆製品を

家での朝食が和食なら、大豆製品をメニューに加えることをおすすめする。たとえば、ご飯1杯分(300グラム)には約7.5グラムのタンパク質が含まれているのだが、そこに豆腐や納豆を加えてみよう。豆腐半丁には約9.9グラムのタンパク質が、納豆1パックには約12.4グラムのタンパク質が含まれている。つまり、大豆製品を加えるだけでタンパク質が20グラム程度摂れるようになる。

また、洋食を食べるなら、ベーコンやウインナーなどの加工食品や、チーズやヨーグルトなどの乳製品、卵などを食べるといい。ベーコンやウインナーには100グラムあたり約13グラムのタンパク質が含まれており、卵1個には約8.6グラムのタンパク質が含まれている。朝食に1品加えるだけでも摂取できるタンパク質の量が増えるので、パンにどれか1つでも加えてみるといいだろう。

3. コンビニで朝食を買うなら乳製品も一緒に

昨今は、朝食をコンビニで済ませるという人も多いだろう。コンビニにはさまざまな商品が売られているが、効率よくタンパク質を摂るのであればサラダチキンやゆで卵、豆乳、牛乳、ヨーグルトなどがおすすめだ。これらは手軽に食べることができるうえ、タンパク質が豊富なので、1品加えるだけでも十分朝食に必要なだけの量を補うことができる。

とくにサラダチキンの場合は、1袋あたり20グラム前後のタンパク質が含まれているため、1個食べれば朝食分のタンパク質を補うことが可能だ。また、無調整豆乳1本(200グラム)には約8.3グラム、牛乳1本(200グラム)には6.6グラムのタンパク質が含まれている。もしおにぎり1個、パン1個だけで済ませているなら、これらの食品を加えるといいだろう。

4. カフェで朝食を摂るなら卵などもおすすめ

朝早めに家を出て、朝食をカフェで食べる人もいるだろう。そのときには、トーストとサラダ、コーヒーに加えて、卵やベーコン、ヨーグルトなどを食べるほうがよい。トースト(6枚切1枚)には約5.6グラム、サラダには約1.5グラム、ブラックコーヒーには約0.4グラムのタンパク質が含まれている。20グラムに近づけるために、残りの約12グラムをほかの食品で補うようにしたい。

ゆで卵(1個)であれば約8.6グラム、ベーコン(2枚/35グラム)であれば約5グラム、ヨーグルト(160グラム)であれば約6.9グラムのタンパク質を補うことが可能だ。目標の20グラムにはやや届かないが、それでも食べない場合に比べてタンパク質を補うことができる。足りない分は昼や夜に多めに摂ればいいので、朝にもタンパク質をできるだけ摂るように心がけよう。

5. 足りないタンパク質はプロテインで補ってもいい

ここまでは食品でタンパク質を補う方法を紹介したが、忙しくてどうしても朝食を食べる時間がない、朝はお腹が減らないから食べられないなどの事情がある人もいるだろう。その場合は、ゼリータイプのプロテインやバータイプのプロテインを利用するのもいい。これらの食品には、10グラム程度のプロテインが含まれているので、タンパク質の摂取量を増やすことが可能だ。

また、プロテインパウダーを溶かしたドリンクを飲むのもおすすめだ。タンパク質が含まれている量は商品ごとに異なるため、1回あたり20~30グラムになるように調整しながら飲むといい。なお、プロテインの摂りすぎは肝臓などへの負担が大きくなってしまうため、1度に大量の摂取は控えるほうがいいだろう。

結論

成人男性が必要なタンパク質の量は、1日あたり60グラム程度といわれているので、朝食は20グラムを目安にタンパク質を摂るようにしよう。なお、タンパク質が健康にいいからといって、摂りすぎるとエネルギー過多になり、肥満の原因にもなる。あくまでも推奨量を守るようにしながら食事をするほうがいいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ