このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗顔シートで爽やか肌に!メリット・デメリットを知って正しく使おう

洗顔シートで爽やか肌に!メリット・デメリットを知って正しく使おう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月26日

男性は皮脂量が多く、洗顔をしても時間の経過とともに肌がベタつきやすい。とはいえ、ほとんどの男性は、女性のようにメイク直しをする道具を持ち歩いているわけではないため、そのままの状態で過ごしている方が多いのではないだろうか。そこでおすすめしたいのが、男性用の洗顔シートだ。今回は洗顔シートのメリットや選び方、正しい使い方について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗顔シートを使う「効果やメリット」は?メンズにもおすすめ

洗顔シートは名前からも想像できる通り、顔の汚れを落とすためのシートを指す。サッと取り出して顔を拭くだけで洗顔後のようなさっぱり感が得られるため、皮脂が出やすく、肌がベタつきやすい男性におすすめだ。とくに外回りが多いビジネスマンの場合は、出先で顔を洗うこともできないので、いざという時のために洗顔シートを持っておくと非常に役立つだろう。

また、メンズ用の洗顔シートは爽快感が得られる成分が含まれているものが多く、リフレッシュ効果も期待することができる。詳しい使い方については後述するが、肌の皮脂が気にならない時は仕事の合間のリフレッシュに洗顔シートを活用してみてもいいだろう。

2. 洗顔シートの「正しい選び方」は?アルコールフリーや脂性肌タイプも

洗顔シートと一口に言っても、商品によって洗浄力の高さや含まれている成分などが異なる。ここでは洗顔シートを選ぶ際、どのようなポイントに注目するべきか解説していこう。

ポイント1.肌への刺激で選ぶ

洗顔シートは顔の汚れを拭き取るアイテムであるため、どうしても使用する際は摩擦による肌ダメージが加わってしまう。そのため、肌が弱い人は、なるべく刺激成分が含まれていない洗顔シートを選ぶようにしてほしい。具体的にいえば、メントールやアルコール、香料などが含まれていないものが好ましい。メンズ用の洗顔シートは爽快感が得られるタイプが多いので、購入する際はとくに注意して成分を確認しよう。

ポイント2.シートの質で選ぶ

洗顔シートを選ぶ時は、シートの質を確認しておくことも重要だ。たとえアルコールフリーや低刺激性の洗顔シートを選んだとしても、シートそのものが薄かったり、乾きやすかったりすると、肌に触れた時に負担がかかりやすくなってしまう。実際に使って確かめるのは難しいので、まずはパッケージに記載されている情報や口コミなどを参考にして、シートの質をチェックしてみるといいだろう。

ポイント3.使用するシーンや頻度で選ぶ

洗顔シートの中には、コスパがいい大容量タイプと携帯に便利な少量タイプがある。自宅で使用したり、車内に置いといたりする場合は大容量タイプでも構わないが、カバンなどに入れて持ち歩く場合はコンパクトな少量タイプを選んだほうがいいだろう。ただ、毎日使うとなると少量タイプはコスパが悪くなってしまうので、使用する頻度も考慮した上で洗顔シートを選ぶのがおすすめといえる。

3. 洗顔シートの使い方

前述の通り、洗顔シートは肌への摩擦が起こりやすい。そのため、使用する際は肌をこすらず、上からそっと洗顔シートを当てて皮脂や汗を拭き取るのが基本だ。皮脂の分泌量が多いおでこや小鼻をしっかりと拭いたあとは、頬や口まわりを軽く拭いていこう。そして洗顔シートを使い終わった後は、なるべく保湿も心がけてほしい。出先にいる場合は難しいかもしれないが、長時間の移動で顔が洗えない時などは、保湿クリームやオールインワンゲルを使って肌の乾燥を予防しよう。

洗顔シートの応用術

洗顔シートは顔を拭くためのアイテムだが、汗や皮脂で襟が汚れるのを防ぎたい人は、顔を拭いたついでに首まわりを拭いてもOKだ。また、最後に耳まわりを拭いておくと、ニオイ対策にもなるだろう。

4. 洗顔シートを使う上での「注意点」は?乾燥等のトラブルを防ごう

洗顔シートの使い方で注意したいポイントは、肌をゴシゴシこすることだけではない。そのほかにも間違った使い方はいくつかあり、それらの方法で洗顔シートを使い続けていると、肌の乾燥を悪化させたり、皮脂の分泌量がさらに増えてしまったりすることがある。そこで最後に、洗顔シートを使う際の注意点について解説する。

洗顔シートを1日に何回も使わない

外回りで汗をかくことが多いと、つい1日に何回も洗顔シートを使いたくなるかもしれないが、使いすぎは肌が乾燥しやすくなってしまうので注意することが必要だ。できれば1日1回、多くても1日2回に留めるようにしておくのがおすすめだ。

同じ洗顔シートを何回も使わない

使用済みの洗顔シートは汗や皮脂で雑菌が繁殖しやすくなっている。再利用は肌へ負担をかけてしまうことになるので、絶対にやめてほしい。

自宅にいる時や寝る前はきちんと顔を洗う

洗顔シートはあくまでも洗顔ができない時に使うためのアイテムなので、自宅にいる時や就寝前は、水でしっかりと顔を洗ったほうが肌に負担をかけずに済む。洗顔シートは化粧水や保湿クリームに比べて保湿効果も低いので、乾燥肌が気になる人はとくに通常の洗顔方法を優先するように意識してほしい。

結論

汗や皮脂の多い肌は印象が悪いため、ビジネスシーンではしっかりとケアを心がけておくことが重要だ。とくに外回りが多い人は出先でのケアが難しいので、洗顔シートを活用して、簡単に身だしなみを整えられるようにしておくといいだろう。ただし、洗顔シートは選び方や使い方によって肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、扱う際は十分に注意してほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ