このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
弱酸性シャンプーとは?ドラッグストアで買える市販のおすすめ品5選

弱酸性シャンプーとは?ドラッグストアで買える市販のおすすめ品5選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月28日

頭皮に優しいといわれている弱酸性シャンプー。頭皮が弱い人や、フケやかゆみといった頭皮トラブルにお困りの人などにとくにおすすめだ。しかし、市販の弱酸性シャンプーは数多くあり購入時に迷ってしまうことが多いだろう。今回はドラッグストアで購入できるおすすめの弱酸性シャンプーを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 市販の弱酸性シャンプーにはどんなメリットがあるの?

弱酸性シャンプーとは名前のとおり、pH(ピーエッチ/ペーハー)の値が3.0以上6.0未満の「弱酸性」の性質を持つシャンプーのことをいう。pHとは水素イオンの濃度を表す基準のことで、7.0を純水として数値が小さいと酸性、数値が大きいとアルカリ性であることを表している。シャンプーには酸性のものもアルカリ性のものもあり、弱酸性シャンプーは酸性タイプに分類される。

弱酸性シャンプーのメリットはさまざまあるが、1番は弱酸性の性質を持っており頭皮に近いpHの値であることだ。本来、頭皮は弱酸性の環境にあるのだが、汗をかいたりするとアルカリ性に傾いてしまう。その結果、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなってしまうのだ。弱酸性シャンプーを使うことで、本来の頭皮の環境に近づけることができるのである。

2. 市販の弱酸性シャンプーごとの違いには何があるの?

さまざまな化粧品メーカーが弱酸性シャンプーを販売しており、市販品だけでも数多くの種類がある。同じように見える弱酸性シャンプーだがそれぞれ特徴が異なるので、主な違いや特徴などについて確認しておこう。

洗浄成分(界面活性剤)

弱酸性シャンプーは主成分によって高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に分類されることが多い。高級アルコール系は洗浄力が高くて肌への刺激が強いことが特徴で、石鹸系は洗浄力が高く肌への刺激も高級アルコール系よりは少ないのが特徴である。また、アミノ酸系は洗浄力は低いものの肌への刺激が最も少ないことが特徴だ。頭皮の環境などで選ぶとよい。

配合成分

シャンプーにはアルコール、香料、着色料、防腐剤などの成分が含まれていることが多い。しかし中には「着色料無添加」や「防腐剤フリー」のように、着色料や防腐剤などの成分が入っていないものもある。頭皮・頭髪へのダメージ量が変わってくるので、購入時には配合成分の違いもチェックしておきたいポイントだ。

薬用成分(殺菌、育毛など)

弱酸性シャンプーの中には、フケ・かゆみ予防や育毛などのための有効成分が入った「薬用シャンプー」も販売されている。もし頭皮のことで困っていたら、トラブルに合わせてこれらの成分が入っているかを確認するといいだろう。

シリコンの有無

弱酸性シャンプーには、ジメチコン、シクロメチコン、シロキなどの「シリコン」が入っているシャンプーもある。シリコンが入っていると指どおりが滑らかになるという特徴がある。しかし、シリコンが入っていると髪の毛がぺしゃんこになってしまうといった欠点もある。髪の毛を軽やかにしたいなら「ノンシリコン」タイプを選ぶようにしよう。

3. ドラッグストアで買える市販のおすすめ弱酸性シャンプー5選

弱酸性シャンプーはドラッグストアやバラエティショップ、ECサイトなどさまざまな場所で購入できる。ここでは、ドラッグストアで購入できるリーズナブルな弱酸性シャンプーを5種類紹介する。

クラシエ「いち髪 なめらか スムースケアシャンプー」

ノンシリコンタイプのアミノ酸系シャンプーである。髪の毛の補修・予防成分である「純・和草プレミアムエキス」が配合されており、ダメージを受けた髪の毛を芯から艶やかにしてくれる。また、キューティクルを閉じる成分も入っており、髪の毛の表面を滑らかにしてくれる。女性にも好かれる山桜の香りが特徴的な弱酸性シャンプーだ。
商品情報

コーセー「ジュレーム リラックスシャンプー ソフト&モイスト」

人気のジュレームシリーズのひとつで、硬い髪の毛をしっとりとやわらかく仕上げてくれるアミノ酸系シャンプーだ。キューティクルを保護してくれるポリフェノール誘導体が配合されており、髪質を記憶する成分で髪の毛をやわらかい状態にキープする。ノンシリコンシャンプーなので、軽い感じの仕上がりにできることも特徴である。
商品情報

第一三共ヘルスケア「ミノン 薬用ヘアシャンプー」

フケやかゆみ、嫌なにおいなどを防ぐグリチルリチン酸2Kが配合されている薬用アミノ酸系シャンプーである。有効成分が入った弱酸性シャンプーなので、頭皮が弱い敏感肌タイプの人にもおすすめだ。ほかにも外仕事で紫外線をよく浴びたり、汗をかいて頭皮がベタベタになりやすい人などにもおすすめの弱酸性シャンプーである。
商品情報

SPRジャパン「Natvra(ナチュラ)」

香料、着色料、鉱物油、シリコンなどがフリーのアミノ酸系シャンプーである。メープルウォーターやコーヒー種子エキスなどの植物由来成分が配合されており、髪の毛のダメージ補修効果などが期待できる。指どおりがなめらかで、ツヤのある髪の毛を維持できるのが特徴となっている。
商品情報

ちふれホールディングス「アミノ シャンプー」

やわらかいクリーミーな泡立ちが特徴のアミノ酸系シャンプーである。とくに、絹から作られた「ラウロイル加水分解シルクNa」が特徴で、髪の毛の表面をきれいにコーティングしてくれる効果が期待できる。また、ノンシリコンタイプなので髪の毛の仕上がりは軽やかで、ラベンダーのほのかな香りが特徴の弱酸性シャンプーだ。
商品情報

結論

弱酸性シャンプーは頭皮に近いpHであるから、頭皮の環境を本来のものへと近づけてくれる。市販品は数多く販売されているが、洗浄成分、配合成分、薬用成分などがそれぞれ違うので自分の髪質や目的に合うものを選ぶとよいだろう。もし判断に迷ったらここで紹介したものを試しに使ってみるのもおすすめだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ