このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
歯間ブラシがうまく入らない?3つの原因とそれぞれの解決策を解説!

歯間ブラシがうまく入らない?3つの原因とそれぞれの解決策を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月15日

歯間ブラシを買ったのはいいものの、いざ試しに使ってみたら歯と歯の間に入らないという経験をする人は多い。このような場合は、サイズの間違いや誤った使い方などいくつか原因が考えられる。そこで今回は歯間ブラシが入らない場合の原因と解決策について紹介する。原因に合った解決策で歯間ブラシを正しく使えるようにしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 歯間ブラシが入りにくい原因は?

歯間ブラシが歯と歯の間に入りにくい場合、歯間ブラシのサイズや使い方を間違えていたり、歯と歯の間が狭すぎたりすることが関係している。まずはなぜ歯間ブラシが入りにくいのか、その原因についてひとつずつ確認していこう。

歯間ブラシが大きすぎる

歯間ブラシにはいくつかのサイズ(太さ)があり、大きすぎるサイズのブラシを使ってしまうと歯と歯の間に入らないことがある。また、自分の歯間よりも大きいサイズの歯間ブラシを使うと、歯茎を傷つけるリスクもある。歯間ブラシを使うときに力を入れる必要があったり、引っかかりを感じたりしたら、現在使っている歯間ブラシが大きすぎる可能性が高い。

歯間ブラシの方向や位置の間違い

歯間ブラシを入れる向きが間違っている場合は、ブラシの先端が歯や歯茎などに当たってしまい入りにくいことがある。また、「ブラックトライアングル」と呼ばれる歯の根元部分は隙間が空いているが、かみ合わせ面に近い場所はぴったりと隣り合っているケースが多い。隙間の空いていない場所に無理に通そうと思っても、歯間ブラシを通すことはできない。

歯と歯の間が狭すぎる

歯間の幅には個人差があるが、一般的には0.6mm~0.8mm程度が平均的な歯間の幅である。そのため、市販されている歯間ブラシの極細タイプは0.6~0.7mm程度に設計されているものが多い。しかし、中には歯並びが悪いといった理由で、歯間の幅が狭い人はいる。このように通常よりも歯間の幅が狭い場合は、歯間ブラシが入りにくいということは起こる。

2. 歯間ブラシが大きすぎて入らないならサイズを選びなおそう!

歯間ブラシが入らない場合は、今使っている歯間ブラシのサイズを見直すとよい。もしかしたら歯間ブラシが大きすぎることが原因で入らないのかもしれない。健康な歯間部は平均0.8mm程度である。そのため、サイズは4S(ブラシ通過径0.6mm)やSSS(ブラシ通過径0.7mm)程度のものを使用すればよい。それ以上のサイズは大きすぎる可能性がある。

しかし、歯間の幅が平均0.8mmというのは、あくまでも健康な歯の部分についてである。たとえば、ブリッジのために削ったり、歯が欠けていたりする場合には、歯間の幅は0.8mmよりも広くなる。そのような場所に細い歯間ブラシを使っても磨き残しが起こってしまう。歯の状態に合わせて最適なサイズの歯間ブラシを使用することが重要になる。

3. 歯間ブラシの方向が間違って入らないなら正しい向きを覚えよう!

歯間ブラシのサイズが合っているのに入りにくい場合は、歯間ブラシを入れる方向が間違っている可能性がある。歯間ブラシは歯と歯の間に対して垂直に入れる必要がある。また、歯茎を傷つけないために、歯茎からかみ合わせ面のほうに向かって斜めに入れるのが基本だ。最初のうちは、鏡を見ながら垂直方向にブラシが向いているかを確認するとよいだろう。

また、歯間ブラシには「I字型」と「L字型」の2種類がある。I字型は前歯の歯間の手入れに向いており、L字型は奥歯の手入れに向いている。そのため、場所によって歯間ブラシを使い分けるのが重要だ。ただし、I字型でもブラシ部分を折り曲げれば、一応は奥歯を掃除することもできる。しかし、歯間の幅は前歯と奥歯で違うことも多いので別に用意しよう。

4. 歯と歯の間が狭くて歯間ブラシが入らないならデンタルフロスを使おう!

市販されている1番小さな歯間ブラシを使っているのに、歯間ブラシが入らないという場合もあるだろう。そのような場合はもしかしたら歯と歯の間が狭かったり、歯と歯の間が歯肉で満たされたりしているかもしれない。このように歯と歯の間が狭くて歯間ブラシが入らない場合は、糸ようじのようなデンタルフロスを使用するのがおすすめだ。

デンタルフロスには「糸まきタイプ」と「ホルダータイプ(糸ようじ)」の2種類がある。いずれも糸状になっており、歯間ブラシより細いため歯間が狭くても手入れが可能となっている。このうち初めての人が使いやすいのは「ホルダータイプ」である。前歯ならF字型を使用し、奥歯ならY字型を使用すると比較的簡単に歯と歯の間を掃除することが可能だ。

結論

歯間ブラシがうまく入らない場合は、「サイズを間違えている」「入れる方向が違っている」「歯と歯の間が狭すぎる」などいくつか理由が考えられる。もし正確に自分の歯間の幅を知りたい、正しい歯間ブラシの使い方を知りたいという場合は、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士に教わるといいだろう。無理のない方法で歯間をていねいに磨くようにしよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ