このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗顔ネットで洗顔効果倍増!洗顔ネットの効果と使い方徹底解説

洗顔ネットで洗顔効果倍増!洗顔ネットの効果と使い方徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月24日

泡洗顔を行うことは、肌にもやさしく、肌の奥の汚れを落とす為にも有効な方法だ。洗顔時に良質な泡を作るためには洗顔ネットを使うといいだろう。この記事では洗顔ネットにはどのような効果があるのか、泡立ちをよくする為にはどうしたらいいのかなど解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗顔ネットを使う「効果やメリット」は多い

洗顔ネットを使うメリットにはどのようなものがあるだろうか。

きめ細かな良質な泡が手軽に作れる

手での泡立てだけではできないような細かな泡を簡単に作ることができる。洗顔は泡で行うことが基本であり、キメの細かい泡は肌の奥の汚れまで届く。

肌への負担が減る

洗顔はやり方次第で肌へ負担を与えることがある。しかし洗顔ネットで作った良質な泡を使うことで、顔の肌と手の摩擦が少なくなり肌への負担が少ない洗顔が可能になる。

このように洗顔ネットを使っての洗顔は、多くのメリットがあるのだ。

2. 洗顔ネットの「正しい選び方」は?衛生的なタイプや100均グッズも

洗顔ネットは数多くの種類が存在している、どういった商品を選べばよいのだろうか。

洗顔ネットを選ぶとき3つのポイント

  • 泡が短時間でできるもの
    洗顔は毎日のことなので、少しでも早く泡ができるほうがいいだろう。基本的には表面積の大きいネットのほうが大量の泡を素早く作ることができる。とくに石鹸タイプの洗顔料を使っている方は泡立ちにくい場合があるので、大きめのネットがおすすめだ。
  • 保管しやすく、使いやすいもの
    洗顔ネットを風呂場や洗面台に置きっぱなしにすると雑菌が発生する場合がある。そのため洗顔ネットの中にはネット自体が抗菌除菌してくれるものがある。お手入れの時間が省けるのでおすすめだ。また、リング付きのものは浴室や洗面台にフックを用意すればそこにかけることができるため、衛生的にもさらによいだろう。
  • 網目が細かいもの
    泡はできるだけキメの細かいほうがよい。キメの細かい泡を作るためにはネットの網目が細かいものを選ぼう。
ほかにも商品ごとに特徴があるので、自分に合った商品を探してほしい。100均でも高品質な人気商品があり、お手軽な価格で手に入れることができるはずだ。

3. 洗顔ネットの「正しい使い方」は?泡立たない人も必見

次に洗顔ネットの正しい使い方を説明する。

洗顔ネットの使い方

  • 洗顔ネットに水を含ませた後、しっかり水気をとっておく
  • 洗顔料は手の上ではなくネットに乗せる
  • 両手でもみ込んで泡立てる。(動かし方は横ではなく縦に)
  • 泡を搾り取ってもう一度ネットにつけて泡立てる。
  • これを繰り返し行う
以上の工程を行うことでもっちりとした弾力のある泡ができる。さらに最後に手の上で慣らしていくことでもっとキメも細かくなっていくのでおすすめだ。洗顔ネットを使う際の注意点としては、ネットを風呂場や洗面所などに放置しておくと雑菌がわく場合がある。そのため保管方法にも気を付けてほしい。

4. 洗顔ネットの「代わりに使えるおすすめグッズ」は?手作りも

洗顔ネット以外にも泡立て用のグッズとして、専用の泡立て容器がある。泡立て容器ははポンプ状になっており、洗顔料と水を専用の容器に入れ、ポンプを押したり、引いたりすることで泡ができる仕組みだ。

また洗顔ネットの代わりに使える身近なものとして、キッチン用の水切りネットを使った方法もある。手元に専用の洗顔ネットがないがすぐに泡を作りたい方は試してみてはどうだろうか。使い方は先述した洗顔ネットの使い方と同じなので簡単に始めることができる。

このように洗顔ネットと同じような効果を得られるグッズはいくつかあるので、洗顔ネットがないという方も気軽に始められるだろう。

5. 洗顔ネットの使い方「除菌方法や変える頻度」

最後に洗顔ネットの除菌方法と交換頻度を説明する。洗顔ネットは、風呂場や洗面所に置いたままにしておくと、雑菌が繁殖してしまい衛生的によくない。そのため保管方法には気を付けよう。

洗顔ネットの保管方法と交換のタイミング

  • 使い終わったら、タオルなどで水を切り、風通しの良い場所に干す
  • 2~3か月で新しいものに交換する
定期的に新しいものに変えることは、衛生面でも良質な泡を作るためにも重要なので、できる限り交換してほしい。

除菌方法

ネットはプラスチック製なので、熱湯をかけての除菌はできない。菌を繁殖させないためには、まず正しい保管を行おう。ネットに洗顔料が残らないよう毎回十分にすすぐことや、汚れた手で触らないことなどを心がける必要がある。

結論

洗顔ネットは洗顔の質を高めてくれる重要なグッズだ。毎日使うものなので衛生面に注意し、保管方法など正しく使用することが大切だ。すぐに手に入れることができないという方でも代用品で同じ効果を得ることができるので、今日から始めてみてはどうだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ