このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レザースニーカーをビジネスシーンでも履きこなすためのコツを紹介

レザースニーカーをビジネスシーンでも履きこなすためのコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月12日

数年前からビジネスマンの間でレザースニーカーの人気が高まってきていることをご存知だろうか。動きやすい上にフォーマルなコーディネートのハズしともなるレザースニーカーだが、ビジネスシーンで上手く履きこなすためにはちょっとしたコツが必要だ。そこで今回は、レザーシューズを使ったビジネス向けコーデを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビジネスシーンにもぴったりなレザースニーカーの選び方

スニーカーの素材はキャンバスやエナメルなどさまざまな種類があるが、ビジネスシーンにおいてはレザー素材が最も適している。とはいえ、レザースニーカーの中にも、ビジネスシーンに合うものと合わないものがあるため、選ぶ際は各ポイントに注意することが必要だ。ここではまず、レザースニーカーを選ぶ際にどんなポイントに気を付けるべきか紹介していこう。

カットの形状

ビジネスシーンにおいてレザースニーカーを履く場合は、履き口の低いローカットタイプを選ぶのがおすすめだ。ミッドカットやハイカットはローカットよりも華やかな印象を与えることができるが、スーツと合わせると違和感のある仕上がりになってしまう。シンプルなローカットであれば、余計な主張をすることなく、足元をスマートにまとめることができる。

スニーカーの色

スーツに革靴を合わせる時と同じように、スニーカーも基本的にビジネスシーンで履く場合は落ち着いたベーシックカラーを選ぶのが鉄則だ。コーディネートのしやすさを重視するなら定番の黒、足元に華やかさをプラスしたい時はブラウン、スニーカーの存在感を出したい場合は白を選ぶといいだろう。また、ネイビーや深緑など、ちょっとした遊び心が出せる色を選ぶのもおすすめだ。明るい色や複数の色が使われているレザースニーカーは主張が強くなってしまうので、なるべく避けた方がいいだろう。

ホールド部分

レザーシューズを選ぶ際は、ホールド部分も忘れずチェックすることが必要だ。ホールド部分はレースアップタイプ・ファスナータイプ・スリッポンタイプの3種類あり、どのタイプを履くかによって印象が変わってくる。スーツをよりドレッシーに見せたい場合は、レースアップタイプが一番おすすめだ。シックなデザインの靴紐に変えれば、よりビジネスシーンにぴったりな着こなしができる。一方、普段のスタイルをカジュアルダウンさせたい方は、ファスナータイプやスリッポンタイプのレザースニーカーがおすすめだ。

2. レザースニーカーのビジネス向けコーデ(スーツ編)

黒スーツ×黒レザースニーカー

スーツとスニーカーの組み合わせに抵抗がある方は、オールブラックコーデでまとめることから始めてみるのがおすすめだ。革靴のように見せる黒のレザースニーカーを合わせれば、足元が浮く心配もなく、スマートにスーツを着こなすことができる。「オニツカタイガー」や「ヴァルニ」など、高級感のある上品なレザースニーカーを合わせると、よりドレッシーなスーツスタイルに仕上がる。

ネイビースーツ×白レザースニーカー

こなれた感じを出したい方には、ネイビーのスーツと白のレザースニーカーでスポーティーにまとめあげたコーディネートがおすすめだ。黒のレザースニーカーを合わせるよりも重たくならず、さわやかな足元を演出することができる。また、抜け感も丁度いいので、初心者が挑戦してもオシャレ上級者に見える。

青ストライプ柄シャツ×グレーパンツ×白レザースニーカー

クールビズに合わせてさわやかなスーツスタイルに仕上げたい方には、青のストライプシャツと白のレザースニーカーの組み合わせがおすすめだ。パンツは黒やネイビーよりもグレーを合わせることで、暑苦しくないコーディネートに仕上がる。また、さりげないオシャレを楽しみたい方は、シャツの色と同じ差し色が入った白のレザースニーカーをチョイスするのもアリだ。ただし、柄物はごちゃごちゃした印象になってしまうので、ワンポイントやラインで色が入っているものを選ぶのがおすすめだ。

コットンスーツ×レザースニーカー

遊び心を取り入れたオシャレなスーツスタイルに挑戦したい方は、カラーバリエーション豊かなコットンスーツとレザースニーカーを組み合わせたコーディネートがおすすめだ。ほかの素材のスーツに比べてカジュアル感が強いコットンスーツは、スニーカーとの相性も抜群。ブラウンやカーキなど、アースカラーの同系色でまとめると、今時っぽいビジネスコーデに仕上げることができる。

3. レザースニーカーのビジネス向けコーデ(オフィスカジュアル編)

テーラードジャケット×チノパンツ×黒レザースニーカー

オフィスカジュアルスタイルの王道ともいえるテーラードジャケットとチノパンツの組み合わせには、黒のレザースニーカーを合わせるのがおすすめだ。バンプが長いスニーカーを合わせることで革靴を履いているような落ち着いたコーディネートに仕上げることができる。中に淡い色合いのレギュラーカラーシャツと黒のネクタイを組み合わせれば、さらにビジネスシーンにぴったりな大人のジャケパンスタイルになること間違いなしだ。

グレージャケット×ジーンズ×ブラウンレザースニーカー

ジーンズはカジュアルな印象が強いため、スニーカーを合わせる際は注意が必要だ。レザー素材のスニーカーでも、革靴に近い見た目だとアンバランスな印象を与えてしまうので、ジーンズを履くときはなるべくさわやかな色合いのスニーカーを組み合わせてみるといいだろう。おすすめとしては、淡いブラウン系のレザースニーカーを合わせることだ。グレーのジャケットなどで上半身もライトな色合いにすると、全体的にさわやかなコーディネートに仕上げることができる。

ネイビージャケット×グレーパンツ×レザースニーカー

オフィスカジュアルでもなるべくフォーマルなスタイルに仕上げたい方は、ネイビージャケットとグレーのドレスパンツ、そしてレザースニーカーを合わせるのがおすすめだ。このコーディネートであれば、足元を白にしても黒にしても浮くことがない。そのため、レザースニーカーを変えるだけで毎回違う印象を与えることができる。ビジネススタイルにさりげないオシャレを取り入れたい方にもおすすめといえる。

4. レザースニーカーは日々のメンテナンスも怠らないことが大事

ビジネスシーンでレザースニーカーを履く場合は、日頃から靴の汚れに目を向けることが重要だ。泥汚れがついていたり、靴紐が黒ずんでいたりするレザースニーカーはスーツスタイルを台無しにしてしまうので、こまめにお手入れを行って清潔な状態をキープさせてほしい。

レザースニーカーのお手入れ方法

レザー素材は汚れがつきやすいため、ブラシを使って泥や砂などの汚れをこまめに落とすことが重要だ。もし汚れがひどくなった場合は、やわらかくて清潔な布に専用クリーナーを染みこませ、傷がつかないようにやさしくスニーカーの汚れを拭き取っていこう。なお、レザー素材は水に弱い性質があるので、水洗いは極力避けてほしい。毎日レザースニーカーで通勤している方は、最低でも週に1回は靴のお手入れを行おう。

結論

革靴よりも動きやすい上にお手入れが簡単、さらにリーズナブルな価格でさまざまな種類を揃えられるというだけあって、今後はレザースニーカーを愛用するビジネスマンがさらに増えていくことだろう。しかし、組み合わせ次第では格好悪い着こなしになってしまったり、違和感のあるコーディネートに仕上がってしまうこともあるので、レザースニーカーを合わせる際は注意が必要だ。ビジネスシーンにふさわしい着こなしができるように、まずは今回紹介したコーディネートからぜひ挑戦してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ