このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ニキビに効果的な洗顔料の選び方とは?正しい洗顔方法も解説

ニキビに効果的な洗顔料の選び方とは?正しい洗顔方法も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月27日

なかなか治らないニキビを減らすためには、正しい洗顔を実施することが重要だ。ニキビに刺激を与えない洗い方はもちろん、洗顔料選びも重要になってくる。今回は、ニキビに悩む人に向け「正しい洗顔」を徹底解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ニキビに適した「洗顔料」をメンズも知ろう

ニキビを減らすためには、自分の肌に適した洗顔料を選ぶことが必要だ。「以前からずっと同じアイテムをなんとなく使っている」という人は、その洗顔料がニキビの原因になっている可能性もある。

ニキビができる仕組み

そもそもなぜニキビができるのだろうか。ニキビは、毛穴が詰まって皮脂が外に出られなくなりその中で菌が増殖することで発生する。

健康な肌であれば、毛穴の奥から分泌される皮脂は水分と混ざり合い、肌を外部ダメージから守る役割をしている。しかし、何らかの原因で毛穴が詰まると、毛穴の中に皮脂が溜まる。この溜まった皮脂を栄養にする菌が増殖し、炎症を起こしてしまったのがニキビだ。
つまりニキビ対策には、洗顔料で余分な汚れを落とすことと、菌を増殖させないことが重要になってくる。

2. ニキビがある時の洗顔料の選び方とは?自分の肌タイプも考えよう

ニキビがある時の洗顔料は、洗浄力や菌対策、医薬部外品か否かなどを基準に選ぶのがポイントだ。それぞれ詳しく見ていこう。

洗浄力

洗顔料は、自分の肌に合った洗浄力をもったものを選ぼう。皮脂を落とそうとむやみに洗浄力が強い洗顔料を選択するのはおすすめしない。皮脂の落とし過ぎや洗顔料の刺激でニキビが悪化する恐れがあるからだ。思春期にできるニキビと違い、大人のニキビは乾燥や外部からの刺激が原因で発生している場合が多いので、優しい洗浄力の洗顔料がおすすめだ。

菌対策

ニキビの原因になる菌への対策がされている洗顔料もよいだろう。抗菌・殺菌成分が入っているものがおすすめだ。また、菌の栄養となる油分を含んでいないかもチェックしたい。「オイルフリー」と表記があるものや、ニキビの原因になる菌の栄養にならない油分を使用しているアイテムを選ぼう。

医薬部外品

洗顔料の中には「医薬部外品」に指定されているものがある。医薬部外品は厚生労働省によって一定の効果が認められた商品のみ表示ができるものなので、洗顔料選びの指標にしてみるのもよいだろう。

3. ニキビ肌のための正しい洗顔方法

洗顔料だけでなく、ニキビ肌のためには正しい洗顔方法も重要だ。手順にそって解説する。正しい洗顔方法を実践してもニキビが長期間良くならない場合は、皮膚科を受診することもおすすめだ。

準備

まず、洗顔をする前に手をハンドソープでしっかりと洗おう。手に油や汚れが残っていると顔に汚れが付いたり、泡立ちが悪くなったりする。手が清潔になったら、ぬるま湯で顔を予洗いしよう。

洗顔

洗顔料を顔に付ける前に、しっかりと泡立てよう。たっぷりの泡ができたら、洗顔料をクッションにするイメージで洗っていく。長時間洗顔料をニキビ肌に乗せていると刺激になるので、長くても1分程度で洗い上げよう。

すすぎ

すすぎ残しは毛穴を詰まらせる原因になるので、ぬるま湯でしっかりと洗い流そう。しっかりとすすげたら、清潔なタオルで上から優しく押さえるように水分をふき取ろう。

4. ニキビができないために洗顔にプラスしたいこととは

自分に合う洗顔料を使った正しい洗顔にプラスして、ニキビケアを行うと効果的だ。ニキビにアプローチする方法を紹介する。

ニキビ用スキンケア

洗顔料を使って顔を洗った後は、ニキビ用のスキンケアをしっかりと行おう。洗顔後の肌はどんどん水分が蒸発している状態だ。化粧水や乳液でしっかりと水分を閉じ込めておかないと肌が乾燥していき、皮脂の過剰分泌につながる。

また、洗顔料などのスキンケアアイテム選びの時に気を付けたいのが、ニキビ用のものを選ぶことだ。ニキビ用のスキンケアアイテムは、抗菌・殺菌成分が配合されているものや、ニキビの原因になりにくい「ノンコメドジェニックテスト」が行われているものが多くおすすめだ。

ピーリング

ピーリングは顔の不要な角質を落とし、ターンオーバー(肌の再生)を促進させる治療法だ。毛穴の詰まりを除去するので、ニキビにも効果が期待できる。自宅でできるものと皮膚科で行うものがあるが、肌への刺激が強い治療法なので一度医師に相談することをおすすめする。

生活習慣の改善

偏った食生活や睡眠不足、過度なストレスなども皮脂の過剰分泌に繋がりニキビの原因となる。できる範囲で改善していくのがおすすめだ。

結論

ニキビを減らすには正しい洗顔方法を実践することが不可欠だ。洗顔料選びも重要なので、表示を確認して自分の肌に合ったアイテムを選ぼう。正しい洗顔やプラスのニキビケアを行っても改善が見られない場合は、皮膚科へ相談することをおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ