このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
目薬のさしすぎに注意!適切な回数やさし方を覚えて正しく使おう

目薬のさしすぎに注意!適切な回数やさし方を覚えて正しく使おう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月20日

目の乾燥やかゆみを感じた時にさす目薬は、スーッとして気持ちがいいものだ。しかし、その使い心地のよさから、1日に何回も目薬をさしたり、長期間に渡り目薬を乱用したりしてはいないだろうか。目薬のさしすぎは、副作用を引き起こす大きな要因だ。目のトラブルを避けるためにも、ぜひ適切な回数や正しい使い方を覚えてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 目薬のさしすぎはどれぐらいの回数?

1回に2度以上点眼するのはさしすぎ

目薬をさすときは1回につき1滴でOKなので、2滴以上の点眼はさしすぎといえる。目薬をさした際に目から液が溢れると、その分だけ効果が減ってしまうような気がしてしまうが、実際のところは目から大きく外さない限り問題はない。というのも、そもそも目薬は1滴でも目から溢れるくらいの量が出るように計算されて作られているからだ。そのため、目薬が溢れるのは当たり前のことであり、決して効果が減るわけではない。むしろ目の中に付着した汚れや細菌を洗い流してくれているので、少しぐらい溢れるぐらいが丁度いいともいえる。

また、1日に目薬をさす回数も、医師の指示がない限りは4~5回までに留めよう。何度も目薬をさしたところで、症状が改善するスピードは変わらない。逆に目薬のさしすぎは治りが遅くなる可能性を高めてしまうため、注意が必要だ。

2. 目薬をさしすぎると副作用が起こることも

目薬に含まれる成分によっては、点眼のしすぎで目の副作用を招いてしまうこともある。代表的な目のトラブルがドライアイだ。目薬を何度もさしすぎると、眼球の潤いを保つ油分までも洗い流してしまうため、涙の成分のバランスが崩れてドライアイの症状が出やすくなる。

また、目薬の成分は目頭にある鼻涙管を通って全身に流れ込んでいくので、目薬をさしすぎると、配合成分によっては目のトラブルだけでなく全身のいたるところに影響を及ぼすことがある。とくに注意したいのが、緑内障の治療に用いられる目薬のさしすぎだ。緑内障治療用の目薬は種類が多く、副作用が起こる可能性も高いため、持病を持っている方が使うと症状が悪化することがある。そのため、喘息や心疾患などの持病がある方は、ほかの方よりも目薬のさしすぎに注意が必要といえる。

3. 目薬のさしすぎで注意したい成分

防腐剤

市販の目薬は、封を開けたときに細菌が繁殖しないよう、防腐剤を含んでいるものが多い。中でもよく使用されているのが、塩化ベンザルコニウムと呼ばれる防腐剤だ。塩化ベンザルコニウムは刺激が強く、かぶれや痒みなどの眼瞼皮膚炎を起こしやすい。

とくにコンタクトレンズを着用している方は、防腐剤がコンタクトレンズに付着してしまい、目の表面に防腐剤が留まりやすいので注意が必要だ。また、防腐剤入りの目薬をさしすぎると、コンタクトの変形や変色にも繋がる恐れがある。

血管収縮剤

塩酸ナファゾリンや塩酸テトラヒドロゾリンなどの血管収縮剤は、一時的に目の充血を抑制してくれる効果があるため、ついさしすぎてしまっている方が多い。しかし、充血の抑制はあくまでも血管の強制的な収縮によって出来ていることなので、目薬をさしすぎてしまうとかえって目が充血しやすくなる。

清涼剤

清涼剤は目薬に含まれているメントールやハッカなどの成分だ。スーッとした爽快感が得られることから、リフレッシュ目的として使っている方が多いが、実はこのタイプの目薬も目に与える刺激が強いため、頻繁に使用するのは避けたほうがいい。

4. 目薬のさしすぎ以外で気を付けること

目薬を使用する上で注意したいことは、点眼のしすぎだけではない。トラブルを起こさずに目薬を使うためには、正しい点眼方法を知ることが大切だ。

正しい目薬のさし方

目薬をさす際は、細菌が目に侵入するのを防ぐために手を洗っておくことが基本だ。石鹸で手の汚れを落としたら、容器の先端が目のフチやまつ毛に触れないように目薬をさそう。なお、目薬は目の表面ではなく、下まぶたに落とすのが正しい使い方だ。

点眼後は1~5分ほどまぶたを閉じて目頭を押さえ、目薬が浸透するのを待とう。この時、まばたきは行わないことがポイントだ。まばたきをすると涙の分泌によって目薬が鼻涙管にすぐ流れてしまうので、少しだけ我慢してほしい。最後は目から溢れた液を、清潔なガーゼやティッシュで拭き取ればOKだ。以上のさし方を意識して、正しく目薬を使おう。

結論

1回の適量や1日の上限回数を知らずに目薬をさしすぎると、思わぬ副作用が起こり、症状が改善するどころか悪化してしまうことがある。たかが数滴さしすぎたところで何の問題もないだろうと侮ると、眼科での治療が必要なレベルのトラブルを招いてしまうこともあるので、使い方にはくれぐれも注意してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >