このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セルフマッサージは毎日行ってもいい?毎日継続するコツと注意点も!

セルフマッサージは毎日行ってもいい?毎日継続するコツと注意点も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 2日

身体をほぐしてリラックスさせる効果があるセルフマッサージ。気持ちがいいため、毎日続けたいと考える人もいるだろう。しかしそこで気になるのは、セルフマッサージは毎日行ってもいいかどうかだろう。そこで今回はセルフマッサージを毎日行ってもいいのか、毎日行う際には何に注意すべきかなどを解説する。ポイントを守って安全に行おう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マッサージは毎日やってもいいの?

マッサージにはリンパマッサージやヘッドマッサージ、小顔マッサージなどさまざまな種類があるが、基本的にはいずれのセルフマッサージも毎日行って問題はない。むしろ毎日行うことでむくみの解消や基礎代謝のアップといったマッサージの効果が期待できるようになる。毎日の習慣として1日の始まりや終わりなどに行うようにしよう。

ただし、痛みやケガ、炎症をケアするためにマッサージを行う場合は注意が必要だ。整形外科で治療目的のマッサージを受けるなら問題はないのだが、セルフマッサージやエステサロンでのマッサージの場合は症状が悪化するリスクがあるという。痛みやケガなどがある場合は、まず整形外科などの医療機関へ相談しよう。

2. マッサージを毎日続けることのメリットは?

マッサージのメリット自体はマッサージの種類によって異なる。たとえば、リンパマッサージであれば身体に溜まった老廃物を取り除く効果が期待でき、ヘッドマッサージなら顔のたるみの解消が期待できるようになる。そして、毎日マッサージを継続することで、これらの効果や恩恵が得られやすくなるのだ。

また、身体の老廃物や水分は毎日溜まっていくので、顔のたるみも日々の筋力の低下や重力によって進んでしまう。そのため、その日に溜まった老廃物や水分を心臓に戻したり、筋肉の衰えを解消したりするためにも毎日マッサージを行ったほうがいいのだ。毎日続けるのが難しいなら数日おきでも問題ないが、マッサージの間隔はできる限り短いほうがよい。

3. 毎日マッサージを続けるためのコツとは?

毎日マッサージを行おうと思っても、三日坊主になってしまう人もいるだろう。最初の頃は意識しているため取り組めるが、いつの間にか忘れていたなんてことも多い。マッサージを継続するには「習慣化」がポイントになるので確認しておこう。

マッサージを行うタイミングを決める

毎日マッサージを続けるためには、マッサージを生活の一部に組み入れてしまうのがよい。たとえば、お風呂から上がったらマッサージを行うなど、自分なりのルーティンを作るのがおすすめだ。「気づいたときに行う」と思っていると長続きはできない。洗顔と一緒にマッサージ、お風呂と一緒にマッサージなどひとつの生活習慣として取り組むとよいだろう。

短時間でできるマッサージ法を覚える

毎日マッサージを行うため、できる限り短くて簡単なものを行うほうがよい。長時間のものは取り組むまでのハードルが高く、複雑なものは覚えにくいため継続するのが難しくなる。そのため、たとえば1日5分程度でできる簡単なマッサージから始めてはいかがだろうか。成果が表れ始めたら、少しずつ複雑なものや別の手法を取り入れるようにするとよい。

気になる部分を1か所だけ決めて行う

初めてマッサージに取り組むなら、まずは足や顔など気になる部分を1か所だけ決めて行うほうがよい。1度に複数のことを行おうとすると、その分ハードルは高くなり継続するのが困難になる。最初のうちはこれまでの生活習慣を崩さないように意識しながらマッサージを行うことが、毎日マッサージを継続するためのポイントになる。

4. 自宅でマッサージをする際の注意点は?

自宅でセルフマッサージをする際にはいくつか注意点がある。毎日の習慣として続けるなら、正しい方法で行うことが重要だ。以下の注意点を守って安全面にも配慮しつつセルフマッサージに取り組むようにしよう。

強い力で押したりしない

セルフマッサージを行う際は「優しく」が基本だ。強く押したり揉んだりすると皮膚やリンパ、血管などを傷つけてしまう恐れがある。とくに男性の場合は力が入りやすいので注意が必要である。セルフマッサージで行う際には「気持ちいい」と感じるくらいの強さで行おう。また、皮膚の摩擦を減らすためにマッサージオイルを使うのもおすすめだ。

食後すぐに行わない

リンパマッサージの場合は、食後すぐに行うのはよくないとされている。食後すぐにマッサージを行うと、全身の血行がよくなってしまい消化器に十分な血液が届かなくなる可能性があるそうだ。その結果、消化不良が起こるリスクがある。食後2時間程度はリンパマッサージを避けるようにしたほうがよい。

マッサージ後は身体を休ませる

マッサージ後はできる限り早めに身体を休ませたほうがよい。マッサージには副交感神経を優位にして、身体をリラックスさせる効果がある。そのため、マッサージ後は積極的に活動するよりも、睡眠や休憩を取ったほうがよいのだ。

結論

むくみ解消やたるみ解消などのほか、リラクゼーション目的のセルフマッサージであれば毎日行っても問題はない。毎日行うことでマッサージによる効果や恩恵を得られやすくなる。しかし、マッサージの効果はすぐに表れないこともある。毎日の習慣として取り入れて行うことが重要なので、自分でタイミングを決めて取り組むようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ