このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肩甲骨はがしを人にやってあげる時の方法は?注意点も押さえよう

肩甲骨はがしを人にやってあげる時の方法は?注意点も押さえよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月16日

肩や背中の凝りにはストレッチが有効だ。しかし筋肉が凝り固まっている人の場合だと、ストレッチをしてもなかなか痛みが治まりにくい。そこでおすすめしたいのが、「肩甲骨はがし」というストレッチを2人で行うことだ。今回は、肩甲骨はがしを人にやってあげる時のやり方や注意点について詳しく解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「肩甲骨」について

人に肩甲骨はがしをやってあげるなら、まずは肩甲骨のことをよく知っておくことが必要だ。ここでは肩甲骨がどの位置にあり、どんな働きをしているのか解説していこう。

肩甲骨はどこにある骨?

肩甲骨は名前に肩が付いているため、肩の骨だと思われがちだが、実は背中の上部に位置している。平べったい逆三角形で左右対称に付いており、浮いているように位置しているのが特徴だ。腕を背中の上部に回すとボコッと出てくるので、どこに位置しているのか知りたい人は確かめてみるといいだろう。

肩甲骨の役割は?

肩甲骨の役割は腕の動きをサポートすることだ。肩甲骨は鎖骨のみと繋がっているため、周囲の筋肉が凝り固まってさえいなければ、腕の上げ下げや肩まわしなど、腕を自由に動かすことができる。

2. 「肩甲骨はがし」は喜ばれるので人にやってあげよう

肩甲骨はがしは1人でも行うことが可能だが、筋肉がカチコチに凝り固まっている人には肩甲骨はがしをやってあげるのがおすすめだ。肩甲骨はがしをやってあげると、相手が身体を動かさずにリラックスした状態になれるので、自分で行うよりも効率的に肩甲骨の柔軟性を取り戻すことができる。接骨院などにわざわざ通う必要もなくなるので、ぜひ定期的に家族やパートナーに肩甲骨はがしをやってあげるといいだろう。

3. 「肩甲骨はがし」を人にやってあげる方法

人にやってあげる肩甲骨はがしの方法は何パターンかある。その中から今回は、相手が横になった状態でやってあげる肩甲骨はがしの方法を紹介していこう。

やり方の手順

  • まず、肩甲骨はがしをする相手に横になってもらう。この時、高さのある枕などを使って、頭が床につかないようにしよう。腰から下は自由な体勢でOKだ。リラックスできるポーズで横になってもらおう。
  • 相手の肩に片方の手を添えて、後ろへグッと押していく。そして反対の手を肩甲骨の下に添える。イメージとしては肩甲骨を両手でつかんでいるような感じだ。
  • 肩甲骨を身体からはがしてあげるようなイメージで、上下左右に手を動かしていく。無理に動かすと相手が肩を痛めてしまうので、声をかけながらやってあげるのがおすすめだ。肩甲骨はがしをしてもらっている人は、深く呼吸して身体をリラックスさせよう。
  • 体勢を変えて、反対側も1~3と同じ手順で肩甲骨はがしをやってあげる。

4. 「肩甲骨はがし」を自分自身にする方法

肩甲骨まわりの筋肉が凝りやすい人は、普段から自分自身でも肩甲骨はがしを行っておくのがおすすめだ。ここではセルフでできる肩甲骨はがしのやり方を紹介する。

肩回し

  • 両方の手をそれぞれの肩に置く。
  • そのままの状態をキープしながら肩を回す。肩甲骨まわりの筋肉をほぐすためには、肘で円を描くような動きをするのがポイントだ。勢いよく肩を動かすと痛みを感じることがあるので、ゆっくりと20秒ほど肩回しを行っていこう。

両手をクロスさせるストレッチ

  • 右手を肩の高さでまっすぐ前に出し、左側の腕を下に通す。
  • 左の腕を曲げて、左手と右手の手の平を重ねる。この時、両手をぴったり重ねる必要はとくにない。また、きつい場合は手の甲を合わせる姿勢でもOKだ。
  • そのままの姿勢を10秒間キープして、ゆっくり元の体勢に戻す。
  • 今度は左手をまっすぐ前に出し、1~3と同じ手順でストレッチを行っていく。

結論

肩甲骨はがしを人にやってあげると、自分でストレッチをするよりも肩こりの解消や顔のたるみ防止、姿勢改善などに効果的だ。もちろん普段から自身で肩甲骨を動かすようにしてもらうことが重要だが、家族やパートナーが肩こりなどを訴えた場合は、ぜひペアになって肩甲骨はがしを行ってあげよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ