このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男性が魅力的なくびれを作る方法!筋トレやストレッチなどを紹介

男性が魅力的なくびれを作る方法!筋トレやストレッチなどを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月28日

腰の「くびれ」と言えば女性の魅力と思われがちだが、最近では男性でもほどよいくびれのある体型が人気だという。男性は骨格的にくびれができにくいため、くびれを作るにはボディメイクも必要だ。そこで筋トレやストレッチで、脇腹を引き締めてくびれを作る方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 男性のくびれの位置とあると魅力的な理由

女性に比べ男性にくびれがないのは、もともとの骨格に差があるためだ。まずは男性のくびれの位置や魅力を確認しておこう。

男性のくびれの位置

同じ身長の男女が並んだ場合、男性のくびれ(ウエスト)は女性よりも低い位置にある。また、女性は肋骨が小さく骨盤が広いためくびれが目立ちやすいが、男性の肋骨は幅広で下側が開いた形になっているため、女性に比べくびれは目立たない。

男性のくびれが魅力的な理由

細マッチョなどの人気でも分かるように、最近ではスリムで適度に筋肉がついたスタイルが支持されることが多い。くびれがあることで逆三角の体型や、引き締まったセクシーな腰をアピールできるため、くびれを作りたいと考える男性が増えてきているようだ。

2. 男性のくびれの作り方・筋トレをする

前述のように、男性の肋骨下部は横に広がっているためくびれができにくい。くびれを作るにはお腹のサイドを覆う「腹斜筋」を引き締めることが重要だ。

男性がくびれを作るための筋トレ1:腰をひねりながら腕を回す

  • 両手を広げた状態で立つ
  • 股関節を支点に身体を前に倒す
  • 腰をひねりながら、腕を左右に大きく回す
  • 左右で1回とし、10回を目標とする
ポイントは、背筋を伸ばし、上体の軸をぶらさずに腰を回すことだ。腰ではなく、股関節から身体を倒すよう注意しよう。初心者におすすめの筋トレである。

男性がくびれを作るための筋トレ2:ツイストクランチ

  • 仰向けになり頭の後ろで両手を組む
  • 身体をひねりながら、右膝と左肘をできるだけ近づける
  • 元に戻し、次は左膝と右肘を近づける
  • 左右で1回とし、10回を目標とする
普通のクランチにひねりを加えることで、腹斜筋と腹直筋を同時に鍛えられる筋トレだ。足は常に浮かせたまま行い、腹斜筋の収縮を意識しながら身体を持ち上げよう。

グッズを使った筋トレもおすすめ

腹筋が苦手なら、腹筋ローラーを使って腹斜筋を鍛えたり、ダンベルで広背筋(背中の筋肉)を鍛えたりすることでくびれを目立たせるという方法もある。また、着ているだけで腹直筋や腹斜筋を刺激してくれる「加圧シャツ」を活用するのもよいだろう。

3. 男性のくびれの作り方・ストレッチをする

筋トレ前後のストレッチには、筋トレの効果を高めたり、疲労回復を早めたりする効果が期待できる。男性がキレイなくびれを作るためには、柔軟性を備えたバランスのよい筋肉をつけることも大切だ。

男性がくびれを作るための座って行うストレッチ

  • 床に座って足を大きく広げる
  • 右腕を真上に伸ばし、息を吐きながら左足のつま先に向かって倒す
  • 息を吸いながら元に戻す
  • 反対側も同様に行う
腹斜筋が伸びているのを確認しながら、上体をゆっくりと横に倒していこう。回数は3~5回が目安だ。

男性がくびれを作るための寝転がって行うストレッチ

  • 仰向けに寝転がり両手を頭の上に伸ばす
  • 膝を立てる
  • 息を吐きながら、脚を揃えたまま右側へゆっくりと倒す
  • 息を吸いながら元に戻す
  • 反対側も同様に行う
このストレッチは、腹斜筋だけでなく肩や背中のコリにも効果が期待できるという。両手は、肩と水平の位置で広げる形でもよい。こちらも回数は3~5回が目安だ。

4. 男性が手っ取り早くくびれを作れるアイテムとは

今すぐにくびれがほしい!という男性は、コルセットや男性用の補正下着でくびれをメイクしてしまうのも一つの手だ。また、ヒップ部分にパッドが入った「ヒップパッドショーツ」で、お尻にボリュームを持たせて相対的にくびれを作る裏ワザもある。男性用のヒップパッドショーツもあるので、気になる方はチェックしてみてほしい。

5. 男性のくびれを無くす方法

反対に、くびれにコンプレックスがある男性向けに「くびれを無くす方法」も紹介しておこう。

ウエストに筋肉をつける

くびれを無くしたい男性には、ウエストの筋肉を大きくする筋トレがおすすめだ。プロテインなどを活用しながら、筋肥大筋トレを行ってみよう。痩せ型でなかなか筋肉がつかない場合は、整体での骨盤矯正が効果的なケースもある。

ウエストを太くする

痩せ型の男性が太りたいなら、ただ高カロリーな食事をするのではなく、筋肉の材料であるタンパク質を中心としたバランスのよい食事を意識しよう。さらに筋トレをプラスすれば、筋肉質な太り方でくびれをカバーできるだろう。

結論

男性は女性より肋骨の幅が広く、くびれが目立たない傾向がある。くびれを作りたい場合は、脇腹の腹斜筋を鍛えるのが効果的だ。さらに、肩や背中・ヒップなどにもバランスよく筋肉をつけることで、魅力的なくびれを作ることができるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ