このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コンタクト洗浄液とは?その魅力や市販のおすすめ品、注意点を紹介!

コンタクト洗浄液とは?その魅力や市販のおすすめ品、注意点を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月27日

目の中に直接入れるコンタクトレンズを使用する場合、とくに気を付けるべきことは衛生面であろう。1Dayタイプの使い捨てコンタクトレンズなら衛生的だが、2Weekや1Monthのソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズの場合は使用後に「コンタクト洗浄液」で汚れや細菌を除去する必要がある。今回はコンタクト洗浄液の基本について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コンタクト洗浄液とは?

コンタクト洗浄液は、コンタクトレンズを洗うための洗浄液のことである。コンタクトレンズは目の中に入れるため、1Dayタイプを除けば使用後には必ずお手入れが必要だ。怖がらせるつもりはないが、コンタクトレンズを適切に洗浄・保管しないと目の病気を引き起こす可能性がある。自分のコンタクトレンズに合った洗浄液で適切に洗浄することが重要である。

2. コンタクト洗浄液を選ぶポイントは洗浄力と価格

大前提として、コンタクト洗浄液にはソフトコンタクトレンズ用、ハードコンタクトレンズ用、ソフト・ハード兼用の3種類がある。コンタクトレンズごとに使用できる洗浄液は決められているので必ず守ろう。その上で以下のポイントで選ぶようにしよう。

洗浄力

コンタクト洗浄液の洗浄力は洗浄成分により異なる。ソフトコンタクトレンズ用には洗浄力が最も高い「過酸化水素」や洗浄と保存が可能な「マルチパーパスソリューション(MPS)」や、消毒効果も兼ねた「ポビドンヨード」がある。また、ハードコンタクトレンズ用には、タンパク質を除去できる酵素が含まれているものもある。目的に合わせて購入するとよい。

価格面

コンタクト洗浄液は原則として毎日使用するものなので、価格面も重視すべきだ。同じ商品でも単体で購入するよりも、大容量タイプやセット商品などのほうが安く購入できる。使い心地を確認するだけなら少量でもいいが、継続して使用する場合は単純に金額面だけを比較するのではなく「100mlあたりの金額」でお得な商品を選ぶようにしよう。

3. 市販のおすすめコンタクト洗浄液3選!

コンタクト洗浄液は、さまざまなコンタクトレンズのメーカーや製薬会社から販売されている。その中から、ここではとくに人気のコンタクト洗浄液を紹介する。どのような洗浄液がよく使われているのか確認してみよう。

アルコン「AOセプト クリアケア」

ソフトコンタクトレンズ用の洗浄液。専用の洗浄液に6時間以上つけておくだけで、コンタクトレンズについた細菌やタンパク質、花粉などの汚れを落とすことが可能だ。また、消毒に加えて中和もできるため、取り出した後にはすぐに装着できる。「クリアケア」という商品名の通り、手軽にクリアな視界をキープできるコンタクト洗浄液だといえる。
おすすめ商品

ボシュロム「レニュー フレッシュ」

ソフトコンタクトレンズ用の洗浄液。コンタクトレンズをこすり洗いするひと手間があるが、消毒力の高さとつけ心地の良さがメリットとなっている。こすり洗い後は4時間以上消毒液に入れて保存すればよく、消毒後はそのまま装着することができる。タンパク質も雑菌も落としてくれるため、「レニュー フレッシュ」も非常に視界がクリアになる洗浄液だ。
おすすめ商品
  • 商品名:ボシュロム レニューフレッシュ タンパク除去成分配合 ソフトコンタクト用洗浄液 レンズケース付き 500mL×2P 【医薬部外品】
  • Amazon商品ページはこちら

ロート製薬「Cキューブ オーツーワン」

ハードコンタクトレンズ用の洗浄液で、クリアケアと同じくつけ置きタイプである。一晩つけとくだけで、レンズについた雑菌やタンパク質、化粧品の汚れなどを落とすことが可能だ。それによりハードコンタクトレンズに多いゴロゴロ感を和らげることができる。なお、「Cキューブ オーツーワン」の場合、装着前にはレンズを洗う必要があるので注意しよう。
おすすめ商品
  • 商品名:ロートCキューブ オーツーワン 酸素透過性ハード(O2レンズ)・ハードコンタクトレンズ専用 強力酵素洗浄保存液 120ml×2個パック 約2ヶ月分
  • Amazon商品ページはこちら

4. コンタクト洗浄液を使用する際の注意点

1Day以外のコンタクトレンズを使用する場合、目の健康を守るために必ずコンタクト洗浄液を使う必要がある。しかし、ただ洗えばいいわけではない。コンタクト洗浄液を使用する際には、以下に説明する注意点を守るようにしよう。

使えるかを確認する

コンタクト洗浄液には「ソフトコンタクトレンズ用」と「ハードコンタクトレンズ用」などの種類があるため必ず確認が必要だ。また、ソフト・ハードの種類が合っていても、たとえば「カラーコンタクトレンズは使用できない」といった条件もある。これを守らずに使うとレンズの劣化や目の炎症などを起こし、目のトラブルに至る可能性もあるので注意しよう。

正しい方法で使う

コンタクト洗浄液を使用する際は、必ず添付の取り扱い説明書に従うようにしよう。洗い方はもちろん、洗浄液につけておく時間、容器の洗い方、液体を捨てるルールなどを全てしっかりと守る必要がある。コンタクトレンズは目に入れるものなので、これらの注意事項を守らないと視力の低下などの原因になってしまう危険性があるので注意が必要だ。

眼科医の指示を守る

コンタクト洗浄液はドラッグストアやECサイトで購入できるが、事前に眼科で「どのコンタクト洗浄液を使えばいいのか」を相談するとよい。相談しておくことで自分のコンタクトレンズに合ったタイプの洗浄液を教えてもらえるはずだ。また、万が一コンタクトレンズ使用時に違和感があれば、1度使うのをやめて眼科に相談することが重要である。

結論

コンタクト洗浄液は、普段から使うコンタクトレンズを清潔で安全な状態にするために必要なアイテムだ。このコンタクト洗浄液にはソフトコンタクトレンズ用・ハードコンタクトレンズ用などいくつかの種類があるので、必ず自分のコンタクトレンズに合うものを選ぼう。また、不明点や疑問点などがあれば必ず眼科医に相談しよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ