このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツの嫌な匂いを今すぐ取りたい!消臭スプレー以外の方法も紹介!

スーツの嫌な匂いを今すぐ取りたい!消臭スプレー以外の方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月23日

男性の身だしなみとして匂いのケアは必須だ。ケアすべき匂いには体臭や口臭などさまざまあるが、今回はスーツについた嫌な匂いのケア方法を紹介する。スーツの嫌な匂いの原因は汗や雨などが多く、これらが原因で起こる嫌な匂いは手軽な方法で素早く取り除ける。また、嫌な匂いをつけないための予防法も合わせて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーツに嫌な匂いがつく原因は?

スーツに嫌な匂いがつく原因を大きく分けると、「スーツの内側」と「スーツの外側」のいずれかに分類できる。それぞれどのような要因があるのか、なぜスーツに匂いがついてしまうのかなどについて確認しておこう。

汗や体臭などが原因の場合

スーツの嫌な匂いは、汗や体臭などが原因であるケースが多いという。このうち汗は本来無臭なのだが、汗を吸ったスーツに雑菌が繁殖してしまい嫌な匂いを発してしまうそうだ。特に、スーツの中は雑菌にとって快適な高温多湿の環境となっているため、雑菌の繁殖が起こりやすく嫌な匂いがつきやすい。汗や体臭などの適切なケアが必要になるといえる。

焼肉・雨などが原因の場合

焼肉・雨などの環境的な要因からスーツに嫌な匂いが染み込んでしまうことも多い。この理由は、スーツは匂いを吸収しやすい繊維でできていることが多く、煙や食べ物の匂いが移りやすいからだ。また、雨を吸ったときにはウールの動物臭がすることも珍しくない。このような原因が複合的に合わさって、嫌なスーツの匂いを起こすという。

2. 今すぐスーツの嫌な匂いを消す方法とは?

スーツの嫌な匂いは根本的に取り除いたほうがいいが、出勤前に「スーツが匂う」と気づくケースもあるだろう。そのようなときには、以下に紹介する応急処置的に匂いを取り除く方法を行うとよい。ある程度はスーツの嫌な匂いを取り除けるはずだ。

冷風ドライヤーをあてる

スーツの嫌な匂いは、風に当てることである程度取り除くことができる。そこで、冷風に設定したドライヤーを20cm程度離したところからスーツ全体に当てるようにしよう。また、手もとにドライヤーがなければ扇風機やサーキュレーターの風邪などでも問題ない。手軽にある程度の匂いを取り除けるため、時間がなくて急いでいるときにおすすめだ。

スチームアイロンをかける

時間があるならスーツにスチームアイロンをかけるのもよい。スチームを当ててスーツに水分を含ませると、その水分が蒸発するときにスーツに染み込んだ汗も飛ばすことができる。また、スチームアイロンがないときはお風呂にお湯を張り、スーツを干して水分を含ませるのもよいだろう。乾かすときは通しのよい場所に干すのがおすすめだ。

消臭スプレーをかける

一番手軽に匂いを取り除きたいなら、消臭スプレーを使うのがよい。匂いの原因が汗(雑菌の繁殖)であれば、除菌タイプのスプレーを使うようにしよう。特にスーツの内側からスプレーを吹きかけることで、嫌な匂いを取り除くことが可能だ。なお、香水では匂いが付くだけで、消臭効果は期待できないので注意しよう。

3. スーツの嫌な匂いを根本的に取り除くには?

スーツの匂いを根本的に取り除きたい場合は、スーツを洗濯したりクリーニングに出したりするのがよい。汚れや汗などを落とすことができるため、嫌な匂いの原因を取り除くことが可能だ。それぞれポイントがあるのでよく確認しておくとよい。

自宅で手洗い・洗濯する

家でスーツを洗う場合は型崩れを起こす可能性があるため、洗い方に注意をしたほうがよい。手洗いをする場合はきれいに畳んでから押し洗い、つけ置き、すすぎ洗いの順番に行おう。また、洗濯機を使う場合は洗濯ネットに入れた状態で、ドライコースなどで洗おう。その後、幅広のハンガーにかけて陰干しし、半乾きになったらアイロンをかけて再び干す。

クリーニングに出す

型崩れの心配があるなら、クリーニングに出すのもおすすめだ。クリーニングにはドライクリーニングとウェットクリーニングがあり、匂いもしっかりと落としたいなら「ウェットクリーニング」を選ぶとよい。ぬるま湯で洗うため汗や水溶性の汚れなども落とすことが可能だ。ドライクリーニングだと汗などの匂いが残る可能性があるので注意しよう。

4. スーツに嫌な匂いをつけないためのアドバイス!

スーツに匂いがついてしまったら取り除く必要があるが、そもそもスーツに嫌な匂いをつけないことが重要だ。たとえば、汗をかいてしまったら、早めにタオルや除菌ウェットティッシュなどで拭くようにしよう。そのほかにも、他人の汗などがつく可能性もあるので、電車などでは上着を脱ぐようにして汗がつかないようにするのもポイントだ。

また、家に帰ってからスーツのケアをするのも大事だ。たとえば、スーツをブラッシングしたり、陰干ししたりするだけでも匂いの原因は取り除ける。さらに徹底して匂いを防ぎたいなら、重曹スプレーを吹きかけるのもおすすめだ。スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1杯を溶かしたものを吹きかけて干すだけで、嫌な匂いを防ぐことが期待できる。

結論

1日中スーツを着て過ごしているビジネスパーソンの場合、どうしてもスーツに嫌な匂いがつきやすい。しかし、その状態のスーツを着たまま何日も過ごすのは好ましくはないだろう。冷風ドライヤーやスチームアイロンなど、意外に簡単な方法で嫌な匂いを取り除くことはできるのでぜひ試してもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ