このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
坊主の長さ別に印象を紹介!3mm~20mmそれぞれの特徴も解説!

坊主の長さ別に印象を紹介!3mm~20mmそれぞれの特徴も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 9日

坊主ヘア(丸刈り)の一番の特徴といえば、髪の毛を短く均一にそろえていることだろう。しかし、この髪の毛の長さには、1mm以下の非常に短いものから数cmの長いものまでさまざまある。そして、この長さによって相手に与える印象は大きく変わってくる。今回は3mm、6mm、12mm、20mmと、坊主の長さ別にどのような印象を与えるのかを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 坊主の長さは1mmから細かく調整できる!

坊主ヘアの長さに決まりはないが、一般的には1cm以下を坊主とすることが多いようだ。また、現在は髪の毛の長さを段階的に変化させるツーブロックや、トップを長めに残したベリーショート風の坊主ヘアなども登場しており、いわゆる「オシャレ坊主」が増えている。しかし、一般的にいう坊主ヘアとは髪の毛を均一に短くする「丸坊主」を指すことが多い。

丸坊主が似合うかどうかは、頭の形や髪の毛の長さなどが関係する。丸みのあるキレイな頭の形をしているなら坊主ヘアは似合うが、後頭部が平ら気味の絶壁頭だと似合わないことが多いとされている。また、短くカットすれば頭の形が目立つが、長めにカットすればスタイリングでカバーできる部分もある。自分に合った長さにカットするといいだろう。

2. 長さ3mmの坊主の印象

3mmの坊主(一分刈り)は、坊主の中ではオーソドックスな長さといえる。指の先でつまめる程度の長さで、手触りはよく、クセ毛が目立ちにくいことが特徴である。頭の形が強調されるため、丸みのあるキレイな頭をしている方におすすめの長さだ。

3mmの坊主ヘアは、一般的に清潔感がありさわやかな印象を与えることが多い。また、1mmの坊主に比べると青っぽくないため、オシャレな印象を与えることも可能だ。スポーツに励む男性や無難な坊主頭にしたい男性などにおすすめである。しかし、3mmの場合は短すぎる印象があり、ビジネスシーンにはふさわしくないこともあるので注意しよう。

3. 長さ6mmの坊主の印象

6mmの坊主(三分刈り)は、短すぎず長すぎないため初心者にもおすすすめの長さといえる。髪の毛をつまめる長さで、うっすらと地肌が見えているくらいなのが特徴だ。3mmよりも倍の長さになるが、6mmでもくせ毛はあまり目立たない。スタイリング剤を使うのはまだ難しいので、頭の形によって似合うか似合わないかが決まる。

6mmの坊主も3mmに近く、さわやかさのある好印象を与えることが多い。また、髪の毛で地肌が隠れるため、頭皮の青っぽさが目立たなくなる。6mmよりも長くなると坊主感が弱まるので、坊主頭にしたいなら6mm以下にするのがおすすめだ。なお、6mmの長さであればカラーリングも可能だ。3mmよりも個性を出しやすくなる長さだといえるだろう。

4. 長さ12mmの坊主の印象

12mmの坊主(七分刈り)は坊主の中では比較的長めであり、初めて戦するという方でもやりやすい長さである。仮に似合わなかったとしても、10mmを超える坊主になるとスタイリング剤を使えるため、フロントやトップなどをアレンジすることも可能だ。坊主ヘアでありながらも、オシャレ感を演出したいという方にピッタリの長さだといえそうだ。

12mmの坊主になると、ベリーショートに近い長さであり坊主らしさは少なくなる。一方で、地肌が隠れるくらいまで髪の毛が伸びているため、少し重たく見えてしまう傾向にある。必要があれば軽く見せるためにはヘアワックスを使って動きを出したり、ツヤを出したりするのがいいだろう。

5. 長さ20mmの坊主の印象

20mmの坊主は、坊主の中では相当長い髪型である。パーマやカラーリングもできるので、いわゆる「オシャレ坊主」といわれるようなアレンジ性の高い髪型を作ることも可能だ。また、スタイリング剤を使うこともできるので、自分の理想の髪型になるようにヘアセットもできる。ベリーショートのように楽しみたい方におすすめの長さである。

20mmの坊主にすると、周りの人にすっきりとしたさわやかな印象を与えることができる。また、坊主感はほとんどないため、ビジネスシーンでも問題がないくらいの長さだといえるだろう。初めての坊主ヘアで20mmよりも短いのが心配なら、まずは20mmに挑戦するのもおすすめだ。それから徐々に短い長さに整えていくといいかもしれない。

結論

坊主ヘアの長さはさまざまあり、長さによって与える印象は大きく異なる。基本的に10mm以下だとスタイリング剤が使えないことが多いため、頭の形に自信がない場合はおすすめできない。また、あまりに短すぎるとビジネスシーンで不適切なケースもある。与えたい印象、頭の形などを考慮して自分に合った長さにカットするといいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ