このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗顔石鹸の正しい選び方や使い方は?肌トラブルを回避するコツを紹介

洗顔石鹸の正しい選び方や使い方は?肌トラブルを回避するコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月10日

せっかく顔を洗っても、少し時間が経つとすぐに皮脂が出てきてしまってはいないだろうか。そんなオイリー肌で悩む男性には、洗顔石鹸を使ったスキンケアがおすすめだ。洗顔料を変えただけで肌の状態が変わるのかと疑ってしまう人も多いだろうが、今回紹介する洗顔石鹸の魅力を知れば、きっと一度は試してみたくなるだろう。選び方や使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗顔石鹸の「スキンケア効果」とは?液体やフォーム等と比較

洗顔石鹸とは、天然由来の油脂とアルカリ性物質で作られている固形タイプの洗顔料を指す。アルカリ性物質が含まれていると聞くと肌に悪そうなイメージがあるが、実際はそこまで肌に負担はない。むしろpH(酸性・中性・アルカリ性を表す単位)の数値が低い弱アルカリ性の洗顔石鹸は洗浄力がマイルドなうえ、古くなった角質や皮脂など、弱酸性の汚れをすっきりと洗い落とし、ゴワゴワになった肌をやわらかくすることができるといわれている。

洗顔石鹸は液体タイプやフォームタイプの洗顔料と何が違う?

前述の通り、洗顔石鹸は原材料が非常にシンプルで、液体タイプやフォームタイプの洗顔料に含まれているような添加物がほとんど配合されていない。そのため、肌が弱い人でも洗顔石鹸なら比較的安心して使うことができる。

一方、洗顔石鹸は添加物が含まれていない分、汚れを落とす以外のスキンケア効果があまり期待できないデメリットもある。液体タイプやフォームタイプの洗顔料は、界面活性剤のほかにも、美容成分や保湿成分などの添加物が含まれているため、洗いあがりがしっとりしているが、洗顔石鹸は汚れを落とすだけなので、洗顔後に肌のつっぱりを感じることが多い。とはいえ、肌に必要な成分は洗顔後でも化粧水やクリームで補うことができるので、肌の汚れをすっきり落としたい人は、やはり洗顔石鹸を選ぶのがおすすめといえるだろう。

2. 洗顔石鹸の「正しい選び方」毛穴ケアや無添加タイプまで

洗顔石鹸は、原材料を確認して選ぶことが一番のポイントだ。中には泡立ちのよさや香りで選びたい人もいるかもしれないが、まずは余計な添加物が含まれていないか、パッケージをしっかりチェックしよう。

おすすめは牛脂またはパーム油メインの洗顔石鹸

洗顔石鹸は動物か植物から採れる油脂が使われており、牛脂・ヤシ油・パーム油・パーム核油・オリーブ油などが原材料となっている。どの油脂を使った洗顔石鹸でも皮脂を洗い流すことはできるため、基本的には原材料にこだわらなくても問題ない。

ただし乾燥性脂性肌の場合は、セラミドや天然保湿因子などの保湿成分をなるべく肌に残しておける洗顔石鹸を選ぶことが大切だ。おすすめとしては、牛脂またはパーム油がメインで使われている洗顔石鹸が好ましい。なぜなら、これらの油脂にはステアリン酸やパルミチン酸が多く含まれているからだ。ステアリン酸やパルミチン酸は、肌に必要な保湿成分はなるべく残しつつ、皮脂をしっかり洗い落とす性質がある。まさに乾燥が原因で皮脂が過剰分泌される乾燥性脂性肌にはぴったりの油脂といえるだろう。

毛穴やニキビなどの肌悩みがある場合は?

肌への負担を考えれば、洗顔石鹸は無添加タイプのものを選ぶのがおすすめだが、毛穴やニキビなどの肌悩みがある場合は、それらをケアする成分が含まれているものを選んでもOKだ。

毛穴ケアをしたい人は、古い角質を除去してくれるAHA(フルーツ酸)や、毛穴に詰まった汚れを吸着してくれるクレイが含まれている洗顔石鹸がおすすめだ。ただ、洗顔石鹸はアルカリ性の効果で、AHAなどが含まれていなくても角質除去効果が期待できるため、肌の状態を見ながら自分に合うものを選んでほしい。なおニキビケアには、抗炎症効果が期待できるグリチルリチン酸2Kや、殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールなどが含まれている洗顔石鹸がおすすめだ。

3. 洗顔石鹸の「正しい使い方」は?泡立て方も必見

洗顔石鹸を使った洗顔方法は、以下の通りだ。
  • 事前に顔を30℃前後のぬるま湯ですすぐ。
  • 洗顔石鹸をしっかり泡立てる。
  • おでこや小鼻など、皮脂が多い部分に泡をのせ、指先でくるくるとやさしく洗う。
  • 頬やあごに泡をのせて、3と同様にやさしく洗う。
  • 最後に30℃前後のぬるま湯で、泡がなくなるまでしっかりと顔をすすぐ。
洗顔石鹸は液体タイプやフォームタイプの洗顔料に比べて泡立ちが悪いため、泡を立てる時は専用のネットや泡立て器を使うのがおすすめだ。泡立てネットの場合は濡らした後に洗顔石鹸を中に入れて擦ると、キメ細やかな泡ができる。

4. 洗顔石鹸を使う際の「注意点」と「管理法」は?

洗顔石鹸を使う際は、ゴシゴシと顔に擦り付けない、洗い残しがないようにしっかりすすぐなど、洗顔方法に注意することも重要だが、管理方法にも気を付けることが必要だ。保管する場所や管理の仕方によっては、雑菌が繁殖して不衛生な状態になりかねない。以下のポイントを守って正しく保管しよう。

乾きにくい場所で保管しない

洗顔石鹸は水に溶けやすいため、水がかかる場所に置いていると、いつまで経ってもヌメりがとれない。そのため、できれば洗顔石鹸は水気のない場所で保管するのがおすすめだ。使い勝手が悪くなって不便に感じる場合は、浴室の窓際に置いたり、洗顔後に洗顔石鹸をキッチンペーパーで拭いたり、工夫を取り入れてみてほしい。

洗顔石鹸を使った後は水をよく切る

使用後の洗顔石鹸は皮脂や水分が残っており、菌が繁殖しやすい状態だ。清潔な状態を保つためにも、使用後は洗顔石鹸を軽く洗い流してしっかりと水気を切ろう。トレーなどで保管している場合は、容器の底に水が溜まらないように注意することも忘れないで行ってほしい。

結論

洗顔石鹸は洗浄力が高く、オイリー肌のスキンケアにぴったりといえる。ただ、皮脂をすっきり落としてくれる分、肌のつっぱりを感じやすいので、洗顔後の保湿ケアは入念に行うことが重要だ。洗顔石鹸と保湿を正しく使ってスキンケアを行えば、皮脂の過剰分泌に悩まされることもなくなるだろう。毎回洗顔後に肌がギトギトと脂っぽくなる人は、早速洗顔石鹸を試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ