このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グリースはワックスよりセット力あり!ツヤ感も出せるのが魅力

グリースはワックスよりセット力あり!ツヤ感も出せるのが魅力

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 9日

グリースという整髪料は知っていても、使ったことがない人は多いだろう。グリースはワックスに比べセット力が高く、濡れたようなツヤ感も出せるため大人っぽいメンズスタイルを作るのに最適だ。ここでは、グリースの特徴や使い方のコツ、おすすめの髪形などについて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「グリース」はメンズの短髪からオールバックまでヘアセットOK・セット力は?

グリースとは、髪にウェット感を出したいときや、ワックスよりセット力を重視したいときに使うゼリー状の整髪料だ。

グリースのメリットとは?

グリースは、髪に濡れたようなツヤや質感を与えるため、上品にまとまったスタイルが作りやすい。セット力が高く、一度整えた髪型が長持ちするのも特徴だ。しかし、スプレーやジェルのようにガチガチには固まらないので、再調整もできるのが便利な点である。多くのグリースは水溶性なので、シャンプーで落としやすいのもメリットだ。

どんな髪型・髪質に向いている?

グリースは七三やオールバックなど、かっちりと清潔感のあるスタイルが得意だ。髪の乱れを抑えクールに決まるので、ビジネスシーンにも適している。また、セット力を活かし短髪のアップバングスタイルに使ってもよい。ただ、髪質が細い・柔らかい場合はグリースの重みで髪がへたってしまうこともあるため、向いていない人もいる。

2. 「グリース」と「ヘアワックス」との違いは?混ぜ方も知ろう

グリースとヘアワックスの大きな違いは、「質感」と「用途」だ。ワックスはグリースより硬い質感でクリームに近いが、グリースは半透明で柔らかいゼリー状である。またワックスの主成分は油分だが、グリースには水分が多く含まれる。用途としても、ワックスは主に毛先を遊ばせたり軽さを出すために使い、ウェット感を出すグリースとは異なる。

グリースとワックスを混ぜて「いいとこどり」する方法も

グリースとワックスを混ぜれば、ワックスのよさを残しつつ、グリースのツヤ感とキープ力をプラスすることもできる。1:1で混ぜるのが基本だが、スタイルや髪質に合わせて割合を変えてもよい。

3. 「ツーブロック」も「天パ」も・グリースのヘアセットの仕方

グリースで髪をセットするときは、毛先だけにつけると重みで下がってしまうので、適量を手のひら全体に伸ばして、根元から立ち上げるようにつけるのがポイントだ。余裕があればグリースをつける前に髪を濡らし、ドライヤーである程度セットしておくとやりやすい。

ツーブロックのセット方法

ツーブロックがうまく決まらない人は、グリースを使うと髪がまとめやすくなる。後頭部~サイド~前髪とグリースをまんべんなくつけたあと、ナチュラルに仕上げたいなら手グシで整え、タイトに仕上げたいならコームを使って撫でつけよう。

天パにもグリースはおすすめ

グリースは、天パのボリュームを抑えるのにも最適だ。髪がグリースの水分を吸ってほどよくボリュームダウンするので扱いやすくなり、パサつきも抑えられる。根本から全体を立ち上げるようにつけた後、手グシで整えればOKだ。あえてパーマのニュアンスを残してもオシャレである。

4. グリースを使ったかっこいいヘアセット例・ベリーショートから七三分けまで

グリースと相性のよい髪型はほかにもいろいろとあるので紹介しよう。

ベリーショート×アップバング

さわやかな印象の短髪アップバングスタイルも、グリースを使うとクールで大人っぽい雰囲気に変わる。シックに決まるのでスーツスタイルにもおすすめだ。

オールバック・七三

グリースは、オールバックや七三などのスタイルをカチッとまとめるのにも便利だ。コームを使って整えてもよいが、手グシで「ネオ七三」など、ラフな仕上がりにすることもできる。

ミディアム・かきあげヘアなども

ミディアムヘアに濡れたようなニュアンスを出したいときにも、グリースを使うとよい。自然な毛流れができて色気のあるスタイルになる。ミディアムの場合は、毛先に多めにつけたほうがまとまりやすいだろう。

5. 自分に合った「グリース」の選び方は?

ツヤ感やセット力がどれくらいか

グリースにもツヤ感が抑えめのタイプや、セット力が弱めのタイプもある。目指す仕上がりに合ったツヤ感とセット力の商品を選ぼう。

髪質と相性がよいものを選ぶ

髪が柔らかい人は、ホールド力が強すぎたり油分が多かったりするグリースは髪へのダメージが大きい。逆に剛毛の人は、重みが出るタイプのほうが合う。口コミなどで使用感をチェックして選ぶのも重要だ。

香りも大切

グリースには香りが強い商品も多いので、香りが不要の人は無香料のものを選ぼう。

結論

グリースでセットする魅力は、ホールド力が高く髪にツヤ感を出せることだ。ワックスとはひと味違った大人っぽい仕上がりを求める人は、チャレンジしてみてはいかがだろう。グリースは髪形を再調整しやすいため、初心者でも失敗しにくいのもメリットである。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ