このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズベルトの選び方とは?使用シーンやサイズをチェックしよう!

メンズベルトの選び方とは?使用シーンやサイズをチェックしよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月11日

ベルトはビジネスシーンからプライベートな時間まで、ほぼ毎日付けるアイテムだ。しかし、自分に合ったベルトの選び方がわからず、なんとなくベルトを選んでいる方も多い。そこで今回は、メンズベルトの選び方を徹底解説する。自分に合ったメンズベルトを選んで、かっこいい大人の男性になろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メンズベルトのシーン別の選び方

メンズベルトは、大きく分けてビジネスシーンに合うものとプライベートのカジュアルファッションに合うものに分かれる。メンズベルトを付けるシーンに合わせた選び方を見ていこう。

ビジネスシーンのメンズベルト

ビジネスシーンにおすすめなのが「プレーンベルト(ドレスベルト)」である。茶や黒などの落ち着いた色とシンプルなデザインが多く、スーツとの相性も抜群だ。
プレーンベルトの選び方は、色と素材に注目しよう。まず、ベルトの色は靴と合わせるのが基本だ。茶色の靴であれば茶色のベルト、黒い靴であれば黒いベルトといったようにコーディネートするとよいだろう。
ベルトの素材は革でできたものがおすすめだ。合皮でできたものもあるが、本革の方が長持ちし、見た目もよい。

プライベートで付けるメンズベルト

カジュアなファッションにおすすめなのが「メッシュベルト」や「スタッズベルト」などだ。
カジュアルなベルトの選び方は、太さとデザイン性に注目しよう。カジュアルファッションには、太めのベルトが適しているといわれている。細すぎるベルトはドレッシーな印象になりバランスが悪くみえるので、3cm以上のものがおすすめだ。
また、カジュアルファッションに合わせるベルトは、コーディネートのアクセントになるデザインのものを選ぼう。たとえば、編み込み素材で作られたメッシュベルトは、デニムやチノパンと相性がよく爽やかな印象になる。ベルトにスタッズの装飾があるスタッズベルトは、メンズコーディネートのハズしとして使えるアイテムだ。バックルとのバランスも見ながら、全体をコーディネートしよう。

両方に使えるものも

プレーンベルトの中には、ビジネスシーンだけでなくカジュアルファッションに使えるものもある。両方に使いたい人は、茶や黒など落ち着いたカラーで、シンプルなデザインのものを選ぼう。

2. メンズベルトのサイズの選び方

メンズベルトには、あらかじめサイズ指定がされているものと自分で調節ができるフリーサイズがある。それぞれのタイプに合った、ベルトサイズの選び方を見ていこう。

フリーサイズベルトの選び方

フリーサイズのベルトは、自分の体型に合わせてサイズ調整ができるタイプだ。長年使う予定のベルトは、体型の変化も考えてフリーサイズがおすすめである。また、ベルトをプレゼントする場合も、相手が調節可能なフリーサイズを選ぼう。
フリーサイズベルトのサイズ調整はバックルを外し、ベルトをカットして行う。服屋で行ってくれる場合もあるが、自分でカットする場合は真ん中の通し穴を使うとぴったりになる長さにすると見栄えがよくなる。

サイズ指定ベルトの選び方

サイズ指定のメンズベルトを選ぶ場合は、サイズ表記をチェックしよう。メンズベルトのサイズ表記は、バックルから3つ目の穴までの長さが書かれている。自分のウエストサイズに合ったものを選ぼう。

3. 通し穴がないメンズベルトの選び方

メンズベルトの選び方として、通し穴があるか否かを基準にしてもよいだろう。通し穴がないベルトのメリットとデメリットを解説する。

メリット

通し穴なしベルトのメリットは、通し穴の制約を受けずにサイズ調整ができることだ。穴があるベルトだと2,3cmの調整は難しく、お腹いっぱいになった時に苦しかったり、太ってしまうと使えなくなったりする可能性がある。また、メンズベルトの選び方もサイズによる縛りがあり、気に入ったデザインでもサイズが合わないと使えない場合もあるだろう。
一方、穴なしベルトは自分の好きな所で止めることができるので、細かい微調整も可能で、体型が変わっても長く使い続けることができる。さらに、サイズによる制約が減るので選び方の幅も増えるのである。

デメリット

穴なしベルトのデメリットは、バックルをはめている部分に跡がつくことだ。ただ、穴のあるメンズベルトでもよく使う通し穴の部分に跡が付くので、性質上仕方がないことといえるだろう。

結論

メンズのベルトは、意外に他人の目につきやすいポイントである。TPOに合ったベルトを選ぶことは、大人の男性として当然のマナーといえるだろう。シーンやサイズを考えて、自分にぴったりのメンズベルトを見つけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ