このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジェントルスムースとは?抑毛ローションで濃い髭・体毛を薄くしよう

ジェントルスムースとは?抑毛ローションで濃い髭・体毛を薄くしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 7日

髭や体毛が濃くて困っているのなら、髭剃り後に発毛を遅らせる抑毛ローション(アフターシェーブローション)を使うのも1つの手だ。抑毛ローションにはさまざまな種類があるが、今回はそんな中から「ジェントルスムース」を紹介する。濃い髭やムダ毛に困っている人にとって役立つ記事となれば幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ジェントルスムースは発毛を抑えるローション

ジェントルスムース(GentleSmooth)はローションタイプの抑毛剤であり、アフターシェーブローションの1種である。黒色のパッケージをした「化粧水タイプ」と白色のパッケージをした「乳液タイプ」の2種類がある。化粧水と乳液を両方使うことも、片方だけ使うこともできるため、髭剃り後のスキンケアの目的に合わせて購入するのがいいだろう。

また、ジェントルスムースは髭の抑毛だけでなく、胸毛や腕毛、すね毛など、全身にも使用することができる。継続してジェントルスムースを使うことで少しずつ毛が薄くなり、生えにくくなることを実感できるといわれている。ただし、あくまでも効果に関しては個人差があるため、体質や肌状態によっては効果を実感できない場合もあるので注意しよう。

2. ジェントルスムースの特徴は?

ジェントルスムースには抑毛作用があるが、その理由は複数の抑毛成分が含まれているからだ。また、化粧水や乳液には美容成分も含まれている。これららの抑毛成分や美容成分などを中心にジェントルスムースの特徴を紹介しておこう。

特徴1.複数の抑毛成分を配合

ジェントルスムースにはフェリニーブ、テロカピル、ダイズ種子エキス、ザクロ花エキスなどの抑毛成分が配合されている。体毛の処理方法には脱毛、除毛、抑毛の3つがあり、抑毛とは発毛のサイクルを遅らせるというもの。ジェントルスムースにはこの抑毛成分があるため、塗ることで髭や体毛の生え変わりを遅らせることが期待できる。

特徴2.肌に優しい美容成分を配合

ジェントルスムースには乾燥肌や肌荒れを改善する作用があるセイヨウシロヤナギや、肌に潤いを与える作用があるヒオウギエキスなどのほか、さまざまな美容成分が含まれている。そのため、アフターシェーブローションとして、髭剃り後のデリケートな皮膚をケアして、肌荒れや炎症などの肌トラブルから守ってくれるという。

特徴3.自宅で使える手軽さ

体毛処理には自宅でできるものと、脱毛サロンなどの専門施設で行うものの2種類がある。ジェントルスムースは前者の自宅でできるタイプであり、手軽に行えることがメリットである。また、ジェントルスムース自体もAmazonや楽天市場などのECサイトで購入可能だ。

3. ジェントルスムースの正しい使い方

ジェントルスムースは、基本的には通常のアフターシェーブローションと同じ使い方をしてよい。以下に説明するアフターシェーブローションの正しい手順と、ジェントルスムースの正しい使い方についてもよく確認しておこう。

1.洗顔や髭剃り・ムダ毛剃りをしておく

髭を薄くしたいのなら、まず洗顔をして顔を綺麗な状態にしておこう。皮脂や汚れが付いた状態だと、ジェントルスムースの効果が十分に発揮されない可能性がある。また、毛を薄くしたい場所を髭剃りで処理しておくのもポイントになる。その後、しっかりとぬるま湯でよく洗い落とし、肌を清潔な状態にしたら準備は完了だ。

2.ジェントルスムースを塗る

顔全体など広範囲を抑毛したい場合は500円玉程度の量のジェントルスムースを手に取り、両手に広げてから塗りこむようにして肌になじませる。また、一部だけ気になるなら10玉程度の量でも問題ない。塗りが甘いと効果が発揮されにくいといわれているので、必要があればジェントルスムースを追加して塗ろう。

3.美容液や乳液を塗る

ジェントルスムースを塗ったら、そのあとは必要があれば美容液を塗ろう。また、最後に乳液で潤いにフタをするのがポイントとなる。ジェントルスムースには乳液タイプも発売されているので、最後にこちらを塗ると抑毛効果は高いといわれている。なお、乳液の塗り方もジェントルスムースと同じで、両手に広げてからなじませるように塗るとよい。

4. ジェントルスムースの注意点

ジェントルスムースを使用するにあたり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルがあるときには使うのを避けたほうがいい。アルコールなどの成分も含まれているため、肌トラブルがある状態で使用するとヒリヒリとした痛みなどを感じることがある。さらに炎症の治りが遅くなる可能性もあるので、肌トラブルがあるときには使用を控えるようにしよう。

また、ジェントルスムースを使用している途中に肌の炎症などが現れたら、いったん使うのを中止したほうがよい。敏感肌の人でも使用できるといわれているが、肌状態によってはジェントルスムースがトラブルの原因になることもある。もし使用を中止しても炎症が続くようなら、早めに皮膚科に相談するといいだろう。

結論

ジェントルスムースは抑毛成分を含むアフターシェーブローションであり、気になる髭やムダ毛などを薄くする作用が期待できるという。体毛が伸びるのが早くてどうにかしたい、髭を剃る頻度を減らしたいといった希望があれば、購入を検討してみるのもいいだろう。継続して使用することで、髭や体毛が薄くなったと実感できるかもしれない。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >