このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
低気圧で眠気を感じる方必見!原因や対策と予防方法をまとめて解説

低気圧で眠気を感じる方必見!原因や対策と予防方法をまとめて解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年9月14日

なぜか雨や台風の日になると眠気を感じるという方は、低気圧が原因の可能性がある。この記事では、低気圧が眠気や頭痛などの体調不良に繋がる理由を紹介する。また、低気圧による眠気を解消・予防する方法も解説しているので、ぜひこの記事を読んですっきりした毎日を送ってほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 気圧の変化で起こる体調不良|眠気やだるさがでる理由

季節の変わり目や悪天候時は、低気圧になりやすいとされている。低気圧になるとなぜ眠気が起こるのか、眠気以外にも起こる症状などをチェックしてみよう。

低気圧がもたらす身体の不具合

雨や台風の日は低気圧になるため、眠気、頭痛、鼻水、倦怠感、古傷が痛みだすなど、さまざまな気象病が発生してしまうと言われている。気象病は誰もが発症するわけではなく、個人差が激しいのが特徴だ。(※1)

なぜ低気圧が私たちの身体に不具合をもたらすのか、ここでは眠気にフォーカスして解説していく。

低気圧が眠気をもたらす原因

低気圧下では上昇気流が発生しているため、空気中の酸素濃度が低下する。すると、身体が酸素不足を引き起こして眠気や頭痛が発症してしまうのだ。酸素不足は自律神経にも影響を及ぼすため、身体を普段同様に動かすのが難しくなってしまう。(※1)

加えて、天候そのものも悪化するため太陽光を浴びれず、セロトニンやメラトニンといったホルモンも低下する。その結果やる気が下がり、眠気が相乗効果でこみ上げてくるのだ。

2. 気圧の変化による眠気を解消・緩和する3つの対処法

現在この記事を読んでいる方の中には、低気圧による眠気などで苦しんでいる方も多いだろう。そこで、いますぐにでもできる気象病による眠気対策を紹介する。

食品摂取による解消法

眠気を解消できる飲み物といえば、コーヒーや緑茶など、カフェインが含まれている飲み物だ。コーヒーが苦手という方は、玉露というお茶がおすすめだ。玉露にはコーヒーのおよそ2.7倍ものカフェインが含まれており、少量でもカフェインを効果的に摂取できる。(※2)

また、カフェイン以外だと、辛いものやチロシンが多く含まれている大豆、水分補給、漢方薬も眠気に効くとされている。とくに辛いものやチロシンを摂取することで交感神経が活性化し、集中力が向上するというメリットもある。(※3)辛いもので大豆製品というと麻婆豆腐が当てはまる。眠気がひどい時は、ランチに麻婆豆腐を頼んでみよう。

身体を温めることによる解消法

体温を上げて身体を冷やさないようにするのも有効とされている。
  • 服を普段よりも多く着る
  • エクササイズ
  • マッサージ
エクササイズの際は、深呼吸も併せて行うことで、低酸素状態の解消に繋がるようだ。

3. 気圧の変化で眠気がくる前にできる予防策

対策方法を知っていても、いざ眠気が発生するとやる気が出ず、エクササイズなどを試すのは難しいかもしれない。やはり事前に予防しておくのがおすすめだ。

天気予報をチェックして備える

予防として大切なのが、いつ低気圧がやってくるのかを事前に把握しておくことだ。テレビやネットなど、現代では簡単に情報を入手できるので、朝の週間として天気予報をチェックしよう。

また、自分の眠気などの不調が本当に低気圧が原因かを知るのも重要なため、眠気が強い日は低気圧だったかどうかを記録するのも有効だ。

眠気の予防方法

予防方法は上記で紹介している対策と同じになるが、眠気が来る前に行ったほうが効果的だ。
  • 細かな水分補給を心がける。
  • 低気圧の際は厚着をし、身体が温まるものを食べ、体温を高める。
  • 適度に運動して汗をかく習慣をつける。
  • 足裏をマッサージして水はけをよくする。
  • きゅうりやすいかといった水分を多く含む食べ物をとる。

結論

人にもよりけりだが、眠気や頭痛など、低気圧が私たちに及ぼす影響は馬鹿にできない。対策・予防方法はこの記事で紹介したように、コーヒーなどカフェインの入った飲み物を飲む、運動や身体を温めるなど多数存在する。眠気が気になる方は、1つずつ対処方法を試してみよう。
(参考文献)
※1出典:公益社団法人カイマ接骨院「低気圧で頭痛や眠気が起きるのはどーして?自律神経との関連性と対処方法」
※2出典:食品安全委員会「食品中のカフェイン」
※3出典:医療法人社団平成医会「ドーパミンを増やすことで得られるメリット」
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ