このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筋肉痛の効果的な治し方とは?適切な処置で治りは早くなる!

筋肉痛の効果的な治し方とは?適切な処置で治りは早くなる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月16日

多くの人が、筋トレや運動をした次の日に筋肉痛に悩まされた経験をお持ちだろう。長引くとツラい筋肉痛だが、適切な治し方を実践すれば筋肉痛の回復を早めることは可能である。この記事では、マッサージや入浴、食べ物などによる筋肉痛の効果的な治し方について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 筋肉痛の治し方「まずは筋肉痛が起こるメカニズムを知ろう」

筋肉痛は、筋トレや運動によって筋肉に過度な負荷がかかることで起こるが、その種類は2つに分けられる。

2種類の筋肉痛

  • 遅発性筋肉痛
    遅発性筋肉痛とは、運動した当日~数日後にかけて発生する、いわゆる一般的な筋肉痛だ。過度な負荷により筋繊維が細かに断裂し、それを修復するため「炎症反応」として痛みや発熱が起こっている状態である。この炎症や修復の過程を経て、筋肉は以前より強度を増す。
  • 即発性筋肉痛
    即発性筋肉痛とは、運動中や運動直後に発生する筋肉痛で、脱水により血流が減少することで起こる。筋肉に十分な酸素が運ばれなくなって疲労物質が溜まり、痛みやだるさがあらわれる。

筋肉痛になりやすい運動とは

筋肉痛になりやすいのは、筋肉を伸ばすことで力が発生する「伸張性運動」である。重いものを降ろす、階段を下りる動作などが伸張性運動にあたり、筋トレならダンベルを降ろす、スクワットで太もも裏を伸ばすなどの動きである。

筋肉痛が遅く来るのは歳をとった証拠?

歳をとると筋肉痛が遅く来るといわれるが、じつは医学的根拠はない。歳をとると単純に強度の低い運動を選ぶようになるため、筋肉痛の訪れが緩やかになるといわれている。強度の高い運動をすれば、基本的にどんな人でも筋肉痛が出るスピードは速まる。

2. 筋肉痛の治し方「この時期に筋トレしても良い?」

筋肉痛が治らないということは、筋肉がまだ修復の途中であることを意味する。この修復の期間は「超回復」と呼ばれ、筋肉を休ませ、育てなければならない期間である。そのため筋肉痛のときに筋トレをするのは、回復中の筋肉を再び傷つけてしまうことになりNGだ。筋肉の成長が妨げられ筋力ダウンする可能性もあるため、筋肉痛が治まってから筋トレを再開しよう。

3. 筋肉痛の治し方「すぐ回復させたいならこうしよう」

ここでは、筋肉痛を少しでも早く回復させるための具体的な治し方を紹介しよう。

治し方1.発熱があるときはアイシングする

患部が熱を持っているとき、痛みが強いときは、まず氷やスプレー、冷湿布でアイシングをする。

治し方2.熱が引いたら温めて血行促進

熱や痛みが引いてきたら、次は温めて血流を促進する。血流をよくすることで患部に栄養や酸素が運ばれ、疲労物質も流すことができる。38℃前後の湯船にゆっくり浸かる、蒸しタオルや温湿布で温めるなどが効果的だ。さほど熱や痛みがひどくなければ、アイシングはせずに温めて良い。

治し方3.マッサージやストレッチ

マッサージやストレッチも血流を促進し筋肉痛の回復を早めてくれる。ただあまり強くもんだり伸ばしたりすると筋損傷を悪化させる危険があるため、痛みの出ない範囲で行おう。

治し方4.栄養補給と休息

筋肉を補修する材料であるタンパク質や、疲労回復に役立つビタミンB群・ビタミンCを積極的に摂ることも大切だ。手軽にタンパク質やビタミンを摂れるプロテインを活用するのもおすすめである。また、身体の疲労を回復するためにしっかりと睡眠・休息をとることも忘れてはならない。

4. 全身の筋肉痛を予防できる筋トレ方法は?食べ物やマッサージも

筋トレは部位をローテーションすべし

一度に全身の筋トレをしてしまうと、筋肉痛が治まるまでの間は筋トレを休まなくてはならない。全身の筋肉痛を避けて筋トレをするには、腕、脚、お腹などと1日ずつ部位を変えて鍛えると良い。

筋トレ前のストレッチやマッサージ「糖質」の摂取も予防になる

筋肉が固まったまま筋トレをすると筋繊維のダメージが大きくなるため、筋トレ前にストレッチやマッサージで筋肉を柔らかくしておくと筋肉痛の予防になる。また、筋トレ前後にエネルギー源となる糖質をしっかり摂ることも筋肉の疲労を軽減する。即発性筋肉痛の予防には、水分補給も重要だ。

5. 正しい筋トレの方法は?毎日はNG?

すでに説明したように、筋肉痛があるということは、筋トレ後に筋肉が発達する「超回復」の途中ということである。痛みがあるうちはその部位の筋トレは避け、超回復の期間である48~72時間はしっかりと筋肉を休ませよう。毎日筋トレをする場合は部位を変えながら行い、2~3日して筋肉痛が引いてきたころ同じ部位をトレーニングすれば問題はない。

結論

筋肉痛の効果的な治し方は、患部に発熱がある場合はアイシングをして、その後は温めて血行を促進するという方法だ。患部に十分な栄養が運ばれるとともに、たまった疲労物質を流すことができる。軽いマッサージやストレッチ、プロテインの摂取なども筋肉痛を早く治す手助けとなる。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ