このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浴衣のベストサイズは?男性や子ども用浴衣のサイズの選び方をご紹介

浴衣のベストサイズは?男性や子ども用浴衣のサイズの選び方をご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月24日

浴衣の選び方は、大人と子どもでは基準が異なることをご存知だろうか。間違った選び方をしてしまうと、せっかくの浴衣が台無しになってしまう。浴衣の選び方のポイントを押さえて、お気に入りの浴衣を選んでみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性用浴衣の選び方

男性用浴衣の選び方は、女性用の浴衣に比べるとシンプルである。しかし、シンプルである分、浴衣の素材や色、柄などにこだわりをもった選び方をしたいものだ。そこで、男性用浴衣のおすすめの選び方をご紹介しよう。

まず、男性用の浴衣は素材に注目して選ぶべきだ。浴衣の素材は、大きく分けて綿や麻、化学繊維の3種類に分けられる。素材によって肌触りや着心地が変わるだけでなく、汗の吸収しやすさや通気性まで異なるため、十分に注意して選ぶことをおすすめする。浴衣の素材の中でも、とりわけ汗を吸収しやすく通気性がよいのが麻でできた浴衣だ。少し硬めの肌触りではあるが、サラッとした着心地で上品さが特徴である。暑い真夏でも爽やかに浴衣を着こなしたいなら、麻の浴衣を選ぶとよいだろう。

また、綿の浴衣は柔らかさがあって着心地がよいのが特徴といえる。麻の素材には劣るものの通気性がよく、蒸れにくいので汗がこもりにくい。ただし、自宅で洗濯する場合は縮みやすいので、長く浴衣を愛用したいのならクリーニングに出すのがおすすめだ。化学繊維でできた浴衣は自宅でも手軽に洗濯できて扱いやすいため、初心者に向いている素材だ。そのほか、浴衣の色や柄は、小物や下駄と色を合わせるのがおすすめだ。帯を柄ものにして挿し色にするのも粋な着こなしといえるだろう。

2. 浴衣のサイズは身長を基準に選ぶ

浴衣のサイズは、身長から考えて選ぶと失敗しにくい。一般的な考え方では、自分の身長に対し20〜30cm程度短めの着丈を選ぶとちょうどよい。この基準から外れると、浴衣が短すぎていわゆる「つんつるてん」の状態になったり、浴衣の裾が地面について汚れやすくなったりするので注意しよう。足元に注目して、くるぶしが少し出ているくらいの着丈であれば、浴衣をかっこよく着こなすことができる。

また、浴衣のサイズがMやLなどの場合は、実際のサイズが分かりにくいので選べない、と感じてしまう人も多いだろう。このような場合は、浴衣のタグ部分に適正身長が書かれていることが多いので、まずはタグを確認するのがおすすめだ。しかし、タグに適正身長が書かれていない場合は、できれば試着をして着丈を確認するのが確実だが、それが難しい場合は迷わず店員にサイズを確認するようにしよう。

そのほか、浴衣のサイズは身長以外にも裄(ゆき)の長さにも注意したい。裄とは、そで口までの長さのことをいうが、手の甲が隠れるくらいの長さだと野暮ったく見えてしまう。手首が見えるくらいの長さになるように、裄の長さを揃えよう。時計やブレスレットで、さりげなくオシャレをアピールするのもおすすめだ。

3. 子ども用浴衣の選び方

子ども用浴衣の選び方は、大人用浴衣の選び方とは基準が異なる。ご存知の通り、子どもは成長が早いので現段階でジャストのサイズを選ぶと、来年はその浴衣を着ることができない可能性が高いのだ。せっかくお気に入りの浴衣を新調したのに、一夏の思い出にするのは惜しい。そのため、子ども用の浴衣を選ぶ際は、大きめのサイズを選ぶのがおすすめだ。

逆に、子ども用浴衣でジャストサイズを選ぶのは、子どもの成長を考えていないといった意味になり、縁起が悪いともいわれる。子どもの浴衣は肩上げや腰上げをして着ることができるので、少しくらい大きめのサイズでも問題ない。しかしそういわれると、長く浴衣を愛用したいがために、2つほど大きめのサイズを選びたくなるかもしれない。しかし、子ども用浴衣の肩上げや腰上げにも限度があるためやり過ぎはよくない。大きめのサイズを選ぶなら1サイズアップまでにしておこう。

そのほか、着やすくて動きやすいセパレートタイプの浴衣も子どもにはおすすめだ。セパレートタイプの浴衣は、カラーバリエーションも豊富なので子どもと一緒に好きな柄を選ぶのも楽しい時間になるだろう。色や柄は着る本人の意見も尊重しつつ、楽しい夏の思い出ができるよう子ども用浴衣を選んでみてほしい。

結論

浴衣の選び方は、大人も子どももサイズ選びから行うのがコツだ。とくに大人の場合は、いくら素敵な柄の浴衣を着ていても、サイズが合っていなければ残念な仕上がりになってしまう。そのほか、素材にもこだわるなど、快適に過ごせる浴衣を選ぼう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ