このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
格闘技ジム初心者必見!格闘技ジムのメリットや後悔しない選び方とは

格闘技ジム初心者必見!格闘技ジムのメリットや後悔しない選び方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 5日

男性からは相変わらず高い人気を誇り、最近では女性にも人気がある格闘技ジム。好きな格闘家への憧れや引き締まった身体を手に入れたいなど、格闘技を始める理由はさまざまだ。今回は、格闘技ジム初心者に向けて解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 格闘技をジムでするのはおすすめ?

格闘技はハードであり、自己流では難しいトレーニングだ。そんな格闘技をジムで習うことには、さまざまなメリットがある。

指導してもらえる

ルールや技名の知識はあっても、正しいフォームや動きはわからないことが多い。格闘技ジムなら、専門のトレーナーの指導を受けたり対戦することもでき、スムーズに上達できる。

ダイエットできる

格闘技は身体を激しく動かすので、カロリーを消費しやすく、ダイエット効果がある。また、日常では使わない筋肉も動かし、さまざまな部位を鍛える格闘技を続けると、筋肉がついて基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい身体に変化するのだ。

持久力がつく

激しく身体を動かし続ける格闘技は、心肺機能や筋持久力の向上につながる。長時間のトレーニングにも耐えられるスタミナがついていき、日常生活でも疲れにくい身体に変化するのだ。

自信が持てる

ジムでのハードなトレーニングに耐えて肉体を鍛えれば、自信につながる。格闘技ジムでは、ひとりで練習に励むだけでなく誰かと対戦する機会もあり、対戦の経験を積み重ねることでも、自信がついてくるのだ。

ストレス解消できる

格闘技にはパンチやキックなどの日常ではできない動作があり、身体を動かして汗も流せ、ストレス解消できる。ジムのサンドバックをムカつく相手に見立ててトレーニングすると、スッキリするだろう。

出会いがある

プロになりたい、格闘技好き、ダイエット、護身術など、格闘技ジムに入会する目的は人それぞれで、経験豊富な方から初心者まで、ジムにはさまざまな人がいる。同じジムで同じ格闘技を習う者同士、刺激し合い、交流することができるだろう。

2. 格闘技をジムでしたいと思う「初心者が知っておきたいこと」

格闘技ジムで行う格闘技にはさまざまな種類がある。初心者は、まず格闘技の種類を知り、どの格闘技を習うかを決めよう。

打撃系格闘技

パンチやキックといった打撃技を主体とした格闘技。ボクシング、キックボクシング、空手道、カンフーなどが該当する。最近はキックボクシングの女性人気が高い。

組技系格闘技

投げ技、絞め技、関節技といった組技を主体とした格闘技。レスリング、柔道、柔術、合気道、相撲などが該当する。顔をケガすることは比較的少ない。

総合系格闘技

打撃技、組技、寝技などを使う、打撃系と組技系を合わせた格闘技。少林寺拳法、日本拳法、ヨーロピアン柔術などが該当する。英語では「Mixed Martial Arts(MMA)」と呼ばれる。

3. 格闘技をジムでしたいと思う「初心者が知っておくと便利なこと」は?探し方や立地など

初心者が格闘技ジムを選ぶには、知っておくべきポイントがある。後悔しないために事前に確認しておこう。

レッスンの内容・時間・価格

ジムで格闘技を習う場合、自分の目的に合う内容のレッスンがあるかは重要である。ジムによって営業時間も違うので、自分が通いたい時間帯に営業しているかも確認しよう。また、長く続けるには費用面も大事なので、料金システムは必ずチェックしておこう。

ジムの立地・設備・経営状態

職場や自宅、駅に近い、駐車場の有無など、通いやすいジム選びが長続きの秘訣だ。ジム内は、トレーニング器具はもちろん、更衣室やシャワーなどの設備も要チェック。また、入会後すぐにつぶれたりしないよう、ジムの経営状態を確認すると安心だろう。

トレーナーの実績・指導方法

どんなトレーナーに指導してもらうかは、技術の上達ややる気アップに大きく影響する。元プロ選手とか大会での成績など、トレーナーの実績はひとつの目安になるだろう。また、トレーナーが多くの生徒を担当するジムは、指導時間が短くなるので要注意だ。

ジムの雰囲気

レッスン中の私語を禁止するジムもあるが、それが合わない方もいる。ジムの雰囲気が自分に合うかは重要なポイントだ。また、初心者がある程度いるジムのほうが、レベルの差を気にせず通える。見学や体験レッスンでジムの雰囲気を知るのがおすすめだ。

4. 格闘技をジムで始めたのに「辞める理由」

初心者が入念に下調べをしてジムを選び、そのジムに入会して格闘技を始めても、辞めたくなってしまうことは多い。その理由の多くは、想像していたものと違うからである。

たとえば、実際に格闘技のトレーニングをしてみると、思っていたよりもハードな指導だったり、スパーリングによる痛みやケガがひどかったりすることがある。また、トレーナーやジムの方針で試合に出ることを進められるなど、プレッシャーを感じることもある。自分のやりたい内容と違う場合は、無理をせず早めに辞めたほうがよいだろう。

結論

格闘技を習いたい方は、ジムで専門のトレーナーに教えてもらうのがベストである。長く続けられるジムを選ぶためにも、事前調査はしっかりと行いたい。自分に合ったジムで格闘技を行い、自分なりの目標を達成しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ