このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ヒゲの種類を解説!口ヒゲ・顎ヒゲ・頬ヒゲ・ラウンドヒゲ別に紹介!

ヒゲの種類を解説!口ヒゲ・顎ヒゲ・頬ヒゲ・ラウンドヒゲ別に紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月24日

ファッションやオシャレのために、これからヒゲを伸ばしたいと考えている人もいるだろう。実は一口に「ヒゲ」といっても数多くの種類があり、デザインや与える印象は異なる。そこで今回は代表的なヒゲのデザインや特徴を紹介する。また、自分らしいヒゲを手に入れるためのポイントも紹介するのでぜひ最後まで確認してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヒゲの種類やデザインは第一印象を決める

ボサボサに生えているだけのヒゲは相手に不潔な印象を与えてしまうため、ビジネスシーンでもカジュアルなシーンでもあまり望ましいものとはいえない。中には無精ヒゲスタイルのようなものもあるが、これも長さを調整して相手に不快感を与えないようにしている。ヒゲを生やすなら「だらしない」と「かっこいい」の線引きをきちんと行うことが重要だ。

ヒゲをカッコよく見せるためのポイントには、たとえば「自分に合ったものを選ぶこと」や「主張させすぎないこと」などいくつかある。そして、常にヒゲの手入れをして長さやデザインを整えておけば、清潔感をキープしたまま顔のコントラストや立体感が増して男性らしいカッコよさを演出することが可能だ。まずは自分に似合うデザインから見つけよう。

2. ヒゲのデザイン・スタイルは数十種類以上ある

あまり知らない人も多いと思うが、実はヒゲには数多くの種類がある。まず大きな分類でいうと鼻の下のヒゲを生やす「口ヒゲタイプ」、顎先のヒゲを生やす「顎ヒゲタイプ」、両頬のフェースラインを生やす「頬ヒゲタイプ」、口の周りを囲うように生やす「囲みヒゲタイプ」などがある。さらに細かいデザインがあるので確認していこう。

口ヒゲタイプ(ムスタッシュ)

鼻の下のヒゲを伸ばす「口ヒゲタイプ」は顔の中心部に目線が集まりやすいため、一般的には顔が面長の人におすすめされることが多い。また、知的で貫禄がある雰囲気に見せることができるため、大人な印象を与えたい人に向いている。四角タイプや直線タイプ、長いヒゲや短いヒゲなど、実にさまざまなデザインの口ヒゲがある。
  • スコッチ:鼻の下に横幅2.5cm程度残すタイプのヒゲ。ヒトラー・スタッシュともいう
  • ハウディ:スコッチよりも狭く、鼻の下にある溝部分だけ生やしているタイプのヒゲ
  • ボックスカー:左右の口角と鼻翼の間くらいの長さで、鼻の下に横一直線に伸ばすヒゲ
  • シェブロン:上唇全体を覆うように生やしているタイプのヒゲ
  • カイゼル:口角の外側まで生やして先端を上向きにハネさせたタイプのヒゲ

顎ヒゲタイプ(ビアード)

頬からフェースラインに沿ってヒゲを生やす「頬ヒゲタイプ」は丸顔や卵顔の人におすすめのヒゲタイプである。フェースラインを隠すことができるため、顔をすっきりと見せる小顔効果を期待することができる。なお、毛深くなりやすいため、仕事やシーンによっては適さないこともある。ていねいに手入れをして、不潔感が出ないように注意しよう。
  • オールドダッチ:頬ヒゲと顎ヒゲを伸ばしてフェースライン全体を生やすタイプのヒゲ
  • マトンチョップ:もみあげとつながるよう頬ヒゲを伸ばしたタイプのヒゲ
  • Lマトンチョップ:マトンチョップに加えて口ヒゲを伸ばしたタイプのヒゲ
  • 無精ヒゲ:口ヒゲ、顎ヒゲ、頬ヒゲ全体を生やして短く整えたタイプのヒゲ

囲みヒゲタイプ(ラウンドヒゲ)

口の周りを囲むようにヒゲを伸ばす「囲みヒゲタイプ」は顎に視線が集まりやすく、強くてかっこいい印象を与えることができる。しかし、きれいな形のヒゲをキープするにはこまめな手入れが必要で、どちらかというと上級者向けのデザインとなっている。輪郭がよくわかる丸顔や四角顔の人によく似合うデザインだといえるだろう。
  • サークル:口ヒゲと顎ヒゲを繋げて口を囲うように生やすタイプのヒゲ

3. 数多くの種類の中から自分らしいヒゲを手に入れるためのポイント

自分に合ったヒゲを見つけるには、まず自分の顔の形(顔型)を把握するのが重要だ。たとえば、面長タイプなら口ヒゲや顎ヒゲがよく、丸顔・卵顔なら顎ヒゲや囲みヒゲが似合うといわれている。顔の形はヒゲのデザインを決める手がかりになるのでよく確認しよう。

また、ビジネスシーンで相手に不快感を与えないかもポイントである。ていねいに長さや形などを整えた口ヒゲや顎ヒゲなら問題ないかもしれないが、ヒゲが目立つ頬ヒゲはビジネスシーンに適さない可能性もある。仕事に支障が出ない範囲のヒゲにとどめよう。

最後に、希望するエリアのヒゲが伸びるどうかも大切だ。ヒゲが伸びやすい体質なら問題はないが、中には頬ヒゲなどが伸びにくい人もいるだろう。自分の体質と合っていないデザインのヒゲを作るのは難しい。ヒゲの伸びやすさも踏まえてヒゲを伸ばすようにしよう。

結論

ヒゲには大きく、口ヒゲ、顎ヒゲ、頬ヒゲ、ラウンドヒゲの4種類があり、さらにこれらの中にもさまざまなデザインがある。ヒゲのデザインや長さなどにより、見た目の印象はずいぶんと変わってくる。ヒゲを生やしたいなら、まずはどのような印象を与えたいのか決めてから、今回紹介したヒゲを参考にどのヒゲタイプがいいのかを選ぶようにしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ